恋愛

【体験談】失恋で何もかもが辛いけど、立ち直るために僕がした事

失恋で死にたいくらい辛いけど立ち直りたい

僕がずっと愛していた、結婚するのはこの人しかいないと決めていた、家族みたいな存在だった。そんな人と別れることなど想像もしてなかった。

僕にとってその失恋は「死」を意識するぐらい辛いものでした。

5年間付き合ってきた彼女から別れを告げられた

彼女がいることが当たり前で、毎朝メールを届けてくれて、月に何度かデートする。当たり前のように、そんな日々を約5年間過ごしましたが、全てが突然崩れ落ちました。

知らない間に進行していた病のように、もう彼女にはやり直す気がないこと、僕のことが好きではないことを告げられました。

「失恋で本当に辛くて苦しんでいる人」がこの記事を読んで少しでも楽になったり、何かの良いきっかけになればと心から考えて記事を書きました。

失恋で一番辛かった時期に感じたやりきれない気持ち、抑えられない衝動、後悔、孤独、全てのマイナスの感情の波の中で、もがきながら考えたこと、そして、失恋からちょっとずつ立ち直ってきた体験を綴ります。

毎日メールを送ってくれる彼女が突然いなくなった

彼女とは前に勤めていた職場で出会い、お互い退社してからも5年間付き合いました。

出会った頃は、時々大きな喧嘩をする日もありましたが、それを乗り越えて5年付き合ってきた、そう思ってました。

でも彼女の中では、喧嘩したことも、別れる理由としてずっと蓄積していたようです。別れ話の時に、最初の喧嘩のことがずっとしんどかったと打ち明けられました。

付き合ってから毎日メールを送ってくれる彼女の存在で、ずっと安心感をもらってました。

そして、めちゃくちゃ感謝していました。彼女と出会った頃の5年前の僕は、今以上に自分に自信がなくて、上手く仕事に適応できないことが多くて、仕事も転々としていました。

長い間、働けなかった時期もありました。彼女はそんな僕に対してずっと同じ態度で接してくれて、世界中で心を開けるのは彼女しかいないと思うこともありました。

就職して普通の生活ができるようになって、彼女は僕にとってかけがえのない存在で、これからたくさん楽しい思い出を作って、感謝を返していきたいと思っていました。

でも、

僕が出張で東京に2ヶ月間過ごしたことをきっかけに、彼女からだんだん連絡が来なくなりました。

 

 

「話したいことがある。」

 

 

そう言われてから、あっという間に、別れを告げられました。

 

僕が何を言っても、

 

 

「もう私の中で決めたから」

 

 

と、強い口調で言われました。

 

 

 

正直、現実だと思えませんでした。

 

 

僕が一番知りたかったのは、別れる理由でした。今から改善できるのか、自分に何ができるのか。

結局、最後まで彼女からはっきりとした理由を聞けませんでした。

電話を通して、曖昧に伝えられたのは、

「ずっと前から別れることを考えていた」

「考え方が違うと思っていた」

そして、「趣味と仕事で忙しいからもうしばらくは会えない」と告げられました。

僕は呆然としました。僕の何が悪かったのか、どこが原因だったのか、何もはっきりしたことは教えてもらえず、そのままで一方的に別れようとしている彼女。

5年間付き合った恋人が電話で手短に終わりを告げて、もう会えないと言っている。

絶望と失望とあらゆるマイナスの感情が入り混じって、そのことが数ヶ月間、頭から一瞬たりとも消えませんでした。

以前から彼女が熱心に取り組んでいる趣味があり、それを頑張りたいからと言われて、なかなか会えないことも僕は受け入れてきました。その理由で会える日が減ってきていました。

1ヶ月に2回しか会えない

やっぱり今月は会えない

しばらくは会えない…

かなり前から、僕のことを恋人として見ていなかったと言われました。

 

ここから本当に苦しい日々が始まりました。

なぜか「朝」になると襲ってくる絶望と孤独で立ち直れない

失恋で死にたいくらい辛い人

昼から夜にかけては、理性が働いているためか「別れた」ことを現実として認めて、頑張れそうな気がしました。

辛くて苦しい中でもなんとか仕事に取り組みました。なんだか、すぐに立ち直れそうな気がしました。

でも、

朝目覚めると、毎日、昨日の夜まで考えたことが全部一度リセットされて、絶望感がドッと押寄せてきました。

なかなか身支度ができず、ほぼ毎日遅刻ギリギリで出勤しました。

毎日毎日、目が覚めるとやりきれない感情が、津波のように押し寄せる。会社に着くギリギリの出発時間まで、あれこれ考えてしまうような日々が2ケ月くらい続きました。

不意に襲ってくる「やっぱり諦められない」という衝動が辛い

彼女のことを諦めようと決めた次の日に、また考えが変わるというようなことを繰り返しました。

「本気で自分が変われば、やり直すチャンスがあるんじゃないか?」

「どうしたら、彼女の気持ちを変えられるんだろうか?」

「僕にとって誰よりも大切な存在を簡単に失っていいのか?」

「やれるだけ全部何でもやってみるべきじゃないのか?」

「このままで本当に後悔しないのか?」

「過去の出来事を全部振り返って、彼女の気持ちを理解できたら、やり直せるんじゃないか?」

仕事をしている時間以外は、通勤時間も昼休みも帰宅後もずっと、ずっと、そのことを考えていました。業務にほとんど集中できず、深夜を過ぎてもなかなか眠れませんでした。

彼女のことを考えること以外に、何もする気が起きませんでした。僕にはどうしようもありませんでした。

「もしかして他に好きな人ができたんじゃないか?」

むしろ、それならそれで納得できました。理由が分からないからこそ、まだやり直せるのではないか、という希望を持ってしまう。でも、連絡しても返事がないか、数日遅れて短文の返事がくる。

 

僕にとっては、その状態が一番の地獄でした。

 

結婚しようと言っていたくらいの人だからこそ、何が嘘で何が本当なのか判断できない。

別れるということが、現実だと受け入れられない気持ちに支配され、完全にパニックになっていました。

別れを告げられて以来、初めて会ってくれた日のこと

失恋の別れはスマホ

諦められない気持ちを抱えたままひと月が過ぎて、何とか連絡をとって、頼みこんで、彼女の趣味の練習が終わってから、少しだけ会ってもらう時間を作ってもらいました。

でも、いざ会うと、その短い時間に、何をどう伝えれば良いのか分からなくなってしまいました。彼女も僕には何も言いませんでした。

ただ、彼女の結論が「別れたい」ということだけは分かりました。

その理由は、彼女が今まで絶対しなかった昔の彼氏の話をしてきたり、ただの友達と接するような、当たり障りのない態度だったからです。

メールから絵文字が消え、返事が極端に遅かったり、電話が繋がらなかったりして、態度でしか分からないけど、それでもう十分に伝わっていました。

これ以上の苦しみは無いと感じました。

もうすべてのことを終わりにしたいくらい自暴自棄な気分になりました。それから数日経ってもやっぱり、どうしてもきちんと会って話をしてもらいたいと伝えましたが、

「何を話すのか分からない。私がこんなに忙しいのが分からないの?」

という返事が、僕の心をえぐりました。

第三者から言われたこと「会って何を話すの?」が辛かったけど…

ちょうどそのことを、職場の先輩に話をした時に気持ちが揺れ動きました。

会社の先輩に、そのことについて聞かれたので、「会って話をしたいと思っている」と説明したところ、

「会って何を話すの?」

「もういいんじゃないの?」

と言われました。

最初は、それを聞いてめちゃめちゃ腹が立ちました。5年も付き合って、きちんとして説明も無く、一方的なやり方で、納得できるわけ無いと。

ただ、一日くらい経って、思考回路が一周回って、ある考えに辿り着きました。

これが彼女の別れ方だということでした。

恋の終わり方なんて、法律で決まっているわけでも無いし、それが彼女という人の、別れ方なんだな、と。

職場の先輩に聞いてみても、人それぞれ意見が違って、きちんと話をつけたいという人もいれば、好きじゃ無くなったらもう連絡も取りたくないし、わざわざ何を話すのか分からない、という人もいました。

きっと僕の彼女はそういうタイプだった。彼女にとっては、もう僕のことなど、どうでも良いことになっている。

もしかすると、言葉にしなくても分かってほしい、彼女なりに考えて、僕を傷つけないようにそうしたのかも知れません。

そんな彼女のために、時間を費やして合う時間を頼み込んで、次に会える日までさらに苦しみ過ごすことは、精神的な部分で耐えられそうにありませんでした。

そこにエネルギーを費やす価値があるのかと考えたら、すごく悲しかったですが、もう何をしても全部、全部、無意味だと悟りました。

失恋で一番辛い峠を越えた

彼女への復縁へのいかなる努力も無意味だと知ったおかげで、僕は失恋の一番苦しい時期を脱しました。

「話せばやり直せるんじゃないか?」

という希望が自分の中でゼロになって、エネルギーを使うことが無意味と気づいて、ようやく一歩前に進むことができました。

ただ、やっぱりフラれる側としては、理由をきちんと会って、じっくり言葉で伝えてほしかったです。

僕にとってはそれが二人にとって正しい別れ方だったんじゃないかなと思いますが、彼女の言う通り、やっぱり僕とは「考え方」が違っていたみたいです。

鈍感な僕が、色々な本を読む中で後から分かったことですが、男と女では、そもそも物事の捉え方や考え方、言葉の使い方が違っているらしいです。

それでも、どんな科学的な根拠のある考え方の違いがあっても、きちんと最後は話をして欲しかったと思います。

それは、これから先、何年、何十年たっても変わらない僕の考えかなと思っています。(←2年以上経った今は、少し変わってきました

彼女に素直に感謝している気持ちについて

どんな最悪な最後でも、やっぱり彼女には感謝しています。感謝している事実も、否定せず受け入れていこうと思います。

  • 毎月、彼女の家から1時間以上かかる僕の家まで会いに来てくれてたこと。
  • 毎日メールを送ってくれたこと。昔、僕が何かの試験を受ける日、「返せないからメール要らない」と言ったら、生存確認をしたいからメールだけはしたいと言ってくれたこと。
  • 僕が仕事が辛くて辞めたり、メンタルやられて働けなくなったり、家に引きこもっていたり、ダメダメだった時も、僕の彼女でいてくれたこと。そのことを彼女も我慢していたと言っていた。僕だって、こんな状態なら別れを告げられても仕方ないなと思っていたけど、いつも通り接してくれて、付き合い続けてくれたこと。
  • 僕が、今の職場で働くきっかけを作ってくれたのも彼女だったこと。
  • 面白いことをたくさん言いあって笑いあったこと。

 

たぶん、

5年経っても彼女をずっと想い続けてきた理由は、彼女が本当に素敵な人だったからかもしれません。

切なくて、やりきれなくて、受け入れ難いけど、彼女に出会ったことで僕の人生はかなり変わったような気がします。

本当に出会えて良かった。素直にそう思っています。それもこれから死ぬまで一生変わらないと確信しています。

失恋したことを、しばらく人に話せなかった

僕は1ケ月くらい、別れたことを人に話すことができず、それが余計に自分を苦しめました。

話せなかった理由は、誰かに話すことで、それが現実のことになってしまうような気がして、すごく怖かったからです。隠していれば、当然、周りからは失恋したとは言われないし思われない。

でも、失恋したと話してしまった瞬間に、「僕と彼女が終わった」という現実が進んでしまう、そんな気持ちになっていました。

失恋で辛い時には、自分のために、自分のために、ひたすら自分のために生きてみる

失恋で立ち直る

失恋で辛い時期にこそ、自分のために生きることを意識してみたらいいのかなって思いました。

僕は普段お金にケチケチしてますが、”今だけは”と思って、普段行かない映画館や美術館に通い詰めたり、定価で本をたくさん買ったり、ちょっとだけ贅沢したりしてみました。

そしたら、新しい発見があったり、彼女のこと以外の、新しい興味や関心が、少しずつですが生まれました。

例えば、誰かに会いたい、人と話したい、知らない場所に行ってみたい、美味しいものが食べたい、彼女を忘れさせてくれるような人に出会いたい…

心の支えについて

認めたくないですが、心の拠り所や支えの対象を”他人”にして生きることは、美徳のように見えて、実はとても危険ことなのかもしれないと思いました。

「君がいないと生きていけない!」

という考え方は、純粋で、まっすぐで、誠実で魅力的だと思います。僕はそういう考えが素直に好きです。

でも、

「もし本当にいなくなったらどうするのか?」

そんな現実が本当に起こってしまうのです。僕にはそんなこと起きないだろうとずっと信じてましたが、どんなことも人生では起こり得るみたいです。

僕は、何を心の支えにするのか…もしかすると「心の支え」という発想自体を問い直すべきかもしれません。

いつか無くなるかもしれないものを「心の支え」にして生きることの危うさに、気づいてしまいました。

でも、結局は、それくらい、本当に彼女が大好きだったということなのかもしれません。

失恋から立ち直ろうとする新しい自分

失恋で死にたいくらい辛い

失恋で辛い時、自分の中の壁を壊せるチャンスでもある気がします。

今までは絶対に行かなかったようなお店に入ってみたり、ずっと行きたかった場所に旅行に出かけてみたり、心に空いた穴を埋めるように、したいことをする。

それまでの価値観が揺さぶられ、今まで興味が持てなかったものに、少しだけ興味を持ったり、調べたり、参加してみようと思うことが僕にはありました。

失恋した時は、死んでも変わりそうにないような自分の中で凝り固まっていた考え方も変わっていくくらい、感性が研ぎ澄まされている気がします。

自分のことよりも大切に思っていた人と失恋することは、ほとんど一度死んで生き返ったようなものですから。

まとめ

とりあえず、どんな辛い状態で、どんなにヤバイ精神状態になってでも、生きていれば十分です。

生きていれば…とかちょっと大げさに感じるかもしれません。

でも、僕は酔いつぶれた飲み会の帰りとか、仕事で落ち込んだりした日に、蓋をしていた悲しい気持ちが津波のように溢れる時がありました。

立ち直りかけたような気がして寝付いたのに、真夜中に目が覚めて、急に悲しみが襲ってきたり、そんな瞬間が幾度もありました。

正直、自分の死を意識してしまう瞬間もありました。

でも、新しいことを始めたり、新しい行きつけのバーができたり、失恋した後に色んな行動をしたことで新しい世界が広がってきました。

この一つ一つの行動は、彼女から愛されていないのに付き合っている状態よりも、良い未来に繋がっている気がしました。

できるだけ自分のしたいことを素直に楽しむことが立ち直るきっかけになる、きっかけとまで言わなくてもそれがマイナスにはならないと感じました。

ずっとやってみたかったことに挑戦するのも良いと思います。映画でも、音楽でも、美術でも、運動でも、何でも。

僕も、これから新しい趣味を始めて見たいなって計画している最中です。新しいサイトを立ち上げる計画もしています。(このブログが新しいサイトです。)

 

失恋は本当に、本当に、本当に辛いです。

 

自分のことよりも大切に思ってきた人から必要とされなくなるのは、死よりも辛いと感じます。

たとえ、それでも、

どんなに冷たく苦しい別れであったとしても、今までずっと優しくしてもらったこと、楽しませてもらったこと、愛情をくれたこと、ずっと気にかけて心配してくれたことも忘れないでいたいです。

彼女がいるから仕事を頑張ろう、努力しよう、生きていこう、と思ったことだって何度も何度もあります。

辛さで霞んでしまいそうになるけど、僕は彼女のおかげで、これまでの人生で一番幸せな5年間を過ごすことができました。

 

最後にもう一度だけ、

 

とにかく

 

生きていれば十分です。

 

以上です

byミケ男

追記:執筆者のミケ男です。

記事に対するたくさんのコメント、お悩み相談、本当にありがとうございます。

コメントをくれる皆さんと同じように、死にたいくらいの失恋の辛さを感じてから、3年くらい月日が流れました。あれから、良いことも悪いこともたくさんありましたが、とりあえず、僕はまだ生きてます。

死にたいくらい辛い、悲しい、孤独、不幸、一人ぼっち、将来が真っ暗、僕が生きてる意味なんてない、と思う日もたくさんありました。

それでも、たまにちょっとした瞬間に、嬉しいこと、楽しいこと、良いことが起きました。悪いことばかり続く時があって苦しい時期もありましたが、

こうやって自分が生きて、何かを発信することが、誰かのためになると思うと、僕の失恋は無駄ではなかった、という気持ちになります。

自分一人じゃなかったんだ、同じように感じて苦しんでいる人がいるんだ、と思えるだけで全然違うと思います。

今、この瞬間も、同じ傷みを抱えながら、生きている人がたくさんいるはずです。

僕がしつこいくらい言いたいことは、

 

「生きているだけで十分」

 

ということ。

死を意識するほどの辛さを感じている人に、生きていること以外、何も求めません。

誰がなんと言おうと

 

「今は生きてるだけで十分です」

 

僕の失恋に、たくさんの意味を与えてくれる皆さんへ、感謝を込めて。

 

「生きてるだけで十分です」

 

※記事の一番下に、頂いたコメントと回答がたくさん集まっているので、是非参考にしてみてください。

量的にも僕からの返信がちょっと難しくなっていますので、その点はご理解いたたければと思います。

▼自分自信と向き合っていく中で、僕は繊細すぎて生きづらい5人に1人の「HSP」だと分かりました

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは?】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が解説「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

 

▼女性心理を学ぶならおすすめの本

繊細・敏感・生きづらい「HSP」とは??

HSPは5人に1人が持つ気質で、このような特徴があります。

  • 5感(光、音、臭い、カフェイン等)が敏感
  • 感受性が強く、傷つきやすい
  • 人間関係で消耗し、人込みや集団が苦手
  • 音楽や芸術に心を惹かれる
  • 病気ではないのにいつも生きづらい

生きづらさの理由はHSPかも…と思ったらコチラの記事で診断チェックができます。

HSPについて詳しくはコチラ>>「HSP」とは?超繊細な当事者が教える特徴・診断・対処法まとめ

手っ取り早くHSPのオススメ本が知りたい人は「繊細さんの本」を、自信を持って推薦します。

参考記事:【HSPが読むべき1冊】7冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」

POSTED COMMENT

  1. アバター より:

    1ヶ月前に8ヶ月付き合っていた彼氏に振られました。
    彼と付き合う前に2年間付き合っていた人に振られて、
    精神的にも弱り果てていた頃に3ヶ月間ずっと親身に
    なって私を支えながら待っていてくれた彼に気持ちが
    動き付き合う事にしました。すごく優しくて素敵な人
    でした。私が精神疾患を持っているので、病気の事も
    理解してくれていたと思ってました。ですが、私は
    普通の女の子と違い、発作になるとデートにすら
    行けない日々が続いて、彼氏に病気を理解してあげれ
    なくて申しわけないと振られてしまいました。
    普通のデートをしたり、いろんな所へ行きたかった
    のだと思います。別れてからは、私の方が年上なのも
    あり、彼氏に連絡するのを我慢してました。
    ですが、1人になるとやりきれない気持ちになり
    もう死んだ方が楽なのかと考えたり、病気になんか
    なりたくてなったわけでもないのにと考えたら
    苦しくなったりします。別れて1ヶ月が過ぎて
    元彼に連絡すると、好きな人ができて今年のクリスマス
    に告白すると言われました。だから、連絡もとれない
    そう言われて食欲や睡眠ができなくなりとても
    つらいです。別れて2週間で他の人に気持ちが
    入っているのも信じられなくて、自分だけ時間が
    止まっているような気分です。胃がムカムカして
    震えや寝汗が止まらないです。綺麗事でも幸せに
    なってなんか言えません。あんなに愛されていた
    そう思ってました。なぜ?って頭がついていきません。
    クリスマスの日に指輪をもらう約束をしてたのに
    別れたらそんなに何もかも変わるんですね。
    こんなに傷つけられたのに、私は彼のことばかり
    考えてしまい、しんどいです。新しく恋愛する
    気分にすらなれません。安定剤に頼りながら、
    毎日もがき苦しんでます。いつまで続くのでしょう。
    たかが、数ヶ月でも。ここまでへこんだのは
    初めてです。彼も私と別れて拒食症になり、
    引きずりたくなかったのだと言っていました。
    だけど、自分から別れを告げて卑怯なんじゃないか
    そう思ってしまいます。ここまで苦しめたのだから
    自分だけ幸せになれるわけがないと思ってしまいます。
    相手も傷つけばいいのに。天罰が当たればいいのに。
    そんな事も考えてしまいます。情けないです。
    これからは、どうしたらいいのか分からない。
    だけど、家族の温もりに触れて心の傷を癒して
    行けたらいいなと思います。軽く人間不信になり
    恋愛は当分出来そうにないです。

  2. アバター せいか より:

    わがままが呆れられるとか、直すから復縁したいとか、いろいろみんなおんなじですね。
    私の人生初の付き合いも同じように、終わりました。
    最後にデートした日は、普段と同じように彼がバスに乗って、手を振りあいました。
    それから自分から電話で別れを伝いました。
    もうどうしてもダメだったんです。
    完全に彼の親に嫌われたので、いろいろ試しても全然ダメでした。

    一緒にゲームしてたから、彼のゲーム機とかが自宅に残っていたので、家にいないようにするから合鍵で入ってと伝いました。
    遅めに帰ったら彼がいた。手紙を残したかったらしいです。手紙の内容は大体、私の依存体質がいけないんだとか、別れてスッキリしたとか、こういった内容を優しく表現したもの。それから私がきっと、今よりも何倍も幸せになるんだとか。
    帰り道では本当は、もし彼が家にいて、やっぱり一緒にいようとか言ってくれたらどんなに幸せなんだろうってずっと考えていました。ありえないってわかりきったくせに。
    だから鍵を開けて、明かりがついてるのを見てもちっとも嬉しくなかったです。まだいたとしても、復縁したいわけではないってわかってました。
    泣きついて行かないでって言った私が情けないです。名前変えて整形するから、両親に新しい彼女できたと言ってとか。
    彼が帰った時、私は反対側を向かいました。ちゃんとお別れもできませんでした。

    帰る際に、愛してるって言われました。ずっと家族のようにいたいとか、しばらく距離置いたら仲のいい友達としていようとか。
    意味がわかりません。
    もう二度とこんな恋ができないと考えるとつらくて仕方ないです。
    決して完璧な恋ではなかったし、理想な恋とも言えないのに、特別な一つしかないような恋です。
    それが楽しかった分、幸せだった分、今は辛いです。
    将来、幸せになっても、こんな幸せはもう二度とありません。

  3. アバター コタロ より:

    16年同棲していた彼と別れました。
    性格が合わないと言われて。
    私45歳で、彼は41歳。
    お前と一緒にいると俺自身が甘えると。
    きっと他に別の理由があったと思いますが。

    別れて9ヶ月が経ち、仕事をして食べて寝て
    普通に笑えるようになりました。
    ただ、別れた彼の幸せを心から願えない。
    悪の私がおります。
    そう思ってる自分が嫌です。
    たまらなく自分が嫌になる事があります。

    ただ、毎日思うのではありません。
    日によって違います。
    感謝の気持ちを持ったり怒りの時もあり。
    彼はもう私の事は何とも思ってないのに、
    私だけいろいろ思ってしまってるって事。

    顔はタイプでした。
    でも特別優しい人でもなかった。
    どっちかっていうと冷たい(笑)
    いつも私を下に見ていたし。
    愛情表現も何もない。
    なんで、ずっと一緒にいたんだろうって。

    長く過ごしすぎただけなのか。

    新しい出会いがありました。
    タイプではないけど、とにかく優しい。
    私の話をよく聞いてくれます。
    愛情を言葉にしてくれます。

    前の彼とは真逆ですね。

    真逆すぎてなのか。
    今の彼がすごく良く映ってるのか。
    結婚したいとも言ってくれてます。
    幸せなはずなのに、迷ってる自分がいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です