悩み体験談

悪癖と言われる「人間関係リセット症候群」が僕には必要だった話

人間関係をゼロにリセット?
ミケ男
ミケ男
人間関係リセット症候群って知ってますか?

ある日、突然今まで築いてきた人間関係を全てリセットするその不可解な行動が、ネットで話題になっています。

どうも、人間関係リセットの常習犯ミケ男(@mikeoblog)です。

この記事では、僕の体験も交えながら「人間関係リセット症候群」について、特徴や原因、デメリット、そして、

克服しようとして、結局人間関係のリセットは必要だと思った自分について、発信していこうと思います。

▼人間関係リセットする人は、僕と同じ「HSP」の可能性があるかも

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が徹底解説!「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

人間関係リセット症候群の特徴

ある日、突然、それまで築いてきた人間関係を、全てリセットしてしまう行動、というか衝動です。

人間関係リセット症候群の症状は

  • 突然、SNSのアカウントを消す、もしくはブロックして他人との関わり遮断する。
  • アドレスを変えても、特定の人にしか通知しない
  • 卒業、転校、転勤、転職、引っ越しなど、節目のタイミングで連絡先を一気に消去する
  • 後でリセットしたことに罪悪感や後悔を感じる人もいる。

参考:ミドルシニアマガジン

「症候群」と呼ばれていますが病名では無く、分かりやすい呼び名としてネットで話題になっています。

人間関係リセットしたい人が急増中

急に人間関係をリセットする人が急増しているようです。

たまたま拝見したWEBメディアのライターさんも同じような悩みを持っていました。この人のさらけ出し具合は気持ちが良い。

人間関係をリセットしてしまう性格が災いして、Facebookの友達数はわずか10人(全て社内の人間)。

これまで、卒業アルバムの寄せ書きの欄は小学校から大学まで真っ白で、大人になるまでこの白紙のページが寄せ書き用だったと知らなかったほど。

笑うメディアクレイジー:サイトーさん

僕も人間関係リセットの常習犯。

リセット経歴を振り返ってみます。

僕がリセットしてきた過去の人間関係

小学校のトラウマ

初めてのリセットは小学三年

始めて人間関係をリセットしたのは、小学校3年生の時でした。

慣れ親しんだ大阪から三重に転校。子どもならではの適応力で、新しい学校にすぐに慣れました。そして迎えたお正月。

前の学校の友達から年賀状が届いていました。

今考えても、本当に温かい友達だったのに…嬉しいけど、新しい学校が楽しくなってきたし、もうこの先、前の友達とは会わないと思う。

今のようにSNSやネットも無かった時代です。

本当の申し訳なかったのですが、その年賀状を

「めんどくさい」と思ってしまいました。

適当に「今年もよろしくね」とだけ書いた年賀はがきを期限ギリギリに送っていました。

当然、年を重ねるごとに前の学校の友達からの年賀状は減っていきました。

これが初めての「人間関係のリセット」でした。

友達と大喧嘩して2度目の人間関係リセット

小学校で仲間外れ、1人ぼっち

転校して慣れ始めた新しい学校生活は楽しかったです。

しかし、楽しさ最優先で生きていた僕は、周りの友達の気持ちを想像できなかったことで、少しずつ反感を買うようになりました。

悪気は全然なかったのですが、友達に対してひどいことを言ったりしていました。

後ではわかりましたが、僕は5人に1人いると言われる繊細な気質を持つHSP(Highly Sensitive Person)だったため、

周りの友達との感覚の違いによって、人間関係が破綻していったようです。

▼HSPについてはコチラにまとめています

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が徹底解説!「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

一番仲の良かった友達から「仲間外れ」という報復を受けて、

「こんなに辛いなら、もう絶交するしかない。」

と2度目の人間関係リセットが発動されました。

しかし、そのリセットだけでは終わりませんでした。

今までとは違うグループの子たちと遊ぶようになっても、少しずつ周りから人が離れていくように感じました。

些細なことで喧嘩をした後に

「もうあの子とは遊びたくない」

と、再び自分から友達と距離をおくようになりました。いつしか僕は一人ぼっちになり、中学2年の時に親の仕事の都合で再び転校。

小学生〜中学校生活の人間関係が完全にリセットされました。

同じようなスパイラルは高校、大学、社会人になっても続いています。

人間関係リセットして後悔すること

リセットしたことに罪悪感を感じる時があります。いや、後悔や罪悪感を感じるからこそ、僕は記事を書いているのかもしれません。

このような時に不安になります。

アドレス帳が真っ白

真っ白になった連絡先を見て虚しくなります。

はじめはスッキリした気持ちになるけど、もしかしたら誰かが心配して連絡してくれてるかも知れないなどと妄想することもあります。

結局連絡もしないのに、連絡先だけがあるのは、あまり意味がないのかもしれないです。

気軽に街を歩けない

人間関係をリセットしたばかりの時期は、その人間関係の人と出会う可能性がある街を歩きにくくなります。

どこでリセットした相手に出会うか予想ができない。どんな顔で合えば良いのか分からない。

今でも、以前勤めていた会社の近くを通るのは避けています。

人と深く付き合うことができない

「友達がいないんだ」と言う人の話を聞くと、すごく虚しくなります。

本当に友達がいない人がここにいますよって。

友達を作る喜びよりも、好きだった友達が離れていく怖さがトラウマとして強く残っています。

心を開いた友達から仲間外れにあったり、仕返しされたり、少しずつ距離をおかれたりする、過去に感じたあのジワジワと孤独になっていく辛さを二度と味わいたくない。

ただし、僕は30歳にして、自分がHSP(Highly Sensitive Person)だと知りました。

一部の繊細な感性を持つ人とは、深い人間関係を築けるようになりました。

鈍感過ぎる人や、嫌がらせをしてくる人との関係に時間を使うのは、本当に無駄だったなと思っています。

HSPについて、詳しくは記事の最後へどうぞ。

人間関係リセットした後の罪悪感について

リセットした後で罪悪感を感じることが良くあります。その程度は、相手によって違っていました。

優しくしてくれた相手への罪悪感はある

リセットした時、僕に優しく接してくれて人に対しては、ただただ、申し訳ないと思っています。

でも、良い人たちも、きっと嫌な人とどこかで繋がっているような気がしてリセットしたくなるんです。

だったら、もう全てを切ってしまえ、と。

でも、優しくしてくれる人も、嫌な人と繋がっている場合は、もしかすると切ったほうが良いのかも、と思うこともあります。

ここは悩みどころですが、

最終的には直観で判断することが多いです。

嫌がらせを受けてきた相手に「罪悪感」はない

苦手だった人、ずっと苦しめられてきた人との関係をリセットする時は、罪悪感はありません。

むしろ「もう関わりたく無いです」と伝えたいくらいの気持ちです。

色々と悩んできたし、リセットして後悔して、やっぱりリセットしたらダメだ、と最近までずっと思っていました。

でも、やはり合わない関係は、死ぬまで合わないです。

僕は、一時期、もう生きていたくないと思っていたことがあります。

そんな時でさえ、僕に厳しい言葉をかけたり、嫌なことを言ってくる人はいました。

そういう現実があるなら、自分の命を削ってまで、合わない人と関わるなんて、バカバカしいなと思います。

人間関係リセットについて、知り合いに聞いてみた

先日、人間関係リセットについて、知り合いに聞いてみました。

今後関わりが無くなるだろう相手の連絡先を残してるかどうか。

その人は一応、連絡先は残しているそうです。

でも、実際に連絡を取り合ったり、会ってお茶したりするのは、本当に限られた数人だけらしい。

もしかすると、僕はその「本当に限られた数人」との関係までリセットしてきたのかと思うと、その部分だけは後悔はあります。

でも、間接的に嫌な人と繋がっているなら、と思うと、仕方ないと思う気持ちもあります。

繰り返される「我慢の関係」と「人間関係リセット」

色んな人とうまく関係を築くために精一杯自分を我慢して振舞ってきたような気がします。

その我慢が限界に達した時、関わる全てが嫌になって、人間関係を終わらせてきました。

●自分を偽って関わってきた人達との関係全てが嫌になる

●全てが嫌な思い出に感じて、全部削除したい衝動にかられる

●時には家族まで連絡先を消すこともある。

 

それをどうこう言われても聞く耳を持てません。どうこう言われることすら嫌だから、全てをシャットアウトするんだと、逆に背中を押されてしまう。

そうやって人間関係が繰り返しリセットされ続けました。

もう癖になっているのかも知れません。

ちなみに、僕が自分らしく振舞えない原因の一つに、5人に1人が抱える「感受性が強くて、生きづらいHSP」という気質が関係していたと分かりました。

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が徹底解説!「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

そもそも、親友は5人までしかできない

イギリスの人類学者ロビン・ダンバーによれば、人間の脳のキャパ的に本当に親しい関係は5人までしか築けないらしいです。

消してしまった人間関係の中に、親しくなれたはずの5人がいたのかもしれません。

まずとても親しい5人程度のコアな関係があり、それから少し親しさが薄れた10人、さらに親しさが薄くなると35人程度、そしてその外側に100人が存在していると。

引用:GIZMODO

参考:wikipedia ダンバー数 

人間関係は進化しない

そもそも人間関係とは何か、wikipediaで調べていると、

「古代から現代まで人類の人間関係スキルは進歩が無い」

という興味深い話を知りました。

大昔の人、例えば古代ギリシャ人による人間関係の描写の中には、現代人が読んでも、まるで今日の人間関係のことのように思えるようなものが多々ある。

引用:wikipedia 人間関係

人間関係は古代からほとんど進歩していないらしいです。

それはつまり、人間関係の問題というのがある意味、進歩が無い、いわば「永遠の問題」だということを示している。

引用:wikipedia 人間関係

古代から現代まで、人間関係の問題は進歩がない。

人間関係は答えのない「永遠の問題」らしいです。

なめられる人なめられやすい人の改善と対処
【改善不要】なめられる人の性格・特徴・原因に当事者が思うことなめられやすい人の「特徴」「性格」「原因」は何でしょうか? 僕はこれまでの人生で、学校、バイト先、職場で年上、年下に関係無...

独りよがりだけど、色々考えてきた

小学校の親友との喧嘩

1人よがりですが、あれこれ考えていました。

自分もリセットされて辛かったことはある

高校から大学に上がる時、アドレス帳をリセットしました。

全てではないけれど、適当に連絡先を残す人と残さない人を決めました。

残そうと思った人だけに新しい連絡先を送った時に、「このアドレスは使われていません」とエラーが帰ってきた時、結構ショックでした。

しかし、ショックに感じる人もいれば、そうでない人もたくさんいるんですよね。

大人になって、それが分かってきました。

まとめ

人間関係とは、人類の永遠の悩みです。

人間関係をリセットしたくて連絡先を消したり、遮断したり、逃れようとしても、結局は人間関係の中で生きていかないといけない。

外国に行って違う価値観に触れても、そこにはきっと人間関係があります。

田舎に行っても、都会に行っても、何かしらの人間関係の中で生きていく宿命を背負っています。

人間関係からは死ぬまで逃れられない、リセットできないみたいです。

親友になるはずだった5人に対して、僕はリセットを試みて傷つけてきたと思うと、すごくもったいなかったと後悔しています。

人間関係リセット症候群を考察する中で、理解することができました。

  • 嫌いな関係のために、全ての人間関係をリセットしなくて良かった。
  • 街を歩きづらくなる原因を自分から作らなくても良かった。
  • 深く付き合えた人と出会えたかも知れなかった。

悩みは尽きませんが、次に「リセットの衝動」を感じた時に、今回の学びを役立てていきたいと思います。

追記)僕はこの記事を書いた1年後に、フェイスブックのアカウントを削除しました。

リセットを重ねてきた僕ですが、自分が「HSP」という5人に1人が持つ刺激に敏感なタイプの人間であることを知りました。

HSP(Highly Sensitive Person)は、生まれつきなので、治すことも克服することもできないです。というよりも、治したり、克服する必要などないと知りました。

僕は、世の中の2割しかいない、繊細なタイプの人間だと理解することができて、人間関係リセットは僕には必要だったと悟りました。

HSPの本によると、HSPの人が自分らしく素直に生きようとすると「人間関係の入れ替わり」が起きるそうです。

僕は、自分とは合わない人とばかり繋がってしまっているフェイスブックのアカウントを、信念をもって、削除しました。

新しいアカウントでは、HSPという同じ気質を持った繊細な人とたくさん繋がる、リセットしたくない関係を深く築いていきたいと思います。

最近はTwitterで同じHSPの人との交流が活発で、やっと自分にも心触れ合える友達ができるかも、と期待しています。

 

▼HSP(Highly Sensitive Person)について

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が徹底解説!「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

 

▼人から「なめられやすい」僕の人生戦略

なめられる人なめられやすい人の改善と対処
【改善不要】なめられる人の性格・特徴・原因に当事者が思うことなめられやすい人の「特徴」「性格」「原因」は何でしょうか? 僕はこれまでの人生で、学校、バイト先、職場で年上、年下に関係無...

 

▼悩んできた「怒鳴られる」人間関係

怒鳴られる恐怖トラウマを克服
【怒鳴ることは暴力!】僕がPTSDに繋がるトラウマを克服した体験談 どうも、繊細過ぎるブロガーミケ男(@mikeoblog)です。 僕は過去に怒鳴られることを何度も体験して傷つきトラウマを抱...
繊細・敏感・生きづらい「HSP」とは??

HSPは5人に1人が持つ気質で、このような特徴があります。

  • 5感(光、音、臭い、カフェイン等)が敏感
  • 感受性が強く、傷つきやすい
  • 人間関係で消耗し、人込みや集団が苦手
  • 音楽や芸術に心を惹かれる
  • 病気ではないのにいつも生きづらい

生きづらさの理由はHSPかも…と思ったらコチラの記事で診断チェックができます。

HSPについて詳しくはコチラ>>「HSP」とは?超繊細な当事者が教える特徴・診断・対処法まとめ

手っ取り早くHSPのオススメ本が知りたい人は「繊細さんの本」を、自信を持って推薦します。

参考記事:【HSPが読むべき1冊】7冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」

気になる関連記事

POSTED COMMENT

  1. ミケ男 ミケ男 より:

    迷える子羊さん

    たくさん記事を読んでいただいてありがとうございます。

    泣かせてしまってすみませんでした(笑)

    迷える子羊さんが経験している苦しみや不安感もしっかりと向き合うことで

    未来の自分を助ける経験になると思います。

    かけがえのない経験です。

    今、自己肯定感が低いと認識できているなら、

    きっとこれからどうしたら自分を肯定できるのか、

    自分だけの答えにたどり着けるはずです。

    何か、自分が後悔することがあったとしたら、それは次に後悔しないための大切な大切な経験値になるでしょう。

    そして、それは迷える子羊さんが、自分でそう感じて、理解して、次につなげるからこと意味があると思います。

    この記事な何かの良いきっかけになれば嬉しいです。

  2. アバター 迷える子羊 より:

    ミケ男さんお返事ありがとうございます。

    そして只今失恋真っ只中です。
    振って振られるということをしてしまいます。
    これも自己肯定感の低さから、自分から離れさせる言動をしておきながら、相手がわかったと納得し離れてしまうと、本当は違うんだと本音を伝えるがもう手遅れって状態になります。
    自分でも疲れます。
    今日は沢山泣きますね 笑

  3. ミケ男 ミケ男 より:

    悩める子羊さん

    僕も人間関係を大切にした時期がありました。

    正確に言うと、自分が好きでない人との人間関係まで大切にしてきた、ということかもしれません。

    苦手な人間関係はエネルギーも消耗させられて、全てが嫌になってしまうんですよね。

    大切にすべきだったところを、素直に大切にしていきたい、そうでないと人とはほどほどに、というのが人間らしいと僕は今のところ思っています。

    素敵な人間関係が築けると良いですね^_^応援しております。

  4. アバター 悩める子羊 より:

    こんばんは。
    人間関係をリセット。
    私も何度かやってきました。
    されることも多々ありました。
    人間関係をとても大事にし、ご縁を大事にしていた時期もあったし、それが自分の良さだと思っていました。
    自己肯定感の低さからくる、自分から離れてしまうことが特に多いです。
    大切な人まで失ったことも沢山。
    友人が沢山いて、うまいこと関係を作っている人が羨ましいです。

  5. ミケ男 ミケ男 より:

    通りすがりの名無しさん

    コメントありがとうございます。

    ご両親と、通りすがりの名無しさんとは、物事の感じ方が少し違うのかもしれませんね。

    僕はずっと帰宅部だったので、そういう時にどうしたらいいのか、

    あまり具体的なアドバイスは難しいかもです。。。

    吹奏楽をこのまま続けたいかどうかは結構大切かなと思います。

    興味の無いことをやり続けるのは人間苦痛ですし、我慢し続けると、

    本当に自分が好きなことにも気づけないかもしれません。

    ただ、在学中はできれば続けたいという考えがあるのですよね。

    僕が思うのは、通りすがりの名無しさんなりに、

    「こうしたら、上手くいくんじゃないか」ということを、

    実際に色々と試してみると良いのかなと思います。

    なぜなら、通りすがりの名無しさんが自分で考えて、

    やってみて、失敗か成功か、何かしらの結果が出て、

    その積み重ねが、経験値になっていくからです。

    他の人がやっているのを見ても意味がなくて、

    やっぱり自分で考えて、やってみて、体感してみてそれを経験として覚えておくと良いのかなと思います。

    いつの日か、今回と似たような状況を経験するかもしれません。

    その時に、あの時は、あんなふうに考えて、あんなふうに行動したんだよな、

    で、結果はこうだったから、今回はこうしてみようかな…

    という自分だけの経験があると、これから絶対に役に立つと思います。

    例えばですが、

    「何を言われてもいつも通り部活に取り組む」
    「嫌なことは絶対に引き受けない」
    「しつこかったら、黙る、もしくは大げさにおこる」
    「ラインも意地でも入らない」

    とか、自分なりにいい結果になりそうなことを、いろいろ試してみて、

    自分に合った対処法を見つける機会にしてはいかがでしょうか。

    色々と書き込んでしまいましたが、具体的なアドバイスになってませんが、

    何かしらの参考になれば、幸いです。

  6. アバター 通りすがりの名無し より:

    ミケ男さんの記事、初めて拝見致しました。
    少し元気をいただきました。
    私もなめられてるようなので少し話をさせてください。
    先日部活の発表で、面白いから、と主役に立たされそうになったので断ると、良いように持ち上げられて、一方的に「頼むよ」と言われてしまいました。
    嫌で仕方なかったので当日は欠席、LINEのグループも抜けました。
    すると今度はもう一度招待され、部長からは物凄い剣幕で「早く入れ」と言われ続けています(しかもよりによって吹奏楽部なので周りは女子ばかり、気づいてくれている人は居るのでしょうがノータッチです)。
    もうすっかり関係をリセットしたいところですが、在学中に辞める訳にもいかず困っています。
    親にも「被害妄想だ、思いこみだ」と言われ、もういったい何をすればいいのでしょうか。
    不満の捌け口にしたようなコメントで申し訳ありません。ですが、良ければお言葉頂ければ幸いです。

  7. ミケ男 ミケ男 より:

    村松さん

    いつもコメントありがとうございます。

    共感してもらえて嬉しいです。

    昔の自分を覚えていてくれる人、気にしてくれる人の存在は温かいですよね。

    なるほど、確かに考えすぎても、答えなんてないですし、考え過ぎるサイクルにハマると危険だなと思います。

    もしかすると結論は人それぞれ、色々ってことかもしれません。

    この記事は、リセットしてしまう自分が、何度もリセットしないためのブレーキになるように書いたんです。

    でも、リセットの衝動は未だに感じます。笑

  8. アバター 村松慧 より:

    僕もリセットは思い当たることがたくさんあります。連絡しないなと思ったら、大概消してしまいますね。
    ただ、連絡先を知らなくても、覚えてくれている人とか、昔から変わらず思ってくれている人とか、そんな人に会ったときは、連絡先ってなんなのかなあと思ったりします。
    出会ったり離れたり、変わるものだから、考えすぎると疲れてしまうと思ってます(笑)
    100人以上の知り合いと、ライフイベントに関わる形で、交友関係持ち続ける人もいるらしいですし、色々ですよね、本当に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。