悩みごと

【人間関係リセット症候群】人から理解されない僕の悪癖について

人間関係をゼロにリセット?

ある日、突然今まで築いてきた人間関係を全てリセットする

どうも、人間関係リセットの常習犯繊細ブロガーミケ男です。

この記事では、「人間関係リセット症候群」について、

特徴や原因、デメリット、そして、克服しようとして、結局人間関係のリセットは必要だと思った自分について発信します。

人間関係リセット症候群の特徴

ある日、突然、それまで築いてきた人間関係を、全てリセットしてしまう行動、というか衝動です。

人間関係リセット症候群の症状は

  • 突然、SNSのアカウントを消す、もしくはブロックして他人との関わり遮断する。
  • アドレスを変えても、特定の人にしか通知しない
  • 卒業、転校、転勤、転職、引っ越しなど、節目のタイミングで連絡先を一気に消去する
  • 後でリセットしたことに罪悪感や後悔を感じる人もいる。

参考:ミドルシニアマガジン

「症候群」と呼ばれていますが病名では無く、分かりやすい呼び名としてネットで話題になっています。

人間関係リセットしたい人が急増中

急に人間関係をリセットする人が急増しているようです。

たまたま拝見したWEBメディアのライターさんも同じような悩みを持っていました。この人のさらけ出し具合は気持ちが良い。

人間関係をリセットしてしまう性格が災いして、Facebookの友達数はわずか10人(全て社内の人間)。

これまで、卒業アルバムの寄せ書きの欄は小学校から大学まで真っ白で、大人になるまでこの白紙のページが寄せ書き用だったと知らなかったほど。

笑うメディアクレイジー:サイトーさん

僕も人間関係リセットの常習犯。

リセット経歴を振り返ってみます。

僕がリセットしてきた過去の人間関係

小学校のトラウマ

初めてのリセットは小学三年

始めて人間関係をリセットしたのは、小学校3年生の時でした。

慣れ親しんだ大阪から三重に転校。子どもならではの適応力で、新しい学校にすぐに慣れました。そして迎えたお正月。

前の学校の友達から年賀状が届いていました。

今考えても、本当に温かい友達だったのに…嬉しいけど、新しい学校が楽しくなってきたし、もうこの先、前の友達とは会わないと思う。

今のようにSNSやネットも無かった時代です。

本当の申し訳なかったのですが、その年賀状を

「めんどくさい」と思ってしまいました。

適当に「今年もよろしくね」とだけ書いた年賀はがきを期限ギリギリに送っていました。

当然、年を重ねるごとに前の学校の友達からの年賀状は減っていきました。

これが初めての「人間関係のリセット」でした。

友達と大喧嘩して2度目の人間関係リセット

小学校で仲間外れ、1人ぼっち

転校して慣れ始めた新しい学校生活は楽しかったです。

しかし、楽しさ最優先で生きていた僕は、周りの友達の気持ちを想像できなかったことで、少しずつ反感を買うようになりました。

悪気は全然なかったのですが、友達に対してひどいことを言ったりしていました。

一番仲の良かった友達から「仲間外れ」という報復を受けて

「こんなに辛いなら、もう絶交するしかない。」

と2度目の人間関係リセットが発動されました。

しかし、そのリセットだけでは終わりませんでした。

今までとは違うグループの子たちと遊ぶようになっても、少しずつ周りから人が離れていくように感じました。

些細なことで喧嘩をした後に

「もうあの子とは遊びたくない」

と、再び自分から友達と距離をおくようになりました。いつしか僕は一人ぼっちになり、中学2年の時に親の仕事の都合で再び転校。

小学生〜中学校生活の人間関係が完全にリセットされました。

同じようなスパイラルは高校、大学、社会人になっても続きました。

人間関係リセットして後悔すること

リセットしたことに罪悪感を感じる時があります。いや、後悔や罪悪感を感じるからこそ、僕は記事を書いているのかもしれません。

このような時に不安になります。

アドレス帳が真っ白

真っ白になった連絡先を見て虚しくなります。

はじめはスッキリした気持ちになるけど、もしかしたら誰かが心配して連絡してくれてるかも知れないなどと妄想することもあります。

結局連絡もしないのに、連絡先だけがあるのは、あまり意味がないのかもしれないです。

気軽に街を歩けない

人間関係をリセットしたばかりの時期は、その人間関係の人と出会う可能性がある街を歩きにくくなります。

どこでリセットした相手に出会うか予想ができない。どんな顔で合えば良いのか分からない。

今でも、以前勤めていた会社の近くを通るのは避けています。

人と深く付き合うことができない

「友達がいないんだ」と言う人の話を聞くと、すごく虚しくなります。

本当に友達がいない人がここにいますよって。

友達を作る喜びよりも、好きだった友達が離れていく怖さがトラウマとして強く残っています。

心を開いた友達から仲間外れにあったり、仕返しされたり、少しずつ距離をおかれたりする、過去に感じたあのジワジワと孤独になっていく辛さを二度と味わいたくないと思いました。

だから、避けられたと思ったら、全人生を否定されたくらい落ち込んでしまう。

時に好きな人にさけられたら、そうなってしまいました。

人間関係リセットした後の罪悪感について

リセットした後で罪悪感を感じることが良くあります。その程度は、相手によって違っていました。

優しくしてくれた相手への罪悪感はある

リセットした時、僕に優しく接してくれて人に対しては、ただただ、申し訳ないと思っています。

でも、良い人たちも、きっと嫌な人とどこかで繋がっているような気がしてリセットしたくなるんです。

だったら、もう全てを切ってしまえ、と。

でも、優しくしてくれる人も、嫌な人と繋がっている場合は、もしかすると切ったほうが良いのかも、と思うこともあります。

ここは悩みどころですが、

最終的には直観で判断することが多いです。

嫌がらせを受けてきた相手に「罪悪感」はない

苦手だった人、ずっと苦しめられてきた人との関係をリセットする時は、罪悪感はありません。

むしろ「もう関わりたく無いです」と伝えたいくらいの気持ちです。

色々と悩んできたし、リセットして後悔して、やっぱりリセットしたらダメだ、と最近までずっと思っていました。

でも、やはり合わない関係は、死ぬまで合わないです。

僕は、一時期、もう生きていたくないと思っていたことがあります。

そんな時でさえ、僕に厳しい言葉をかけたり、嫌なことを言ってくる人はいました。

そういう現実があるなら、自分の命を削ってまで、合わない人と関わるなんて、バカバカしいなと思います。

人間関係リセットについて、知り合いに聞いてみた

先日、人間関係リセットについて、知り合いに聞いてみました。

今後関わりが無くなるだろう相手の連絡先を残してるかどうか。

その人は一応、連絡先は残しているそうです。

でも、実際に連絡を取り合ったり、会ってお茶したりするのは、本当に限られた数人だけらしい。

もしかすると、僕はその「本当に限られた数人」との関係までリセットしてきたのかと思うと、その部分だけは後悔はあります。

でも、間接的に嫌な人と繋がっているなら、と思うと、仕方ないと思う気持ちもあります。

繰り返される「我慢の関係」と「人間関係リセット」

色んな人とうまく関係を築くために精一杯自分を我慢して振舞ってきたような気がします。

その我慢が限界に達した時、関わる全てが嫌になって、人間関係を終わらせてきました。

●自分を偽って関わってきた人達との関係全てが嫌になる

●全てが嫌な思い出に感じて、全部削除したい衝動にかられる

●親や家族の連絡先も消したことがある。

 

それをどうこう言われても聞く耳を持てません。どうこう言われることすら嫌だから、全てをシャットアウトするんだと、逆に背中を押されてしまう。

そうやって人間関係が繰り返しリセットされ続けました。

もう癖になっているのかも知れません。

そもそも、親友は5人までしかできない

イギリスの人類学者ロビン・ダンバーによれば、人間の脳のキャパ的に本当に親しい関係は5人までしか築けないらしいです。

消してしまった人間関係の中に、親しくなれたはずの5人がいたのかもしれません。

まずとても親しい5人程度のコアな関係があり、それから少し親しさが薄れた10人、さらに親しさが薄くなると35人程度、そしてその外側に100人が存在していると。

引用:GIZMODO

参考:wikipedia ダンバー数 

人間関係は進化しない

そもそも人間関係とは何か、wikipediaで調べていると、

「古代から現代まで人類の人間関係スキルは進歩が無い」

という興味深い話を知りました。

大昔の人、例えば古代ギリシャ人による人間関係の描写の中には、現代人が読んでも、まるで今日の人間関係のことのように思えるようなものが多々ある。

引用:wikipedia 人間関係

人間関係は古代からほとんど進歩していないらしいです。

それはつまり、人間関係の問題というのがある意味、進歩が無い、いわば「永遠の問題」だということを示している。

引用:wikipedia 人間関係

古代から現代まで、人間関係の問題は進歩がない。

人間関係は答えのない「永遠の問題」らしいです。

なめられる人なめられやすい人の改善と対処
【改善不要】なめられる人の性格・特徴・原因に当事者が思うことなめられやすい人の「特徴」「性格」「原因」は何でしょうか? 僕はこれまでの人生で、学校、バイト先、職場で年上、年下に関係無...

独りよがりだけど、色々考えてきた

小学校の親友との喧嘩

1人よがりですが、あれこれ考えていました。

自分もリセットされて辛かったことはある

高校から大学に上がる時、アドレス帳をリセットしました。

全てではないけれど、適当に連絡先を残す人と残さない人を決めました。

残そうと思った人だけに新しい連絡先を送った時に、「このアドレスは使われていません」とエラーが帰ってきた時、結構ショックでした。

されたら辛いなぁ、という気持ちもすごく分かる。

僕はショックだったけど、リセットする人の中には、何の感情もなく、ただリセットする人もいたりするので

色々なんだろうなと思います。

まとめ

人間関係とは、人類の永遠の悩みです。

人間関係をリセットしたくて連絡先を消したり、遮断したり、逃れようとしても、結局は人間関係の中で生きていかないといけない。

外国に行って違う価値観に触れても、そこにはきっと人間関係があります。

田舎に行っても、都会に行っても、何かしらの人間関係の中で生きていく宿命を背負っています。

人間関係からは死ぬまで逃れられない、リセットできないみたいです。

親友になるはずだった5人に対して、僕はリセットを試みて傷つけてきたと思うと、すごくもったいなかったと後悔しています。

人間関係リセット症候群を考察する中で、理解することができました。

  • 嫌いな関係のために、全ての人間関係をリセットしなくて良かった。
  • 街を歩きづらくなる原因を自分から作らなくても良かった。
  • 深く付き合えた人と出会えたかも知れなかった。

悩みは尽きませんが、次に「リセットの衝動」を感じた時に、今回の学びを役立てていきたいと思います。

 

おすすめ記事