繊細な人

履歴書応募100回越えがオススメするペン 極細ゲルインク「slicci(スリッチ)」 

全く誇れることじゃないんですが、履歴書を軽く100枚以上書いてきているミケ男が、履歴書を書くためにいつも使っているペンを紹介します。

 

【画像:スリッチ アマゾン商品ページ】

履歴書書いてる時に、とある悲劇がたびたびおこります。せっかく丁寧に書いてきたのに、どこかでこすってしまってボツに…まさに、これは悲劇以外のなにものでもありません。

↓「ぎゃあああああああ!」と思わず叫びたくなる。

履歴書におすすめ! ぺんてる slicci(スリッチ)

 

コンビニではあまり見かけたことがないですが、割とメジャーなペンなので文具屋とか大きなスーパーならきっと置いてます。価格はだいたい200円くらい、楽天で150円くらいです。

 

このペンの長所は、乾きが早い、インクが濃いなど。さらに、履歴書専用ペンとして使えば、このペンを持つと気持ちを切り替えられて書き始めのモチベーションが違います。履歴書ってかなり狭いスペースに文字を書く事もあるので、細くても、濃い、そして悲劇が起きにくいスリッチはおすすめです。

 

僕ミケ男はいつも「履歴書専用のスリッチで経歴かましてやるぜ!」と言わんばかりにテンション上がってます。

 

一方、短所はコンビニにはない、ペンで200円はやや高く感じる、キャップ式なのでノック式使ってると面倒かも、などでしょうか。

 

 

かすれ具合を比較!コンビニで良く見かける100円ペンとスリッチ

 

文字を書いてから数秒後に指でわざとこすってみて、どのくらいぺんてるのスリッチの乾きが早いかを他のゲルインクペンと比較しました。

 

 

ほんとかよ!って思うかもしれませんが、手の押し具合もあるので厳密には言えません。でも、乾きが早そうだと分かっていただけるはず。スリッチはほとんどこすれてません。しかも、上段のペンは0.5mmで下段のおすすめペンSlicci(スリッチ)は0.4mm。細くてもインクが濃いため、文字の力強さは十分です。

 

余談:スリッチには無理!乾きが遅いインクだからできる表現

 

先ほどの表で、乾きの悪さが露呈してしまったペンに申し訳ないと思ったので、乾きの遅さが活きるようなステージをご用意しました。忙しい人は飛ばしてください。

 

 

①野球ボールのスピード感を表現!するとき

 

 

②針金人間のフェードアウトを表現!するとき

 

 

③虫のすばしっこさを表現!!するとき

 

 

 

以上です。

 

本に救われたミケ男の人生【読書で人生変わった】

ブロガーの僕ミケ男は本に救われてきたというお話。

幼少期からのトラウマで

小学校では転校先で仲間外れ

中学では友達と会話が続かず

上下関係や大人が嫌で友達すら怖くなりました

大人になって引きこもりになってしまったり

1人ぼっちの時期が多かったです

そんな僕なので

生きているのが嫌になった夜なんて

数えきれなかったけど

人生はこんなもんじゃない

いつかきっと夢は叶うし

いつかきっと仲間ができる

どんな夢も叶う

目標も達成できる

人生は自分で変えられる

いつか大切な人と出会える

希望だけは捨てずに

今も生きている理由は

素晴らしい本にたくさん出会えたからです。

人に悩みを相談してもスッキリしないどころか

距離を置かれたり、そんなことで悩むなと突き放されたりした

でも、ずっと本だけは僕の味方でいてくれた

だから、僕と同じような悩みを抱えている人には

素敵な本にたくさん出会ってほしいです。

今の時代、スマホでも簡単に本が読めます。

ブログの文章も図解も生き方も考え方も

全部本に教わりました。

僕には、1人1人の悩みや苦しみを解決できません。

でも、たくさんの先人が悩み苦しみもがいて生み出した本に

救いになり希望になるヒントがあるはずです。

僕と同じように、悩んできて今苦しい人がいるはずです。

自分と向き合って、自分らしく生きたい人もいると思います。

僕はこの繊細革命というブログに来てくれた全ての人に

読書をおすすめします。

素敵な本と出会って、素敵な人生にしましょう。

そんなきっかけになれらたら嬉しいです。

▼【無料体験30日間】僕も使ってる”聞く読書”オーディブルは多読におすすめ!

▼【無料体験30日間】電子書籍読み放題キンドルアンリミテッド。キンドル端末とセットならお風呂で本が読める!

▼アマゾンで人気のキンドル端末はこちら

▼本の大切なところだけを読める!本の要約サービス登場。


ミケ男とは
プロフィール繊細な人を笑顔にする未来の起業家 どうも、繊細革命を運営しているミケ男です。 ミケ男(MIKEO) 198...
気になる関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。