ライフハック

一人暮らしで安いロボット掃除機でも大満足だった【感想レビュー】

ilife-robot-soujiki

人生で初めて、ロボット掃除機を購入しました。

正直、ロボット掃除機なんて

「お金持ちの道楽商品だ!」

と思っていました。笑

その一方で

「掃除にどんだけ時間を奪われてんだ!」

という気持ちもありました。

そこで口コミで評価が高かった

「ILIFE(アイライフ)」

というロボット掃除機の安いモデルを購入しました。

結果、床掃除から解放されて大満足。

この記事では、一人暮らしの男が

  • 初めてロボット掃除機を使ってみた感想
  • 買ってよかったおすすめロボット掃除機「ILIFE(アイライフ)」の使用感

について発信します。

ロボット掃除機デビュー【ILIFE(アイライフ)V3s Pro

初めてのロボット掃除機なので

「本当にきちんと動くのかな」

「ゴミをちゃんと吸い取れるかな」

というレベルで不安でした。

この「ILIFE(アイライフ)」というメーカーは知らなかったけど、価格が15000円前後と安価だったのと

通販サイトで日本語の口コミがたくさんあって、評価も高かったので、選びました。

半信半疑で使ってみましたが、1時間ほど稼働させて

ダストボックスを開けて

溜まったホコリを見て衝撃でした。

たった1時間でこんなにゴミを集めてくれたので、

買って大正解!

と確信しました。

普通の掃除機と同レベルの仕事ぶり

普通に掃除機をかけるのと同じくらい、ロボット掃除機もしっかりゴミを吸引してくれます。

ランダムに回りながら、壁際のギリギリまでゴミをかき出して、吸い込んでいきます。

僕が雑に掃除するよりはるかに丁寧です。

口コミに髪の毛は吸引しないと書く人もいましたが、全然しっかり吸引してくれます。

定期的にベッドの下にハンカチや服などを落として、ホコリまみれという惨事が起きていましたが

ロボット掃除機を導入してから、ベッド下も常に綺麗な状態です。

ホコリっぽい場所でも、ロボットなので躊躇なく突き進む姿がとても頼もしいです。

本体の裏側は下記のように、2つのブラシが付いてます。高速で回転し、ホコリをかき集めて吸引します。

ごついタイヤが付いていて、安定性もあって、1センチくらいの段差ならガンガン乗り越えていきます。

不器用なロボット

僕が買ったILIFE(アイライフ)V3s Proには3つの掃除のモードがあります。分かりやすく名付けると

  • 自動モード
  • その場でグルグル回るモード
  • 壁に沿って進むモード

最安モデルだからなのか、センサーはあるけど、たまに壁にぶつかりながら進んでいます。

傷がつくような勢いは無いですが、不器用なロボットだなと見てて思います。

痛くないけど、僕の足にもぶつかってきます。笑

人間で例えるなら

「不器用だけど、時間をかけてじっくり取り組む頑張り屋さん」

という感じで、憎めない奴です。

予約すると完全自動運転ができる

予約運転を一度設定すれば、毎日、同じ時間に完全自動で掃除してくれて、超便利です。

掃除が終わると、自分で充電スタンドまで戻るので、必要な作業はダストボックスの掃除くらいです。

逆に、予約機能が無いと、毎回手動の操作が発生して面倒だと思います。

音は、静かという訳ではないですが、僕が使ってきた3000円の格安掃除機よりも小さい音です。

朝方に設定して、ちょうどいい目覚ましににするか、家を出る時間くらいにセットしておくといいかと思います。

障害物を置かない

床に障害物があると、掃除を妨げることがあります。

アクセサリーのような小さなものを置いたり、コード類を放置していると

ロボット掃除機に吸い込まれたり、ブラシに巻き込まれて緊急停止するので注意です。

コードを巻き込んで、止まってしまいました。

リモコンのボタンを押せば元に戻るし、吸い込まれたらダストボックスから救出すれば大丈夫ですが、故障の原因に繋がりそうなので注意しています。

そのおかげで、床に物を置かない習慣が身について、それも良い感じです。

ペットみたいな愛着を感じる

アマゾンでILIFE(アイライフ)のレビューを見ていると、ロボット掃除機をペットみたいに愛着を持っている人がいて面白いです。

 

僕は1人暮らしなので、通常は自分以外に動く物体が無いです。

ロボット掃除機が動き出すと、確かにペットみたいな感覚になりました。

足にぶつかってきたりするけど、そういう所も、ペット感があります。

余談:いつか買いたい高値の花「ルンバ」

僕はロボット掃除機デビューで、その凄さを認識できたので

次のステップは、「ルンバ」の”ええヤツ”を手に入れるのが目標です。

▼気になっているルンバのええヤツはコチラ

ロボット掃除機は高性能になると

  • スマホと連携
  • AIが障害物の位置を学習する
  • 水拭き対応

などのたくさんの機能があるらしいです。

アイライフの高性能機も同じような機能があるそうです。

まあ、ルンバはブランド名で買いたいだけかも。

まとめ

初めてのロボット掃除機、買って良かったです。

ILIFE(アイライフ)の安い機種は、性能もしっかりで、口コミのお墨付きもあって、おすすめです。

僕は、ロボット掃除機で掃除の肉体的・精神的な負担を大幅に減らせました。

ベッドの下や、壁の隅っこなど、自分ではあまり手を伸ばしたくない場所を

ガンガン進んでいくコイツが好きになりそうです。

感謝を込めて、名前をつけたいくらい。

「シロ」でどうでしょうか。適当です。

アマゾンの口コミでは

「旦那より働いてくれます」

という意見を複数発見したので、よかったら見てみてください 笑

ロボット掃除機、これからもお世話になります。

以上です

 

「ココナラ」メールカウンセリング
おすすめ記事