【ブログ運営の迷い】キムタク、西野、香取、村上、あれこれ考えててる思考回路すら記事にしてしまおうかな(敬称略)

ブログ運営をしていると、クオリティの高い記事を書かねば、というプレッシャーを感じて手が止まってしまうことがあります。

クオリティの高い記事っていいですよね。

しっかりキーワード入れて、役割を持たせて、アフィリエイトや他の記事へのリンクも貼って、アイキャッチや写真にもこだわる記事。

そういう記事ばっかり書ければ良いんですけど、意志の弱い僕はなかなか続かないんです。

やっぱりSEO大事かな、とか

SNSをしっかり活用しないとダメだ、とか

検索の意図を考えて、記事を書け、とか

いろんな情報が氾濫しています。

結論から言うと、全部大事なんでしょう。

大事な中で、自分がどれを優先させるのかってのが問われている。

例えば、キムタクと僕とが同じことをしても、効果は全然違う訳です。

もしキムタクがツイッターで「おはよう」とつぶやいたら、500イイネは軽くつきそう。

でも、僕が同じことをしても、部屋のホコリのようにスルーされるだけでしょう。

数少ないフォロワーからも、「やる気ないんかい」と思われるだけでも良い方です。

ほぼ無視されるはず。

なので、結局自分という人間が、どういう方法を選択したら、一番効果がありそうかという基準で判断してやっていくしかない。

僕は絵画を趣味でやってるんですが、

たぶんキムタクよりは上手に絵が描けると自負しています。

コンクールで3度入選したくらいなので。

じゃあ、もしキムタクが「俺、絵画コンクール出しちゃおっかな!名前もペンネームにしてさ!」とか言いだしたら、

たぶん静香は鼻で笑うと思うんです。

二科展に入選してる静香は失笑して、止めると思います。

「もっと、自分らしいこと、マシなことしなさいよ」って。

それだったら、まだツイッターで「おはよう」とつぶやく方が楽だし、ファンも喜びます。

絵は静香に任せといて、キムタクはもっと効果の高い別のことをしたほうが良いはずなんです。

でも、これはキムタクが一人でもんもんと考えていても気づけないことなんです。

つまり客観的に判断してくれる人の存在が大切だということ。

一番手っ取り早いのは、

その分野に詳しい人にアドバイスをもらうことだと思います。

キムタクの絵を見て、「天才だ!画伯だ!」と言っておだてる人もきっといます。

そういえば、香取慎吾さんはルーブル美術館で個展をしたそうです。

これも客観的に見て、んんん??となります。

作品をしっかりみていないので何とも言えませんが、僕としては、まずは銀座でやってほしかったですね。

何で銀座やねんって言われたら困るんですけど、銀座の方がなんとなく似合ってる気がして。

少なくとも、莫大なお金が裏で動いていたのは間違いないですね。

逆に、キングコングの西野さんは自分で描かずに、クリエーターを雇って作品を制作するという方法で成功しました。

これは、なかなかスゴイことで、自分がやるよりも腕の良いプロに頼みながら、一緒に作った方が、いい作品ができるということを客観的に見ていたのかもしれません。

現代アートの超有名人村上隆さんは、かなり前から、分業でお弟子さんに絵を制作させています。

そこからヒントを得たのか。

西野さんはこれで成功して、一気に評価が上がりました。

それまでは「西野がおかしい」みたいな企画ができるくらい、変人扱いされていましたから。

西野さんの最大の力は知名度とお金。

そこにアートへの興味と、プロの力を借りたことで、大成功した。

自分の強みを知ることがいかに重要か、ということですね。

こんな風に、僕の頭の中は、次々に色んな話が連想ゲームのように湧き出す、カオスなんです。

だから、論理的にがちがちで文章を書くのが、実はめちゃくちゃ苦手。

だから、何か文章を読んでいても、人の話を聞いていても、

色んな事が頭に浮かんできて集中するのが大変なんです。

でも、こうやって自由に浮かんできたことを書き綴るのは、ストレスゼロどころか、

ストレス発散になるくらい。

ここまで文章を書くのは、全く苦しさゼロでした。

ガチで本気で苦しさゼロです。

これでお金が稼げないかなと思ってしまうんですけど、やっぱ難しいですかね、、、

という訳で、

この記事の結論としては、

たまに息抜きみたいな記事を書いても良いじゃんっていう独り言だったということと、

人は自分の強みを理解して、できないことや苦手なことは得意な人に思い切って頼んでみるってので、

成功してる人が結構いるなということ。

自分の強みは、物事の優先順位を決める時に、めちゃくちゃ活用できるから、

大事なだよなってこと。

じゃあどうしたら、強みが分かるのよ?っていったら、

そう、

ストレングスファインダーをやれ!ってことですね。

中古品買っても、診断できないですよ。

新品買わないと、お金を捨てることになるので注意!!

ちなみに僕の強みは「共感性」でした。

何じゃそりゃって人も、買ってみたら分かりますやん。

以上です

byミケ男