退職代行サービス

【バックレ禁止】仕事を辞める時に最良の「伝え方 」5選

仕事辞める時の伝え方バックレ禁止

仕事を辞める時、上司はどう伝えるのがベストでしょうか?

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

僕は今まで3度の退職経験がありますが、どう伝えるかで毎回悩みました。

この記事では「伝え方の5つのパターン」「伝える最適なタイミング」「バックレのリスク」について、僕の体験も交えて発信します。

正社員でもパートやアルバイトでも、気になったら続きをどうぞ!

仕事を辞める時の伝え方 5パターン

直接「仕事を辞めます」と伝える

まずは、最も一般的な伝え方です。上司に直接、面と向かって話を切り出す方法です。

「ちょっと大切なお話があるのですが、お時間よろしいでしょうか?」

と切り出して、直接伝えます。

直接「仕事を辞めます」と伝えるメリット

  • 直接、話をするのが苦で無ければ、1番簡単
  • 直接伝えて退社するのが最も一般的な辞め方

デメリット

  • 直接伝えるのが苦手だと、かなりストレスを感じる
  • 緊張して伝えたいことが伝えられないこともある
  • 上司によっては怒り出したり、辞めると先は無いと脅される可能性もある
  • 上手く切り出せないと、ズルズル先延ばしてしまう恐れがある

などです。直接伝えるのが、最も手っ取り早い方法です。

電話で「仕事を辞めます」と伝える

電話は面と向かって話すのが苦手な人におすすめです。

「大切なお話があって電話しました。今、お時間よろしいでしょうか?」

という感じで切り出して伝える感じです。

電話で「仕事を辞める」と伝えるメリット

  • 直接言うより緊張しない
  • 声以外は分からないので、相手の感情も強く伝わって来にくい

デメリット

  • 声しか分からないため、言いたいことの細かいニュアンスが伝わらないかもしれない
  • 電話代がかかる
  • 相手が電話に出なかったら、都合の悪いタイミングで折り返されることも
  • 古風な考えの人には、電話で伝えるとは何事だ!けしからん!と受け取られる

などです。

上司が確実に忙しくないタイミングで、電話をかけるのがポイントかも。

ラインで「仕事を辞めます」と伝える

メールやラインを使えば、話すのが苦手な人でも、自分の意思をしっかり伝えることができます。

メールやラインでのメリット

  • 話しベタでも、伝えたいことを、はっきり文字にして伝えることができる
  • 他の方法より心理的ハードルが低い
  • やりとりは履歴に残るため、何かあった時の証拠にできる
  • 相手が忙しい時でも、メールなら迷惑になりにくい
  • 直接伝える時のように、切り出すタイミングをうかがう必要が無い

デメリット

  • 読んだかどうか確かめられないリスクあり
  • 別人への誤送信に絶対注意
  • 他の人にも見られるリスクがある
  • 古風な人や体育会系の人には、メールで簡単に伝えてきた、と悪く思われることもある

などです。

手紙で「仕事を辞めます」と伝える

最近は手紙を書く機会も減ってきましたが、手紙やメモなどで伝えるのも手段の一つです。

手紙で「辞めます」と伝えるメリット

  • 丁寧な字で伝えることで、誠意を感じてもられることもある
  • メモなら、手書きでサラッと伝えられて簡単
  • 直接や電話で伝えるのは嫌だけど、メールも好きじゃないという人におすすめ

デメリット

  • 汚いメモ用紙に、汚い字で書いてしまうとめちゃくちゃ印象が悪い
  • 手紙で伝えるのは、あまり一般的でないので、驚かれるかもしれない
  • 手紙を他の人に読まれるリスクがある

など。

親や家族に伝えてもらう

精神的に疲れていたり、職場の人と関わるのがどうしても辛い、という時には身近な「交渉上手」な人に頼るのも手です。

親や家族に「辞める」と伝えてもらうメリット

  • 交渉が得意な人に頼めば、スムーズに辞められることもある
  • 本当に辛い時は、誰かに頼れることも大切なスキル
  • 自分でやりとりしなくて良いので、楽といえば楽

デメリット

  • あまり一般的では無いので、驚かれるかもしれない
  • 古風な人からは、理解されないかもしれない
  • 頼り癖がついてしまうこともある

などです。

ここまで5つのパターンを紹介しましたが、伝え方は人それぞれです。

辞めるという意思を伝えらるのであれば、どの方法で伝えようが、話は進んでいくと思いますよ。

 

大切なのは、とにかく「伝える」ということです。

 

僕のおすすめの伝え方はメールかライン。

最初にメールかラインで伝えておくと、少しは気が楽になります。

結局、直接話し合う機会があると思いますが、一番言いにくいことは既に伝えているので、上司もそういうつもりで面談を段取りしてくれます。

嫌なことを伝えるために、メールやラインがある!

と思っていいかもしれません。笑

▼ちなみに親に頼らなくても、退職代行サービスを利用すれば、会社とのやり取りを全て代行してくれて便利です

仕事辞める時の伝え方バックレ禁止
【バックレ禁止】仕事を辞める時に最良の「伝え方 」5選仕事を辞める時、上司はどう伝えるのがベストでしょうか? 僕は今まで3度の退職経験がありますが、どう伝えるかで毎回悩みました...

では、次に伝えるタイミングについてです。

「辞めます」と伝えるタイミング

終業後

終業後は、周りに人も少ないので、直接伝えやすいタイミングです。ただ、上司が疲れているかもしれないので、ちょっと気を遣います。

始業前や午前中

早く報告したい時は。午前中に伝えてしまうのも手です。

昼休み

リラックスしている昼休みに伝えると、上司も休憩中だと迷惑になるかも。でも、忙しい上司なら、お昼が1番落ち着いて話ができることも。

職場によりけりでしょう。

夕方

僕は夕方の忙しくない時間帯が、一番伝えやすいんじゃないかなと思います。直接でもメールでも。

夕方って、なんとなく、言いやすい気がしませんか?

思い立った時

あれこれ考えるのが嫌いなら、思い立った瞬間に伝えるのも手です。

結局、いつ伝えたところで、良いニュースでは無い訳なので、早く伝えて楽になるという考え方は賢いと思います。

休んでしまった当日

休みをもらった当日や、バックレてしまった当日に、辞めると伝える人もいます。

休んでしまった日に、やっと決心がつく人は結構いると思います。休んだついでに辞めたいと伝えるパターンは案外良くある話なので、迷っているなら、伝えてみて楽になってもいいでしょう。

これが自分で伝えられるラストチャンスかもしれません。

絶対にやるべきでない退職の伝え方

噂話で上司の耳に届くこと

上司に報告する前に、同僚に相談して、噂で広まってしまうのは避けたいです。

バックレは絶対にやめよう

ブラック企業でひどい職場環境で耐えて来た人や、精神的にも限界になっている人は、何も言わずにバックたいと思うかもしれません。

その気持ちは痛いほど分かります。

なぜなら、僕も過去にバックれたことがあるからです。

バックレた後に何が待っているのか教えましょう。

 

電話とメールの地獄です。

 

数時間ごとに電話が鳴り響き、たくさんのメールも送られてきました。

着信拒否をしても、他の番号からかかってきたり、毎日着信履歴が残ったりして、精神的に追い詰められました。

時間が経つほど、電話には出にくくなり、いつ会社から連絡がくるのかと、常にビクビクして数ヶ月間は過ごすることになります。

 

街を歩くのも嫌になって、本当に苦しみました。

 

さらに、退職手続きに必要な書類は、勤務先に作ってもらわないといけないので、とても面倒なことになります。

自分の心にも「バックれてしまった」という罪悪感の傷が残り続けます。

 

バックレだけはおすすめしません。それだけは、やめときましょう。

 

ただ、どうしても、会社と一切のやりとりをしたくないという場合もあります。最終手段は退職代行サービスです。

バックレるくらいなら、代行できちんと手続きした方が、絶対に自分の為になります。

【退職代行サービス5選】どのランキングでも人気のおすすめ会社まとめ

 

僕も直近の会社を退職する時に、本当に辛くて、代行サービスを使うかどうかかなり迷いました。しかし、当時は業者自体が1〜2社しか無く、検討材料が少なすぎて断念したんです。

退職に関わる全てのやり取りを、プロが窓口となって、円満に進めてくれます。合法で会社と一切やりとり不要な退職代行サービス。繊細なタイプの人にとっては、3~4万円の費用に似合うサービスかもしれません。

退職代行サービスランキング
【退職代行サービス人気おすすめ5選】ブラック企業退社の最終手段に!数ある退職代行サービスから、実績、人気、知名度を元に、信頼できる会社を5つ厳選しました。 会社の辞め方は人それぞれ。交渉が得意な第...

まとめ

仕事を辞める時の伝え方を紹介してきましたが、いかかがだったでしょうか?

繊細な性格の僕にとって、退職は大きなストレスで、本当に大変でした。

伝える前もしんどいし、伝えた後のやりとりも、手続きも大変でした。

ギリギリまで伝え方に迷うかもしれませんが、バックレること以外であれば何でも良いと思います。

難しく考えるよりも、伝えてスッキリする方がずっと楽になれます。

どんな方法でも良いから、自分のやりやすい手段で「伝えること」が大事です。

 

人生で、絶対に直接伝えないといけないことは「結婚してください」くらいなもんです。

 

この記事が悩める皆さんの参考になれば嬉しいです。

退職代行サービス業界NO.1「EXIT」

【退職代行サービスのすべて】

退職で消耗する日本の労働者のために、退職代行サービスがあります。

退職に関わる手続きを本人の代わりに代行してくれる、全く新しいサービスです。

辞めることが辛いと感じてしまうなら、仕組みを知っておくだけでも、気持ちがずっと楽になります。

退職代行につてい気になる方は、コチラも参考までに。

>>【退職代行サービスのすべてを1記事に】ゼロかわ分かる退職代行の仕組み・料金・メリット・デメリット・法律・リスクや注意点までを徹底まとめ

 

気になる関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。