社会人から始める水泳。利用の流れ、持ち物、メリット、注意点

泳げなくても大丈夫?持ち物は?水泳をするメリットなどなど、初心者が感じる不安、疑問に、大人になってからプールに通い始めた、僕ミケ男がお答えします。では、さっそくどうぞ!

そもそも、プールってどうやって利用するのか。利用の流れを簡単に

だいたいの市区町村で管理されているプール施設は利用者登録なども無く、水着一式そろえて、お金を券売機で払ってチケットを渡せば、行ってすぐに泳げます。 また、スポーツジムなどのプールでも、プールが入っているプランに入会さえしてしまえば、好きな時間にプールを利用できます。
 
<市区町村のプール利用の簡単な流れ>
  1. 受付付近に券売機があるので、チケットを購入。(だいたい大人一人500円~1000円)
  2. 買ったチケットを受付で渡して、更衣室へ。(緊張し過ぎて別の更衣室に入らないように)
  3. ロッカーに荷物を入れ、水着に着替える。
  4. プールへの持ち物は帽子、ゴーグル、耳栓、水分補給にペットボトル、タオル等も許可されてる所が多い。
  5. プールはだいたい一つのレーン(ブイとブイの間)を対面しながらの右側通行で泳ぐ。(基本は常に右寄りで泳げば良い。)
社会人から始める水泳1 byミケ男
施設の入り口に券売機と受付があります。券売機でお金を払って、チケットを受付で渡して更衣室へ。ロッカーに荷物を入れ、水着に着替えてキャップ、ゴーグル、耳栓、可能な場所なら飲み物だけ持ち込みます。(基本はそれ以外の持ち込みはNGです。)ロッカーのカギは腕に巻き付けるタグ付きのものが多く、腕につけて泳ぎます。

かなづちで泳げなくてもプールに行っていいのか?

プールは、ほとんどが歩行専用レーン、立ち止まらない上級者レーン、それ以外の自由に泳げるレーンというように、目的別に分けられています。だから、まったくおよげないかなずちでも大丈夫です。
 社会人から始める水泳 byミケ男
水泳選手のようにものすごく上手に泳ぐ人ばかりということはまずありません。年齢層だってバラバラ。大都市の中心部は若い人の割合が少し高まるけど、どこにいっても比較的ご年配の方が多い気がします。夜はサラリーマンなど仕事帰りの人が増えます。初心者の人も気負わないで大丈夫。
ちなみに僕が大人になって初めてプールに行った日、プールサイドに入ると、そこで人が集まって体操していたので、しれっと後ろからそれに参加しました。
実はその人達はスイミング教室の生徒さんだったようで、、、「あれ、なんか若い人が体操に参加してきたぞ」という顔をされて、ちょっと恥ずかしかったです。だって、わかんないんだからしょうがない!!
施設によっては、休憩時間に全員でラジオ体操をする施設もあったりと場所によっていろいろみたいです。が、強制参加させられるようなことは無いので大丈夫ですよ。プールはけっこう自由だということが分かってもらえれば、大丈夫です。
次に最低限プールを始めるのに必要な道具についてです。

3. 最低限の必要な持ちものは?プールでこれだけあれば泳げる!

  • 水着
  • キャップ
  • ゴーグル
  • 耳栓
  • バスタオル 
大人・社会人から始める水泳、持ち物について ミケ男

水着
キャップ
ゴーグル
耳栓

が無いと、泳げないので注意してください。ちなみに、耳栓やキャップ、ゴーグルもプールの売店で売ってることが多いですよ。

以上の5点セットでプールに通っています。

水泳が忙しくても続けられる理由 。

色んなサイトで水泳のメリット等詳しく紹介されていると思いますが、僕が水泳を続けてきて感じているメリットを挙げると、
  • 運動不足の解消になる(おなかが引き締まりました。8キロ痩せました。
  • 市区町村管轄の施設なら、一回500~800円くらいで安いです。
  • 比較的ケガの少ないスポーツであること
  • 都合の良い時に通えるから、一人で続けやすい
  • 足のむくみや腰痛、肩こりが改善する。
  • シャワーでスッキリして帰宅できること
特に、忙しい社会人が注目すべきは、
「費用が安い」
「時間に融通が利く」
ということ。
僕が通うプールは一回600円なので、週二回行っても月5000円かからない、それでプールという非日常的な空間で残業した仕事帰りでもプールが開いていれば泳げてしまいます。

「やっぱ、水泳は向いてないかも…」正直、最初の3日間はプールに行くのが苦痛で辞めたいと思った。

現在、僕は毎週2~3回、仕事帰りに1キロを30分~40分かけて泳いでいます。(50mを20回)
いつも意識しているのは苦しむのではなく「楽しむ」ということ。一つの泳ぎに飽きたら、潜水したり、泳ぎ方を変えたり、工夫して取り組んでいます。そして、誰かと「比べない」ということ。
水着を買って、通い始めた最初の3回目くらいまでは水泳が苦痛でした。全く進まないクロールで、25メートル泳ぐだけでヘトヘトになるし、平泳ぎでもやっぱりすぐにバテる。そんな自分をよそ目に、周りの人は25メートルを簡単そうに何往復もしてる。後ろから人が迫ってくる。自分には水泳は合わないな、、、なんて考えました。
でも、そのまま辞めてしまうのも、どこか悔しい気がして、買ったばかりの水着が悲しそうに見えたので、
とりあえず、その日の目標の距離を、どんな汚い泳ぎでも、どんなノロノロでも良いから泳ぎ切ってみることを、週に2回続けてみました。
せめて水着の費用分くらいの経験をしてやろうそうやって、毎回、前回よりちょっとでも長く泳ごう、とか、ちょっとだけクロールの手の動きをyoutubeで見てから泳ごうとか、自分のペースで無理なく続けてみました。本当に無理なくです。
たしかに、隣のレーンに上手な人がいたり、ムキムキのトライアスロン系の人がいたり、後ろから猛スピードで煽られたり、スーパー小学生の泳ぎが速すぎたり、素敵な監視員さんがいたりすると周囲の目が気になって自分のペースが乱れてしまいそうになります。
そんな時には、やっぱり自分が上達すること、この前の自分よりもちょっと上手に泳ぐこと、ちょっとでも早く泳ぐこと、長く泳ぐこと、とにかく楽しんで続けること、に集中してみたところ、一年近く続けるに至っています。(最近のマイブームは潜水でどこまで行けるかです。)そんなゆるい感じで自分のペースで楽しく続けて、仕事帰りにプールに行くのがちょっとだけ楽しくなっています。
その他、僕がプールに初めて行く前に心配だったこととその回答。
  • みんなムキムキだったらどうしよう。
そんなことはありません。イメージとしては銭湯みたいに、いろんな体系の人が思い思い泳いでいます。ぽっちゃりしててもめちゃめちゃ速い人もいます。ムキムキでも、歩行レーンで歩いているだけの人もいます。何も気にすることはありません。
  • 初めて行くから、注目されたりしないだろうか。
水泳教室は分かりませんが、あんまり泳いでいるときにぺちゃくちゃ話もしないし、プールの世界に人間関係のしがらみなどありません。図書館みたいなパブリックな雰囲気なので誰も新参者を気にしてませんよ。繊細すぎるブロガーの僕が言うんですから、信じてください。
  • 途中で嫌になってやめたらどうしよう。
水着一式そろえたんだし、とりあえずそれが破れるまでは続けないともったいない!!きっとそうしてる間に上達していきます!YOUTUBEの動画を見ると、参考になりますよ!僕は独学で水泳を続けてきました。

初心者の注意点

入る前に準備運動を。
いくらケガをしにくいと言っても、運動前の簡単な準備運動は必須。膝やアキレス腱などきちんとケアしてから入っています。
貸し切りのレーンがあるかも。
水泳教室などで、特定のレーンが貸し切りで使えなくなっていることもあるので、確認してから入水しましょう。
適度に休憩をとること。
だいたいどの施設でも60分に一回5分程度の休憩タイムが設けられていますが、場所によっては無い場合もあるので、無理せず休憩して水分補給しましょう。
休館日に注意。
臨時でお休みということもあるので、事前にチェックしておきましょう。

まとめ:プールで人生が変わった僕

僕は、実は中学高校6年間帰宅部で、運動とは縁が無い人生を歩んできました。プールを始めた時も、「どうせ途中で嫌になって辞めるんだろうな」って思ってました。
しかし、こんな僕でも、水泳は続いています。続いているというより、水泳をしないと、身体が重いし、足腰も弱くなるし、運動不足になっていくし、泳ぎ終えた後のスッキリ感も癖になって、仕事のストレスや嫌な出来事を忘れられて、本当に無いと困るっていうくらい水泳は素晴らしいなって思っています。
こんなにメリットがたくさんある水泳を、もっとたくさんの人に知ってほしい。特に、現代社会の荒波に揉まれて、ストレスや疲れが溜まっている人達に。
もしかしたら、水泳やったら人生変わるかもしれませんよ。
健康は人生で最も価値のある投資です。
以上、社会人から始める水泳についてでした。
by ミケ男

スポンサーリンク