繊細書庫

【繊細さんの知恵袋】はHSP100人の対策が学べる良書だった

sensaisan-chiebukuro
  • 実際にHSPの人々は、どうやって社会生活を送っているんだろう?
  • どんな処世術や工夫、知恵を使って、困難を乗り越えているんだろう?
  • 繊細なまま、人生をどう楽しんでいるんだろう?

HSP専門カウンセラーの武田友紀さんが書いた4作目の本『繊細さんの知恵袋』

現代社会で生きるHSPが実践している、リアルで具体的な知恵を集められています。

例えば、どんな知恵かと言うと…

  • 飲み会の上手な断り方
  • 部下に指示する時の上手な言い方
  • HSPって周りの人に伝えているか?

このように、繊細な人が悩みがちなテーマが網羅された、まさに「知恵袋」でした。

繊細さんの知恵袋ってどんな本?

『繊細さんの知恵袋』は、自身もHSPであり、HSP専門カウンセラーの武田友紀さんの著書です。

HSPへのヒアリング、100名以上のHSPへのアンケートを元に

「こんなとき、みんなどうしてる?」

という当事者本人たちの知恵と工夫が1冊にまとめられました。

この本は、全国の繊細な人たちから「仕事や人間関係を乗り切る知恵」を集めた本です。

P2 繊細さんの知恵袋

HSPとは、生まれつき繊細な気質を持つ人のことで、

そんなHSPが自然に共感できるような言い回し、言葉のチョイス、イラストのかわいさなど、細部までこだわりが詰まっているのが本書の特徴です。

本書の文章や挿絵は、白黒とピンクの3色だけの落ち着く配色に統一されています。トーンの違いだけでメリハリをつけているので、目にも優しく読みやすいです。

ちなみに、武田友紀さんはHSPではなく、親しみを込めて「繊細さん」と呼んでいます。

ミケ男
ミケ男
アルファベットだと精神医学や発達心理学系の概念と混同されやすいため、「繊細さん」と呼ぶのは良いアイデアだなと思います。

HSPについて詳しくはコチラ▼

HSPとは?
【HSPとは】特徴や診断テストなど基本を徹底解説「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

交流会を疑似体験するような構成

『繊細さんの知恵袋』は大きく4つの章で構成されています。

  1. 人間関係で悩んだ時の知恵袋
  2. 仕事で悩んだ時の知恵袋
  3. 日々の悩みを解決する知恵袋
  4. 「繊細さん」の素敵なところを活かす知恵袋

それぞれの章に「HSPの困りごと」について、たくさんのテーマがあります。

このテーマ選定が素晴らしく、HSPが困りがちなことがとことん網羅されていて、痒い所に手が届く感じです。

5〜6人のHSP当事者本人たちの「私はこうやっています」という意見があって

各テーマについて、HSP専門カウンセラー武田友紀さんの解説する流れです。

そうそう、カミングアウトは信頼できる相手が大事!慎重に。

最後に武田さんが考え方と対処法のまとめてくれるので、頭が整理されてスッキリします。

気になったテーマと、共感した内容を紹介

僕が特に参考になったテーマを、さらっと紹介します。

周りにの人に、自分が繊細さんだって伝えてる? P72

武田さんによると、職場の上司に伝えるなら、ただHSPだと伝えるよりも

「パフォーマンを上げるためにこうしたい」という文脈で

具体的にどうしてほしいかを伝える、と書いてます。

確かに!

人に指示するのが苦手です P110

考え方として、「指示する」ではなく「それぞれの役割を明確にするだけ」という視点が勉強になりました。

指示が苦手なのは、相手との関係を上下関係でとらえているから、という理由にもハッとしました。

僕は指示するのも、されるのも超苦手なので、今後の参考にします!

上手に仕事を断るにはどうしたらいい? P116

頼まれると雰囲気にのまれてつい『はい』と行ってしまう人は、その場で引き受けないことも大切、とあります。

「断ったら一巻の終わりなどと考えずに、自分の都合を伝えること」という捉え方も大事だなと改めて思いました。

他にも、こんなテーマがありました。

  • 苦手な人がいるとき、どう接していますか?(P146)
  • 自分に向いてる仕事ってどうやってみつけたの?(p194)
  • 一度にあれこれ頼まれるとパニックになりそうです(p82)
  • 空調の温度、音、光が気になるとき、どうしていますか?(p158)
  • 何を話したらいいのかわからなくて、雑談が苦手です(p194)…etc

まとめ

僕は、繊細な人が知恵を共有できる場がほしいと思っていたので

『繊細さんの知恵袋』のような本が出版されて嬉しかったです。

今回、改めて気づかされたのは

同じ悩みであっても、対処法は1つではないこと。

育った環境、世代の違い、今置かれている状況で、人それぞれの正解は変わってくるものです。

色んな意見を知りつつ、カウンセラーの武田さんがスッキリ解説してくれるので、

最後まで共感しながら、納得して読み進められる素敵な本でした。

以上です。

 

『繊細さんの幸せリスト』繊細な人にとっての幸せとは▼

繊細さんの幸せリスト-武田友紀著-感想
【繊細さんの幸せリスト】HSPが読んで泣けました『「繊細さん」の幸せリスト』という本を読んだ感想を、 HSPのブロガーが発信します。 『「繊細さん」の幸せリスト』は、HSP...

『繊細さんの本』HSPの本、最初の1冊目に推薦▼

繊細さんの本hspにおすすめ
【HSPが読むべき1冊】7冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」繊細過ぎる気質”HSP“の僕が、HSPの関連本を数冊読み、その中で最も推薦したい1冊『繊細さんの本』について詳しく紹介します。 ち...

イラストレーターかほりさん×武田友紀さんによる著書▼

hsp-hikikomori-kahori-illusutrator
【HSP×ひきこもり×イラストレーター】かほりさんの本の感想!生まれつき繊細な気質を持つHSPで、イラストレーターである、かほりさんの著書 『「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です。』 ...

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。