繊細な人の「転職ガイド」

【対処法】仕事を辞めたいけど辞められないなら考えたい1つのこと

仕事辞めたい辞められない対処法

仕事を辞めたい→辞められない→辞めたい→辞められない…数日、数カ月、数年間、迷い続ける無限ループ。

どう考えればこのモヤモヤした悩みが晴れるのか、後で後悔しない決断はどうすればいいのか、考えてみました。

 

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

 

この記事は、

  • 仕事が合わなくて辛い
  • 毎日のように仕事を辞めることを考えてしまう
  • 辞めたいけど、周りに申し訳なくて言えない

 

こんな人に読んでもらえたら、参考になるかもしれません。

仕事を辞めたい原因

まずは、仕事を辞めたいと思ってしまう「原因」を考察していきましょう。

仕事内容が理由で辞めたい

仕事が向いていない/苦手な仕事ばかりで辛い/仕事が楽しくない/やりがいを感じない/その仕事を良いと思えない

 

人間関係の問題で仕事を辞めたい

体育会系の上司、根性論好きな上司、感情的なお局さん、社員同士の派閥争い、目をつけられる、体臭がさや口臭がキツい人、ワンマン社長、生意気な後輩、イジメや嫌がらせ、クレーム客の対応

 

労働条件が合わないから辞めたい

激務過ぎる、体力的にキツい、休みが取れない、有給が取りにくい、給料が低い、将来性を感じない

 

社風が合わなくて辞めたくなる

体育会系、怒鳴り声が毎日響く、長時間の説教をされる、飲み会が多い、プライベートを詮索してくる公私混同、厳しいノルマ、人に優しくない社風、プロセスを重視しない社風、プロセスしか見ない社風、周りとの価値観が合わなさすぎる

 

上に挙げたいくつかの要因が積み重なってくると、「辞めたい」が日に日に強くなっていくのかもしれません。

では、

そんなに辞めたくて辛いのに、辞められない理由はなんでしょうか?

だいたいこんなことが多いでしょう。

仕事を辞めたいのに、辞められない理由

周りからの批判

逃げている
甘えている
無責任
根性が無い
短期離職は転職で不利
新卒で入ってもったいない

お金

貯金が無い
辞めるとお金が無くなる
生活できない

家族

辞めると家族を苦しめる
辞めると恋人を不安にさせる
辞めると親に心配をかける

自分の気持ち

辞めると格好悪いと思っている
辞めるのは責任逃れだと思う
辞めるのは逃げだと思う
辞めるのは、3年勤めてからだと思う
理由は分からないけど、辞められない

何を信じれば良いのか分からない

ネットや本でも、転職すべきかどうか、判断できません。

  • 転職は不利、転職は繰り返す、負け組
  • 転職すべき、転職で年収が上がる、勝ち組

良く言われるのが、続けるにしても辞めるにしても

「自分で決断するしかない」

ということ。でも、何を信じたら良いのか分からない。色んな人に相談しても、人それぞれ意見は違うから困る。

「自分で決断する」がなかなかできずに、精神的にも参ってくると、かなり苦しくなっていきます。

ここで、

仕事を辞めたい時に、自分に問いかけてほしい言葉を紹介します。

何のために仕事をしているの?

仕事を辞めたいと悩んで、悩んで、身動きが取れない時は、

そもそも「なぜ仕事をしているのか」を考えてみます。

仕事をしている理由はこんな感じでしょうか…

  • お金のため
  • 家族のため
  • 自分のため
  • 評価されるため
  • プライドのため
  • 義務を果たすため

じっくりと向き合ってみると、いろんな考えが浮かびます

  • お金がもらえたら、他の場所でも良いんじゃないのか?
  • 今の会社以外では評価されないのだろうか?
  • 義務は他の仕事をしていても果たせるんじゃないのか?
  • プライドや世間体は、本当に仕事をする理由なのだろうか?

 

では、ここからが記事の本題です。

自分自身に「究極の問いかけ」をしてみましょう。

何のために生きている?

悩みから抜け出せない時は、「人生」という大きな視点で自分と向き合ってみましょう。

 

「何のために生きているのか?」

 

  • 義務を果たすため?
  • 国に貢献するため?
  • 家族を幸せにするため?
  • 考えたことが無い?
  • モテるため?
  • 分からないけど生きている?

仕事を辞めるかどうかが決められないなら、何のために生きているのかという視点まで広げて向き合ってみる。

皆さんは何のために生きていますか?

終末患者が死ぬ直前に後悔すること

アメリカで終末患者を看取ってきた看護師によると、人間が死ぬ直前になって後悔することは、皆同じようなことだと言います。

「もっと自分らしく生きればよかった」

「あんなにガムシャラに働かなくてもよかった」

「言いたいことははっきりと言えばよかった」

「もっと友達と連絡をとればよかった」

「もっと自分の幸せを追求すればよかった」

出典:看護師が語った、死の直前に誰もが口にする「後悔のことば」

ちなみに、この中で一番良く聞く「後悔」は「もっと自分らしく生きたかった」だそうです。

汗水たらして頑張って、自分を犠牲にして、何かにとりつかれるように仕事をしたのに

「あんなに仕事をしなくても良かった」

と後悔するのはどうしてなのでしょうか?

それはきっと「自分の幸せ」よりも仕事を優先させしまったからなのかもしれません。

「自分の幸せ基準」で仕事と向き合ってみる

先ほどの「なんのために生きるのか」について、答えが見いだせない人に僕がおすすめするのは

「自分の幸せのために生きる」

です。

仕事を続けることが、自分の幸せに繋がっているならば、続けていくことが今は良いのかもしれません。

仕事を辞めることが、幸せに近づくと思えるなら、いつかそうなるつもりで準備しておいても良いかもしれません。

後で振り返った時に、長い人生という視点、生きる意味という視点、働く理由という視点でとらえ「自分の幸せに繋がるか」どうかで向き合ってみる。

もちろん、今のままでその会社でいることが「自分の幸せ」だと思えたなら、続けるべきなんだと思います。

自分の幸せに繋がっているんですからね。

家族の幸せも「自分の幸せ」があってこそ

家族の幸せを考える人は多いと思いますが、自分の幸せがすっぽり抜け落ちている人がいるかもしれません。

家族だって、それぞれ自分の幸せのために生きています。

実際に働くのは親や家族、恋人ではなく自分です。

自分が幸せになってこそ、家族も幸せにする余裕が生まれるという考え方もあります。

ぜひ、改めて問いかけてみてください。

他の誰でもなく、自分がどうすれば幸せなのか?

長い目で見て考えたら、自分の幸せとは何なのか?

この先、何年、何十年、を考えた時に、どうなのか?

死ぬ直前に後悔しない考え方はどういうことか?

まとめ

人に言われなくても、自分の利益を最優先で生きている人もいます。

ただ、そういう図太さがある人はこの記事にはたどり着きません。

この記事にたどり着く時点で、自分の幸せよりも、他人や周りを優先させてしまう、良心的な人であると思います。

図太い生き方をしろと言う訳ではありません。

後から長い人生を振り返った時に、自分の幸せを考えて決断した、と言える方が後悔しないんじゃないかということです。

最後は自分で決めるのですが、ぜひ

「自分の幸せ基準」

で仕事と向き合ってみることをおすすめします。

皆さんの悩みに、少しでも役に立てたなら嬉しいです。

\ シェア、コメント、メッセージ お待ちしています /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。