【ご迷惑をおかけしてます】サイトカスタマイズ中です。
プール

水泳を1年半、週2回のペースで続けて健康的に8キロダイエットできた話【ダイエットなんて一生余裕かも】

僕が苦しまずに体型を維持している方法は「水泳」です。

これまで、腕立て・ダンベル・腹筋・スクワットなどの筋トレ、ランニング、ウォーキング、自転車などのスポーツ等、様々な運動を試してきましたが、どれも長続きしませんでした。

理由は単純…しんどいから!!

どうも、繊細過ぎるブロガーのミケ男(@mikeoblog)です。

僕は2016年から週二回プールに通い始め、独学で続けてきました。水泳以外の運動は特にしておらず、カロリー制限も一切していませんが、体型が維持できていて、なおかつ健康を実感しています。

水泳さえやっていれば、一生太らないかもしれない…

なぜなら、水泳は人見知りでも一人でできるし、年を重ねても身体に負担の少ない運動だから。70歳のおじいちゃんでも2キロくらい泳ぐ人がいるくらいです。

もし相性が良ければ、一生ダイエットに困らない!?

そんな話、興味があったらどうぞ!

完全独学で水泳を始めたのは1年半前から

水泳で健康的にダイエットできる

始めたきっかけは、職場の先輩が水泳をおすすめされたからです。

プールって夏以外もあるの?ってレベルだった僕ですが、調べてみると以外と市町村が運営する温水プールが、近所にもいくつかあると分かりました。

ちょうど運動不足気になっていた僕は、勢いで水泳を始めました。

水着を買うだけで緊張して震えた

学校の体育以外でプールに入ることはほとんど無い人生。

水着を買うという行為自体が非現実に思えました。水着を買って、家で試しに着用してみた時

「俺は一体何をしているんだろう。」

というくらい新鮮な感覚。とりあえず、途中でやめても悔しくないくらいの安い水着とゴーグルと帽子、耳栓を合計5~6000円くらいで買って、水泳を始めたのでした。

ただし、2年経った今でも、その水着とゴーグルを使用しています。※記事の一番最後に、水泳で絶対必要は6点セットを紹介しているので参考にしてみてください。

久々のプールは25mでバテバテ

久しぶりに近所の温水プールで泳いでみたのですが、やはりクロール25メートルでバテバテでした。

さらに、僕の心が折れそうになったのは、

泳いでいた同じレーンにいた70代くらいのおじいさん、ぶっ続けで1キロ以上泳いでいました。25メートルなら20周以上です。

スマートなおじいさんでムキムキという訳でもない。でも、こんなにしんどい25メートルを、何週もしている彼はいったいなんなんだろう。どういうカラクリなんだろう?

25メートルでバテバテの僕は、そのおじいさんを目標にすることに決めたのでした。

省エネクロールで嘘みたいに楽に長距離が泳げる

こちらの動画が僕が参考にしているクロールのフォームです。

例のおじいさんや長距離を泳いでいる人を観察していると、力を抜いたようなクロールのフォームが印象的でした。

これを見よう見まねでやり続け、さらにyoutubeで水泳の動画をみたり、フォームをちょっと変えてみたりして試行錯誤しました。

上の動画のようなフォームです。これが「クロールは疲れる」という概念を変えた「省エネクロール」2ビートキック。

平泳ぎよりも、ずっと楽で、早い。トライアスロンの選手がよくやるフォームらしいです。

始めの3か月以上は、このフォームの習得だけを意識しました。コツを掴むと、驚くほどクロールが楽に泳げます。びっくりします。

最初は25メートルでバテていた僕が、とうとう1キロ(50メートルを20周)を休憩一回も無しのクロールで、30分程度で泳ぎ切るまでになりました。

8キロやせたのは、そのおまけみたいなものでした。

[kanren postid=”1438″]

水泳を続けて3か月で体型の変化を実感

水泳開始から一カ月ほどたった時、若干肩幅が広がって、胸板が厚くなっているのを実感しました。

クロールで肩と腕周辺を回し続けたからだと思います。

以前は71キロあった体重が、63キロまで落ちていました。

それを続けてきて、1年半たった自分の身体です。

水泳でダイエット汚い写真ですみません。

でも、もともとついていた二の腕の筋肉は落ちていません。

 

バキバキのボディビル状態を一生維持するのは大変だし、しんどいのが嫌いな僕には絶対に無理。でも、水泳だったら、そこそこスリムな身体を無理せず一生維持できます。

身体に負担がかからない水泳は、ケガのリハビリでも活用されるくらい、優しいスポーツだから、一生続けられたら良いなって思っています。

特に、泳ぎ終わった後のスッキリ感は格別ですよ。

ざっくりノルマで「ゆるく楽しく」続ける

初めから上手く泳げる人などいません。

僕も最初は下手でした。今もそんなにうまくないけど、距離は泳げています。

そのために重要だったのは「ノルマ」を決めることでした。

僕のノルマはどれだけ時間をかけても良いから1キロは泳ぐこと。途中で立っても良いし、休憩してもいい。そんな感じで、ゆる~く続けてきました。

どれだけ時間がかかっても良いなら、きっと誰でも1キロくらい泳げます。疲れたら歩行レーンでウォーキングしても良いんです。

そうやって水泳を始めて、3か月たった頃には、既に身体が引き締まっているのを感じて、さらに水泳が楽しくなりました。

水泳でダイエットを意識しなかったのが良かった

僕が体重計に乗るのは、1~2カ月に1回でした。1人暮らしの家には体重計は置いてません。これが良かったんです。

1キロ泳いで、体重計に乗って、増えた、減った、と一喜一憂すると水泳が楽しくなくなってくるから。体重計に乗らずに水泳で1キロをがむしゃらに泳ぐことを週2回続けると、それをしないと逆に身体が重くなったり、足腰が痛くなったりします。

水泳をすると、立ち仕事の疲れ、腰の痛み、膝の痛みが取れますよ。

水中は、適度な水圧で、血流が増進するため、筋肉疲れにも有効だといわれています。

RHYTHM:疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

水の中に入るだけでも、水圧でマッサージのような効果を得られます。

水泳では、泳ぐと心臓と下半身が平行になるため、下半身にたまりがちな疲労物質や老廃物が流れやすくなります。血液循環が促進するため、それらも流れやすくなるでしょう。その意味でも、水泳は疲労回復におすすめです。

RHYTHM:疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

このように、水泳は疲れるどころか、疲労回復するとも言われています。

ダイエットのためというよりも、健康のために泳ぎたい、泳がないと気持ち悪い!というくらい水泳の魅力にハマり習慣になりました。

もし、続けられたなら、きっと自然に痩せているはずですよ。痩せるよりももっと素晴らしいのは、健康になっていくことなのかもしれません。

まとめ:水泳は「健康」と「ダイエット」で一石二鳥

ダイエットのようにカロリー制限は一切していないし、いままでと同じくらい食べて、知らない間に健康的に8キロ痩せられました。この水泳のすばらしさ、もっと多くの人に知ってもらえたらなと思います。

水泳はコスパも良い!

公共施設なら一回で400~600円くらい(月に5000円以下)で利用できます。天気が悪くても、室内なら関係ないので、自分のペースを作れます。夜9時くらいまで空いている施設もあるし、スポーツジムなら24時間営業の店舗も。

水泳のコスパの良さも続けやすい理由だと感じています。

でも、やっぱり1人では心が折れそう、水泳よりも手軽に確実に痩せたいという人もいるでしょう。

そういう場合は、例えばしんどくて厳しいイメージのある【RIZAP】。実は無理な食事制限なしで食べられるプログラムも充実しています。

もし短期決戦のダイエットであれば、パーソナルトレーニングで早く痩せる方がいいかも。30日の無料返金保証付きです。

僕の場合は無理なく続けられる水泳で、健康的に痩せられました。

皆さんも自分に合った方法で、理想の身体を手に入れましょう!

無料カウンセリング受付中/ライザップ

▼水泳で絶対必要な6点セット:僕がおすすめする人気商品

水泳で絶対必要なものは、水着、キャップ(帽子)、ゴーグル、耳栓、タオル、水泳カバンの6点セットです。

水着

一時期、着用したオリンピック選手のタイムが縮み過ぎると問題になった水着「スピード」の製品。水をはじく特殊な素材ゆえに、身体に引っ付く不快感や泳いだ時の水の抵抗を軽減する人気商品。カラーも豊富です。

キャップ

キャップも必須です。水着と同じメーカーを選ぶと、コーディネイトがしっくりくると思いますよ。こちらもカラーが豊富です。

ゴーグル

ゴーグル選びは、個人差が出やすいのですが、最初は日本人の頭の形にフィットしやすい国内メーカー製をおすすめします。

耳栓

耳栓が無いと、耳に水が入って気持ち悪く、思わぬ病気の原因にもなるので、必須だと思ってください。特にクロールは耳栓が無いと大変なことになります。

タオル

魔法のスポンジのように、水を吸収して、水を絞るとまた水を吸い上げてくれるタオル、水泳経験者には人気です。コンパクトなタオルはかさばらず、仕事終わりに水泳をしたい人には持ち運びに便利です。

カバン

びしょ濡れの水着を入れておくカバンは、防水性が必須。触り心地も良いアリーナのスイムバックは僕も使っていて気に入ってます。

男女ともお得なセットあり

とにかく安さ重視で始めたいなら、全てが揃ったセットもありますよ。

【メンズ用セット】

【レディース用セット】

▼社会人から始める水泳、プールで必要な最低限の持ち物やプールでの常識について。

[kanren postid=”1438″]

[kanren postid=”4105″]

以上です
byミケ男

ABOUT ME
ミケ男
繊細革命を運営しているブロガーのミケ男です。僕は繊細で敏感、感受性が強いという気質を持っています。繊細だからこそ感じてしまう生きづらさ、哀しみや苦しみについて、リアルな気持ちを世の中に発信しています。他にも、商品レビューや食レポ、PR記事やネタ企画なども挑戦しています。

POSTED COMMENT

  1. 名無し001 より:

    水泳ダイエットは、
    本当に太っている人は良く痩せるが、
    本当は太っていない人(既に標準体重以下にも拘らずさらに痩せようと頑張っている人とか)は、運動で脂肪が燃える⇒脂肪組織は「借りたものは返せ」と言う⇒食べて補充する⇒結局痩せない(かえって太る場合もある) なんてことになって仕舞い易い。どんな運動でもこの傾向はあるが、水泳は特にひどい。水泳の腹の減り方は半端でない(本当に太っている人の場合は、水泳では大して腹が減りません)。
    標準体型までやせる/標準体型を維持するのが目的の人には水泳は有効ですが、標準未満、美容体重というより痩せすぎ体形を目指しているような人には水泳は一番勧め難い運動になる。誰にでもお勧めというわけにはいきません。

    体への負担も、ある意味では少ない。が、別の見方をすればとても多い。かなり激しい運動であるうえ、何かの際に意識を失うとそのまま溺れるなんて脅威もある。そうでなくても水泳の疲労は激しいし、内臓疾患/てんかん などだと水泳は禁忌になってしまう場合もある。この面でも、誰にでも安易には勧められない。

    水泳は好き嫌いがはっきりしていて好きな人には非常に手軽なように思えてしまい易いが、一般人から見るとそんなに手軽な運動とは言えない点も問題。
    ・月に5000円を安いとみるか高いと見るか?それに、行き帰りの交通費とかも普通の人は経費に入れて考える。案外高い…と思う人の方が多いであろう(水泳が好きな人は、安いと評価する
    ・時間も、1kmなら25㍍1分だと40分の計算。が、仕事帰りに寄るとしてプールに行った日といかなかった日の帰宅時刻の差/自宅から出発の場合、家を出てからかえるまでの全時間、それに準備とか洗濯とかに掛かる時間も入れると…40分で済むはずの水泳に何時間も掛かっていることに気づくはず
    この辺は、誇大表示に注意(ほとんど常識にすぎないが)といったところか?
    プールの水は案外汚い点も問題。みんなで汚れを持ち込まないのがマナーと言ってしまえばそうだが、現実には困難。そのうちプールが無色透明でなくなり…。「プールの中で小便をするのは常識」という有名な発言もあります。
    プールは混んでくれば来るほどトイレの利用度は反比例して下がるのも常識。混んだプールほどトイレは汚く誰かがこぼした小便の匂いまで充満して次の人は入り難くなり…誰かが小便をこぼしているのは明白だが、プールのトイレは水びたし=どこにこぼれているのか解り難く、こぼれている所をよけて踏むことは殆ど不可能=自分の足に他人の小便が付く と思えばトイレ利用は気が進まなくなるんは当たり前。共用サンダルがあっても共用サンダル自体に小便が掛かっているかもしれないので同じことで、濡れていないのが当たり前のホテルのトイレとかなら濡れていないサンダルを選べばすむがプールの共用サンダルはどれも水浸しで小便が掛かっていないやつを選ぶなんて不可能…ギリギリまで我慢するという選択になるのが普通の人間。すると、陸上なら爆発寸前までため込むことになるが、水中ならほとんど無意識のうちにオーバーフローする仕様。このことはとりあえず考えない…事が出来る人とできない人が居ます。
    肌がガサガサになるとか髪が痛むとか爪まで痛むとかの問題も大きい。

コメントを残す