繊細な人

ムリして「親に感謝」しなくていい理由!幸福な神親子たちが僕らを傷つける

 

「親に感謝しなさい」という言葉にモヤモヤする全ての人のためにこの記事を書きました。

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

大学の頃「親に感謝していない」とmixiで日記を書いたら、

ずっと気に入ってもらってた人に

「本気で言ってんのか!」

と怒りのコメントをもらったことがあります。

就職先の採用担当者に

「初任給は親に何かごちそうしなさい!」

と言われてごちそうして、親も喜んでくれたんですが、僕はまだモヤモヤしています。

たまに、有名人が「親に感謝できないヤツはダメ」みたいに言いますけど、僕は俄然モヤっとします。

なんでだろう、なんでそんなに親に感謝できるのか、逆になんで僕は親に感謝できないのか、ずっと疑問でした。

今回は、この親不孝者の僕が、無理して親に感謝しなくてもいい圧倒的理由を発見したので、

このモヤモヤする世界に発信していきたいと思います!

「親に感謝しろ」が辛い人がいる理由

「親」という言葉の一般化がその理由です。

全部同じ「親」です。

  • 家庭内で暴力を振るうAさんも「親」
  • サラリーマンのBさんも「親」
  • 大富豪、資産家、巨万の富を築いたCさんも「親」
  • 離婚後、女手ひとつで娘を育てたDさんも「親」
  • 進路は子どもの気持ちよりコスパ重視してきたEさんも「親」

全部同じ「親」です。しかし、僕たちが「親は○○」と会話するときに、それぞれが思い浮かべるのは「自分の親」ということに気づきました。

「親に感謝しろ」と言われて、モヤモヤする人がいる理由は、単純に親の一般化が原因でした。

「親に感謝」の風潮が、運悪くひどい親を持った人を傷つける

親に感謝していない・できない理由親という言葉を取っ払って、一度考えてみましょう。

世の中には色々な人がいて、価値観も様々です。

中には恐ろしい人、怖い人、ずるい人もいます。

それは、誰でも知っていることです。

ならば、それぞれが、親になった時に、

全部一緒に「親」とひとくくりにしちゃマズいと思いませんか?

子どもの時に虐待されて罵倒されて育った人に「親に感謝できないヤツはダメだ」なんて言葉は恐ろしい。

言葉のままに受け取るな、と言ったら身も蓋も無いですけど、インターネットやSNSでは言葉が1人歩きしやすいので、注意すべきだなと思います。

自分の親への感謝が強い人は、親に感謝できない人に腹が立つ

親に感謝していない・できない人の心理

 

私は親にすごくすごく感謝している、親のおかげで生きていられる、親に感謝したから今がある、幸せになった、それを知ってほしい

育ててくれた親への感謝を忘れないことは、とても大切なことです。中には、親にすごく愛情を注いでもらって、心の底から感謝している人もたくさんいると思います。それを否定する気はまったくありません。

でもそれは「その人の親」のことです。

 

「親」=「それぞれの親」

この世界に生んでもらったことには感謝しよう

神のように素晴らしい親、友達のように親しめる親、尊敬できる親、ばかりじゃない。

自分で文章を書いていても、また錯覚を起こします。

「親」と書くと、自動的に自分の親の顔が浮かびます。

「親」=「自分の親」の脳内処理は恐ろしく早いです。

「親に感謝しろ」という人へ

「親に感謝しなさい」という人は、もうちょっと言葉の不完全さ、怖さにぜひ気づいてほしいです。

「私は親にすごく感謝している。」

それで十分なのかなと僕は思います。

もし、全ての人に当てはまるような親に感謝することがあるなら、生んでくれたこと、この世で生きていけていることでしょう。

 

僕も親に感謝していることはあります。

「生んでくれたこと、おいしいごはんを食べさせてくれたこと、この世で生きていけること」

書いてみると他にもたくさんありますが、この辺にしておきます。

薄情者かもしれませんが、「親に感謝しろ」はあまり好きではありません。

僕がこの記事で伝えたいことは、親の愛情は子どもを救いますが、愛情が薄かったり伝わってなかったりすると、子どもを苦しめることもあります。

親の愛は子どもにとって生きる希望になるんだということ、それが伝われば嬉しいです。

 

感謝されるかどうかは、注いだ愛情で決まるのではないでしょうか?

 

本に救われたミケ男の人生【読書で人生変わった】

ブロガーの僕ミケ男は本に救われてきたというお話。

幼少期からのトラウマで

小学校では転校先で仲間外れ

中学では友達と会話が続かず

上下関係や大人が嫌で友達すら怖くなりました

大人になって引きこもりになってしまったり

1人ぼっちの時期が多かったです

そんな僕なので

生きているのが嫌になった夜なんて

数えきれなかったけど

人生はこんなもんじゃない

いつかきっと夢は叶うし

いつかきっと仲間ができる

どんな夢も叶う

目標も達成できる

人生は自分で変えられる

いつか大切な人と出会える

希望だけは捨てずに

今も生きている理由は

素晴らしい本にたくさん出会えたからです。

人に悩みを相談してもスッキリしないどころか

距離を置かれたり、そんなことで悩むなと突き放されたりした

でも、ずっと本だけは僕の味方でいてくれた

だから、僕と同じような悩みを抱えている人には

素敵な本にたくさん出会ってほしいです。

今の時代、スマホでも簡単に本が読めます。

ブログの文章も図解も生き方も考え方も

全部本に教わりました。

僕には、1人1人の悩みや苦しみを解決できません。

でも、たくさんの先人が悩み苦しみもがいて生み出した本に

救いになり希望になるヒントがあるはずです。

僕と同じように、悩んできて今苦しい人がいるはずです。

自分と向き合って、自分らしく生きたい人もいると思います。

僕はこの繊細革命というブログに来てくれた全ての人に

読書をおすすめします。

素敵な本と出会って、素敵な人生にしましょう。

そんなきっかけになれらたら嬉しいです。

▼お気に入りの本をまとめた記事です。

20代後半におすすめの本12選アイキャッチ
【厳選12冊】20代後半までに読むべきおすすめ本 名著も選外!女子禁制かも選ばなかった有名本は『 金持ち父さん 貧乏父さん』『ユダヤ人大富豪の教え』『7つの習慣』『生き方』『神・時間術』など多数。(※選外理由は...

▼【無料体験30日間】僕も使ってる”聞く読書”オーディブルは多読におすすめ!

▼【無料体験30日間】電子書籍読み放題キンドルアンリミテッド。キンドル端末とセットならお風呂で本が読める!

▼アマゾンで人気のキンドル端末はこちら

▼本の大切なところだけを読める!本の要約サービス登場。


ミケ男とは
プロフィール繊細な人を笑顔にする未来の起業家 どうも、繊細革命を運営しているミケ男です。 ミケ男(MIKEO) 198...
気になる関連記事

POSTED COMMENT

  1. ミケ男 より:

    JHさん

    いつもコメントありがとうございます。

    過去記事でもコメントどんどんしてください。このブログのコメントの大半は1年以上前の記事ですので 笑

    JHさんの気持ち、僕も良く分かります。

    親は別に悪気がある訳ではなさそうなんですが、

    「これが絶対に正しい」ということと「子どもは無知で間違っている、後からその大切さがわかる」ということを、

    何の疑いもなく突き付けてくることがあります。

    僕の母親も、僕の結婚資金のために貯金していると言いながら、

    月4万円の家賃すら払えないほど精神的にも金銭的にも苦しい時を知っていて、手を差し伸べてくれない、ということがありました。

    実家に帰ると結婚してと言われるようになってきて、仕事でメンタル限界の時でさえ、そういう言葉を投げかけられたりしました。

    完全に、家庭によるし、人によりけりですが、

    大切な人が直面している問題の本質を見極めず、話を聞こうともせず、

    自分の知っていることの範囲で思考停止している限りは、なかなか分かり合えることは無いと思っています。

    そして、それは別に社会的に立派だとかは全然関係なくて、

    人間としてどう生きてきた人なのか、という問題でもあります。

    良い人でなくても、社会的には成功できてしまうのが現実なので…

    「親不孝」という言葉はそもそもおかしいですよね。

    親を幸せにするために生きてるんじゃない。

    自分が幸せになるためにまず生きている。

    親もそうだったはずなのに、、、世間体が最優先になってしまうんですよね。

    余裕がでてきて、初めて人を幸せにできるんだと思います。

    僕らに出来ることは、自分たちの世代で負の連鎖を止めることかなと考えています。

    何が正しいとか間違ってるとかは、多数決でなく、自分の心で決めて良いと思っています。

    JHさん、コメントありがとうございました。

  2. JH より:

    随分前の記事にコメントしてしまいますが。笑

    私は親に感謝することが全くできません。
    私が小さな頃から、彼らは本質的な問題解決よりも周囲の人間への体裁を大切にしてきました。
    「お前は◯◯だから、▲▲をしてはダメ、××もダメ・・・」
    そのように抑圧され、さらには罵倒されて生きたために私は失敗が許されず、何にも興味関心を持たない、本当に退屈な人間に育ってしまいました。

    本当に強い人間は何の影響にも惑わされず自ら成功するそうですが、
    私はそうはなれませんでした。
    自分自身の熱意を感じたり、何にでも挑戦するようになったのは、親元を離れて長く経ち、20代も後半になった頃です。

    結婚の時も、「式をしたり、ドレスを着て見せてあげないなんて親不孝だよ!」なんて言われたりもしましたが、本当にめんどくさかったですね。
    彼らは自分の親が素晴らしい、そして自分が幸せだからというだけで、周囲の人間が皆そうだと思っているようです。
    視界に存在しないことは、世の中に存在していないこと なのでしょう。
    そのような狭い視野も含めて、私には全く理解が及びません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ