繊細な人

TOEICのおすすめ参考書は一択!完全独学で440点→695点に成功

TOEICテストを作ってるETSという団体が自ら作った問題集「新公式問題集」は、本番のテストの再現性が高いのでおすすめです。

 

TOEICを受けるメリットは、高得点を取れば就職や進学、昇進に有利。最近は大学センター試験の英語テストの変わりになるなんて話もあるそうで。

 

そんなTOEICテストで超おすすめの参考書は「公式問題集」です。なぜ、そんなにおすすめなのかを、ちょっと一般的ではない裏側の視点で説明します。

 

TOEICテストを作ってるETSという団体が作った問題集である。

 

TOEICテストを主宰するのは 国際ビジネスコミュニケーション協会。そして彼らがテスト自体の作成を依頼してるのがETS(Educational Testing Service)というアメリカの非営利法人です。

【参考】国際コミュニケーション英語能力テスト – Wikipedia

 

非営利法人と言っても収益事業ができないというわけではないそうで、商売っぽいこともやっています。新公式問題集もその一例でしょう。

【参考】NPO法人と 取引(商売)をしている会社がある- Yahoo!知恵袋

 

TOEICテストを作っている会社が作ったから「公式」という訳です。

でも自分達が作ってるテストのための問題集を作ったら、そりゃあ当然良いものができるに決まってる。

 

そうです。だからおすすめなのです。

英語のテストなのに、受験者の大半は日本人と韓国人

この記事を書いた2015年現在でも、日本国内でTOEICと言えばまるで国家資格のような扱いを受けることもあるくらい信頼されてます。しかし、実際には受験者の大半は日本人と韓国人だと言われています。 ソースは2005年の公開資料から。

“公式資料でTOEICの受験者割合を調べると「日本人 65%、韓国人 12%」です。77%の受験者が日韓で占められているということが分かりました。”

【出典】「TOEIC試験は誰のための試験?」、TOEIC試験の世界における位置づけ | The Wisdom of Crowds – JP

 

「公式問題集」を使うデメリットはあるのか?

値段の高さ

一冊3000円近くもするので、参考書としては高い部類だと思います。でも、TOEIC本で売れ続けている本なので、使い終わって要らなくなったら売ることもできますし、最初から中古で買っても良いでしょう。

TOEIC自体が日本と韓国だけで通用するもの

現時点で英語圏の人からは、”TOEIC”の存在自体が知られていないくらい、マイナーだという話もあります。

何はともあれ、実際に就職や昇進に繋がるのですから、受けるメリットに変わりはありません。

【結論】長いものには巻かれて、高得点を目指す!

少し語弊があるかもしれませんが、大雑把に言うとTOEICは民間の会社が主催している英語のテストなのです。その会社はTOEICの受験者が増えたら嬉しいし、公式問題集も買ってほしい。

 

本物そっくりに、丁寧な解説を加えた、出来の良い問題集です。TOEICは過去問を公開していないので、他社には過去問を研究させないような仕組みも確立しています。

 

他社の問題集は、TOEICを受けた人達が集まって、内容を思い出しながら作ってるみたいですし、おそらくコレは勝手な想像ですが、その人達も「公式問題集」を持ってるかもしれません。

 

「公式」以上の問題集なんて作れないでしょう。

 

参考までに、僕ミケ男は就活のために公式問題集を2冊買って勉強して半年、

 

440点→695点

 

までスコアがあがりました。600点以上取れると思ってなかったのでびっくりです。

 

TOEICのために買った本番対策用の問題集は公式問題集2冊と他2冊。公式以外の2冊は模擬テストで800点という、僕にはアリエナイ点がでたり、雰囲気が違う問題が入っていたりとちょっと残念でした。その分、値段は3分の2くらい安かったですし、英語の勉強にはなりました。

 

公式の方は、ほぼ本番の点数と同程度の自己採点が出てくれるので、再現性が非常に高い。TOEICには公式問題集をおすすめします。以上です。by ミケ男

本に救われたミケ男の人生【読書で人生変わった】

ブロガーの僕ミケ男は本に救われてきたというお話。

幼少期からのトラウマで

小学校では転校先で仲間外れ

中学では友達と会話が続かず

上下関係や大人が嫌で友達すら怖くなりました

大人になって引きこもりになってしまったり

1人ぼっちの時期が多かったです

そんな僕なので

生きているのが嫌になった夜なんて

数えきれなかったけど

人生はこんなもんじゃない

いつかきっと夢は叶うし

いつかきっと仲間ができる

どんな夢も叶う

目標も達成できる

人生は自分で変えられる

いつか大切な人と出会える

希望だけは捨てずに

今も生きている理由は

素晴らしい本にたくさん出会えたからです。

人に悩みを相談してもスッキリしないどころか

距離を置かれたり、そんなことで悩むなと突き放されたりした

でも、ずっと本だけは僕の味方でいてくれた

だから、僕と同じような悩みを抱えている人には

素敵な本にたくさん出会ってほしいです。

今の時代、スマホでも簡単に本が読めます。

ブログの文章も図解も生き方も考え方も

全部本に教わりました。

僕には、1人1人の悩みや苦しみを解決できません。

でも、たくさんの先人が悩み苦しみもがいて生み出した本に

救いになり希望になるヒントがあるはずです。

僕と同じように、悩んできて今苦しい人がいるはずです。

自分と向き合って、自分らしく生きたい人もいると思います。

僕はこの繊細革命というブログに来てくれた全ての人に

読書をおすすめします。

素敵な本と出会って、素敵な人生にしましょう。

そんなきっかけになれらたら嬉しいです。

▼お気に入りの本をまとめた記事です。

20代後半におすすめの本12選アイキャッチ
【厳選12冊】20代後半までに読むべきおすすめ本 名著も選外!女子禁制かも選ばなかった有名本は『 金持ち父さん 貧乏父さん』『ユダヤ人大富豪の教え』『7つの習慣』『生き方』『神・時間術』など多数。(※選外理由は...

▼【無料体験30日間】僕も使ってる”聞く読書”オーディブルは多読におすすめ!

▼【無料体験30日間】電子書籍読み放題キンドルアンリミテッド。キンドル端末とセットならお風呂で本が読める!

▼アマゾンで人気のキンドル端末はこちら

▼本の大切なところだけを読める!本の要約サービス登場。


ミケ男とは
プロフィール繊細な人を笑顔にする未来の起業家 どうも、繊細革命を運営しているミケ男です。 ミケ男(MIKEO) 198...
気になる関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ