HSPのおすすめ本

【繊細さんの知恵袋】HSP100名のリアルな処世術を集めた必読書

sensaisan-chiebukuro
  • 実際にHSPの人々は、どうやって社会生活を送っているんだろう?
  • どんな処世術や工夫、知恵を使って、困難を乗り越えているんだろう?
  • 繊細なまま、人生をどう楽しんでいるんだろう?

HSP専門カウンセラーの武田友紀さんが書いた4作目の本『繊細さんの知恵袋』

現代社会で生きるHSPが実践している、リアルで具体的な知恵と工夫がたくさん紹介されている、HSPの必読書かもしれません。

例えば

  • 飲み会の上手な断り方
  • 部下に指示する時の上手な言い方
  • HSPって周りの人に伝えているか?

などなどHSPが困っているけど、なかなか人に相談できないテーマが満載です。

この記事では、本書の内容や構成の紹介と、HSPの僕の個人的な感想などを発信します。

▼先に商品購入ページを見たいという方はコチラ

繊細さんの知恵袋ってどんな本?

『繊細さんの知恵袋』は、自身もHSPであり、HSP専門カウンセラーの武田友紀さんが

HSPへのヒアリング、100名以上のHSPへのアンケートを元に書いている本です。

「こんなとき、みんなどうしてる?」

という当事者本人たちの知恵と工夫を1冊にまとめられています。

この本は、全国の繊細な人たちから「仕事や人間関係を乗り切る知恵」を集めた本です。

P2 繊細さんの知恵袋

HSPとは、生まれつき繊細な気質を持つHSP(Highly Sensitive Person)が5人に1人の割合で存在する人のこと。

そんなHSPが自然に共感できるような言い回し、言葉のチョイス、イラストのかわいさなど、細部までこだわりが詰まっているのが本書の特徴です。

本書の文章や挿絵は、白黒とピンクの3色だけの落ち着く配色に統一されています。トーンの違いだけでメリハリをつけているので、目にも優しく読みやすいです。

武田友紀さんはHSPが持つ繊細さをいいものとして捉え、親しみを込めて「繊細さん」と呼んでいます。

▼そもそもHSPの概念が曖昧な方は図解記事も参考までに

HSPを初めて知ったアナタへ_繊細革命
HSPを初めて知ったあなたへどうも、HSP当事者でブログを運営しているミケ男です。 ここでは、HSPを知ったばかりの人に向けて、 HSPとは何か?という...

交流会を疑似体験するような構成

『繊細さんの知恵袋』は大きく4つの章で構成されています。

  1. 人間関係で悩んだ時の知恵袋
  2. 仕事で悩んだ時の知恵袋
  3. 日々の悩みを解決する知恵袋
  4. 「繊細さん」の素敵なところを活かす知恵袋

それぞれの章に「HSPの困りごと」について、たくさんのテーマがあります。

このテーマ選定が素晴らしく、HSPが困りがちなことがとことん網羅されていて、痒い所に手が届く感じです。

テーマ選びのセンスは、数多くのHSPをカウンセリングをしてきた武田さんの経験と知識だからこそ、だと想像します。

5〜6人のHSP当事者本人たちの「私はこうやっています」という意見があって

各テーマについて、HSP専門カウンセラー武田友紀さんの解説する流れです。

最後に武田さんが考え方と対処法のまとめてくれるので、頭が整理されてスッキリします。

そうそう、カミングアウトは信頼できる相手が大事!慎重に。

【抜粋】飲み会の断り方について

本書の内容を知ってもらうために、1つのテーマを例にして紹介します。

これまで多くのHSPを悩ませてきたであろう、忌々しい「飲み会」の断り方についてです。笑

職場の飲み会を断りたいとき、みんな何て言ってるの?(P120)

今日はちょっと帰りますねと明るく伝える

大人数より2、3人で過ごす方が好きなんですよねとふだんから伝えている。飲み会は断るけど、相手に対して心を閉じているわけではないと知って欲しいから明るく断る。

僕も会社員時代に、上手に断れなくて困っていました。断る時にたぶん暗い顔をしていたので、印象が悪かったのかなと思いました。

理由は言わずニコニコ断る

下手に理由を言うと疲れるので、理由は言わないようにしています。

かつて2ヶ月で辞めたデザイン会社、毎日社長の怒鳴り声が響き、激務なのに飲み会がありました。

上司に○○の予定があって飲み会に行けませんというと

「○○ってそんなに重要?参加しろや。」

と言われて渋々参加したことがあります。(ちなみに上司は女性です)

具体的な理由を言うと、ツッコミの余地を与えて、良くなかったかも。

何を言っても強制参加っぽい感じでしたが、もう少し自分の意志表示をしたかったなと思います。

武田さんの解説では

誘われても3回に1回だけ参加するなどマイルールを決めておく

というヒントもあり、色んな視点や切り口から対策を知れて、参考になりました。

このような内容の濃さで、30以上のテーマが網羅されています。

気になったテーマと、共感した内容を紹介

他にも僕が読んで深い共感や学びがあったテーマと、考え方や知恵について、さらっと紹介していきます。

周りにの人に、自分が繊細さん(HSP)だって伝えてる? P72

武田さんの解説部分より、職場の上司に伝えるなら、ただHSPだと伝えるよりも

「パフォーマンを上げるためにこうしたい」という文脈で

具体的にどうしてほしいかを伝える、という考え方に納得しました。

人に指示するのが苦手です P110

HSPの方の意見より、「指示する」ではなく「それぞれの役割を明確にするだけ」という考え方を知りました。

指示が苦手なのは、相手との関係を上下関係でとらえているから、という理由にハッとしました。

僕は指示するのも、されるのも超苦手なので、今後の参考にさせていただきます!

上手に仕事を断るにはどうしたらいい? P116

頼まれると雰囲気にのまれてつい『はい』と行ってしまう人は、その場で引き受けないことも大切、とあります。

「断ったら一巻の終わりなどと考えずに、自分の都合を伝えること」という捉え方も大事だなと改めて思いました。

他にも、これは参考になった、というテーマがいくつもあります。

  • 苦手な人がいるとき、どう接していますか?(P146)
  • 自分に向いてる仕事ってどうやってみつけたの?(p194)
  • 一度にあれこれ頼まれるとパニックになりそうです(p82)
  • 空調の温度、音、光が気になるとき、どうしていますか?(p158)
  • 何を話したらいいのかわからなくて、雑談が苦手です(p194)…etc

自分が会社員時代にこの本を読めなかった事が、本当に残念です。

まとめ

日本の規律正しい文化は素晴らしいですが、似たような社会構造の中で、HSPは似たような悩みを抱えやすい気がします。

だからこそ、HSP同士の知恵の共有には、とても価値を感じています。

ネットで不特定多数が意見する知恵袋を見ていると、いつもこんな風に感じました。

  • 「なんでこんな傷つく言い方をするんだろう?」
  • 「どうして本質をとらえた助言が少ないんだろう?」
  • 「ほとんどのアドバイスにモヤモヤしてしまう」

たぶんネットの世界でもHSPは少数派です。

繊細な人向けの、知恵共有の場があったら良いなと思っていたので、

『繊細さんの知恵袋』のような本が作られたことが嬉しいです。

僕個人の体験として、

  • 「いつも家族や周りの人の助言が役に立たない」
  • 「アドバイスの通りにしたのに、全然上手くいかない」
  • 「自己啓発本を読んで一時的に影響されるけど、結局自分の身にならない」

という失敗を人生で何度も重ねてきました。

このままではいけないと思って、自分で考えて行動してきたつもりですが

  • 我流を貫いても、上手くいかないことがある

というジレンマも抱えていました。だからこそ

  • 同じHSPの同志の知恵を借りたい
  • みんなどうやってるのか知りたい

と思っていました。

本書を読んで、今回改めて気づかされたのは、同じ悩みでも、対処法は1つではなく、HSPであっても人それぞれ違っていることです。

HSPと言えども、育った環境、世代の違い、今置かれている状況で、人それぞれの正解は変わってくるものです。

色々なHSPの知恵を参考にしつつも、

「自分にとってどうか?」と問いかけながら、トライアンドエラーで検証していくことが大事でしょう。

『繊細さんの知恵袋』を読めば、リアルな交流会の空気感をちょっとだけ感じることもできます。

今、仕事や職場の人間関係などで困りごとがある人は、きっと役立つヒントが見つかると思うので、読んでみてほしいです。

以上『繊細さんの知恵袋』の紹介でした。

▼本書が気になった方は商品詳細ページで他の人のレビューを参考にどうぞ

『繊細さんの知恵袋』と一緒に買うと理解が深まる武田友紀さんの関連書籍

▼『繊細さんの幸せリスト』繊細な人にとっての幸せとは何か?自己分析のヒントが満載

繊細さんの幸せリスト-武田友紀著-感想
【HSPの感想】『繊細さんの幸せリスト』は衝撃の神本だった『「繊細さん」の幸せリスト』という本を読んだ感想を、 HSPのブロガーが発信します。 『「繊細さん」の幸せリスト』は...

▼『繊細さんの本』HSPの本、最初の1冊目に推薦

繊細さんの本hspにおすすめ
【HSPが読むべき1冊】7冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」繊細過ぎる気質”HSP“の僕が、HSPの関連本を数冊読み、その中で最も推薦したい1冊『繊細さんの本』について詳しく紹介します。 ち...

▼『「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です』イラストレーターかほりさん×武田友紀さんによる、ひきこもりを捉え直し、自分の生き方を探究する過程が分かる本

hsp-hikikomori-kahori-illusutrator
【HSP×ひきこもり×イラストレーター】かほりさんの本の感想!生まれつき繊細な気質を持つHSPで、イラストレーターである、かほりさんの著書 『「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です。』 ...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です