商品レビュー

【洗濯不要】スイムタオルをバスタオル代わりで使って節約した話

スイムタオルでバスタオルの洗濯頻度に革命を

バスタオルを洗濯する頻度に迷ったり、バスタオルが「臭う」「かさばる」「お金がかかる」と思ったことはありませんか?

  • バスタオルを毎日洗うのは手間
  • バスタオルがタマネギみたいに臭う
  • バスタオルがかさばる
  • バスタオルの値段が高い

こんなバスタオルの諸問題を、たった1枚で解決する革命的タオルを見つけました。

繊細ブロガーミケ男
繊細ブロガーミケ男
出会って3年以上、ずっと愛用しているスイムタオルについて紹介します

 

バスタオルの諸問題

バスタオルは生活に無くてはならないものだと思って生きてきました。

しかし、一人暮らしをしていて、バスタオルって高いし、すぐ臭うし、かさばって大変です。

バスタオルの臭いが気になる

洗濯頻度を抑えると、今度は「雑菌」が気になります。

洗わないでいると雑菌が繁殖し、バスタオルから「タマネギのような悪臭」がするからです。

せっかくお風呂で綺麗になったのに、なんだか気持ちが悪いです。

バスタオルの洗濯頻度どうする?

バスタオルを使ったら、毎回洗っていますか?

毎回洗いだと水道代もかかるし、めんどくさいし、傷みも早くなるのが心配ですよね。

バスタオルの洗濯頻度を調べてみると、毎回洗う人は全体の約半数で、残りの半分は二日に一回以上空けているみたいです。

バスタオルの洗濯頻度調査

  • 毎回 45.4
  • 週に1回くらい16.4
  • 2日に1回15.8
  • 週に2回くらい14.4
  • 週に1回未満8.0

出典:at home VOX

バスタオルの出費が高い

梅雨など雨が続く時期は、バスタオルの数が必要なので、出費がかかります。

1人暮らしだと、バスタオル代でも節約したいんですよね。

かさばって収納スペースが減る

バスタオルは大きくて、幅も高さもあるので、場所を取ります。

限られた収納スペースをバスタオルが占領してる気がします。

収納をパンパンに詰め込むと、湿気でカビや雑菌が繁殖し、ダニの発生にもつながります。

このようなバスタオルの諸問題を、一瞬で解決したのはスイムタオルでした。

スイムタオルとは?

水泳の競技者用に売られている、水分の吸水力が非常に高い素材でできたタオルがスイムタオルです。

スイムタオルはPVAスポンジと呼ばれる素材でできています。

PVAスポンジはとても細かな繊維でできていて、見た目には分かりませんが、ほとんど空洞でできています。

出典『アイオン株式会社:PVAスポンジ』

その空洞に水がたくさん入るため、吸水力が高いんです。

▼こんな感じで、水がしみこむスペースが多いからスイムタオルは吸水力がすごい

PVAスポンジスイムタオルの吸水力と素材_

拭いて、絞って、何度でも使える

PVAスポンジという丈夫な素材スイムタオルなら、拭いて絞って、何度でも使えます。

スイムタオルもニオイが気になる時がありますが、その時は普通に洗剤で洗濯すればOKです。

漂白剤は使わないようにとミズノの公式サイトに記載がありました。

  • 洗濯機でのお洗濯の際は一般家庭用洗剤をご使用ください。
  • 漂白剤や漂白剤入りの洗剤は使用しないでください。
  • 乾燥機の使用はお避けください。
  • 色落ちすることがありますので他のものと一緒に洗わないでください。

ミズノ『よくあるお問い合せ』

ちなみに僕は、基本は洗剤は使わず、水で何度か絞ってから、天日干ししてずっと使っています。

生乾きでも使える

スイムタオル使用時は、まず最初に「濡らして、絞って」から使うので、生乾きでも問題なく使用できます。

普通のタオルのように「生乾き」の心配をする必要がありません。

使う時は、常に湿らせるので、湿っているのが元々の状態です。

スポーツでも使える耐久性

元々、スポーツ用に作られているので、大変丈夫で耐久性も十分です。

経済的で高コスパ

普通の綿素材バスタオルよりも、少し安いくらいのだいたい2000円前後で手に入ります。

ネットでもスイムタオルがジワジワと話題に

【写真付】スイムタオルの使い方を解説

僕が購入した「MIZUNO(ミズノ) スイムタオル大(44×68cm)」で、スイムタオルの使い方を説明します。

と言っても、すごく簡単

まず、タオルを濡らします

ミズノスイムタオルの使い方レビュー

水分を含ませると、色が濃くなり、フニャフニャに変化します

ミズノスイムタオルの使いかたレビュー2

雑巾のように絞ります

ミズノスイムタオルの使いかたレビュー

絞って水が出たので、色が少し明るくなりました

吸水した水をほぼ出し切った、この状態からタオルとして使うことができます。

バスタオルよりスイムタオルが安い

水分をふき取ると、色が濃くなります

ある程度ふき取ったら、また絞って、また拭いて、を繰り返します

ミズノスイムタオルの洗い方レビュー

最後は、綺麗な水を含ませてから水分を絞り、折りたたんで干します

ミズノスイムタオルの乾燥レビュー3

こんな流れですが、きれいに折りたんで干さないと、変な形でカチカチになります

ミズノスイムタオルで節約カピカピレビュー

こんな人におすすめ!スイムタオルの活用術

スイムタオルを長年使ってきて、色んな人におすすめできると感じるので、解説していきます。

バスタオル代を節約したい人

安いタオルを大量に買うより、スイムタオルを買った方が、断然節約できます。

もともと競泳用のため非常に丈夫で長持ちです。

ミニマリストにおすすめ

物をできるだけ減らしてシンプルに暮らしたいミニマリストには、スイムタイルは超おすすめです。

バスタオルサイズ、手ぬぐいタオルサイズを揃えれば、家中のタオルはスイムタオル2枚でも生活が回りますよ。

ただ、普通の棉のタオルもたまに使ってみるとフカフカして気持ち良いので、併用がおすすめです。

女性の長い髪がすぐ乾く

女性など、髪の毛が長いと、乾かすのも時間がかかって大変です。

スイムタオルは吸水性が抜群なので、濡れた髪の毛に押し付ければ、ドンドン水滴を吸収します。

髪の毛の水分をしっかり吸い取るので、ドライヤーをあてる時間も短縮して、髪の毛のダメージも軽減できます。

▼女性らしいカラーラインナップも充実

旅行やアウトドアの荷物を減らしたい人

スイムタオルがあれば、旅行のタオルも1枚でOK。

完全に乾かなくても、濡らして絞ることとで、普通に使えます。旅行やアウトドアでも、スイムタオル1枚で使い回すことができますよ。

スイムタオルの弱点

バスタオルのフカフカ感はゼロに近い

棉のタオルのふわふわ感に幸せを感じる人もいるかもしれませんが、スイムタオルにそれはありません。

その代わり、2倍くらいの速さで、水分を吸収してくれます。

付属のケースはあまり使えないかも

付属のプラスチックケースは口が狭いので、乾くと入れずらいです。

ケースに生乾き状態で保管してしまうと、雑菌が繁殖しそうなので、あまりおすすめしません。

乾くとカピカピ、パキパキに

ミズノスイムタオルの使い方レビュー4

普通の棉タオルと違い、スイムタオルは乾くとパキパキになります。乾かす時にきちんと折りたたまないと、変な形でカチカチになるのでご注意を。

カピカピということは、雑菌やカビが繁殖する「水分」が無いということなので、衛生的ともいえます。

濡らせば元にもどるので安心してください。

おすすめメーカーは「ミズノ」

おすすめスイムタオルは、競泳用のしっかりしたものです。

ミズノかアリーナを選べば、吸水力は間違いなく、耐久性も十分なので、長く使えるでしょう。

繊細ブロガーミケ男
繊細ブロガーミケ男
僕は色々なスイムタオルを買ってきて、ミズノに落ち着いています

ミズノであれば、サイズは大きく2種類ありますが、

基本的に「手ぬぐいサイズ」がおすすめです。

スイムタオルのおすすめサイズは小さめ

 

始めてバスタオル代わりに買ったのは、上記の44×68㎝でした。

ただし、

乾いた時にかさばってしまうのと

  • 絞って拭いて何度も使える
  • 吸水力が非常に高い

という点から大きさはそこまで必要ないので、

「手ぬぐいサイズ」の方がおすすめです。

手ぬぐいサイズ▼

まとめ

スイムタオルは、水泳経験者以外ではあまり知られていないかもしれませんが、ジワジワと人気が出てきています。

普通のバスタオルと同じくらいの価格で、拭いて絞って何度も使えるスイムタオル。

カラーバリエーションも豊富なので、是非気に入った一色があれば、生活に取り入れてみましょう。

バスタオルの悩みが全て解決するかも。

そして、絞ってすぐ拭けるという「新感覚」を味わってみてほしいです。

以上です。

 

Amazonプライム会員で元がとれるか調べる方法

Amazonプライム会員で一番重要なメリットが「送料無料特典」です。

年会費よりも多く、送料を払っているかで特か損かが決まります。

 

あなたがAmazonプライム会員になって節約できるかを調べるなら、コチラの記事をどうぞ▼

>>あなたがAmazonプライム会員になって”金額的”に得するかどうか調べる方法

おすすめ記事