ムリして「親に感謝」しなくていい理由!幸福な神親子たちが僕らを傷つける

「親に感謝しなさい」という言葉にモヤモヤする全ての人のためにこの記事を書きました。

どうも、繊細過ぎるブロガーのミケ男(@mikeoblog)です。

大学の頃「親に感謝していない」とmixiで日記を書いたら、

ずっと気に入ってもらってた人に

「本気で言ってんのか!」

と怒りのコメントをもらったことがあります。

就職先の採用担当者に

「初任給は親に何かごちそうしなさい!」

と言われてごちそうして、親も喜んでくれたんですが、僕はまだモヤモヤしています。

たまに、有名人が「親に感謝できないヤツはダメ」みたいに言いますけど、僕は俄然モヤっとします。

なんでだろう、なんでそんなに親に感謝できるのか、逆になんで僕は親に感謝できないのか、ずっと疑問でした。

今回は、この親不孝者の僕が、無理して親に感謝しなくてもいい圧倒的理由を発見したので、

このモヤモヤする世界に発信していきたいと思います!

「親に感謝しろ」が辛い人がいる理由

「親」という言葉の一般化がその理由です。

全部同じ「親」になる

家庭内で暴力を振るうAさんも「親」

サラリーマンのBさんも「親」

大富豪、資産家、巨万の富を築いたCさんも「親」

離婚後、女手ひとつで娘を育てたDさんも「親」

進路は子どもの気持ちよりコスパ重視してきたEさんも「親」

全部同じ「親」です。しかし、僕たちが「親は○○」と会話するときに、それぞれが思い浮かべるのは「自分の親」ということに気づきました。

「親に感謝しろ」と言われて、モヤモヤする人がいる理由は、単純に親の一般化が原因でした。

「親に感謝」の風潮が、運悪くひどい親を持った人を傷つける

親に感謝していない・できない理由

親という言葉を取っ払って、一度考えてみましょう。

世の中には色々な人がいて、価値観も様々です。

中には恐ろしい人、怖い人、ずるい人もいます。

それは、誰でも知っていることです。

ならば、それぞれが、親になった時に、

全部一緒に「親」とひとくくりにしちゃマズいと思いませんか?

子どもの時に虐待されて罵倒されて育った人に「親に感謝できないヤツはダメだ」なんて言葉は恐ろしい。

言葉のままに受け取るな、と言ったら身も蓋も無いですけど、インターネットやSNSでは言葉が1人歩きしやすいので、注意すべきだなと思います。

自分の親への感謝が強い人は、親に感謝できない人に腹が立つ

親に感謝していない・できない人の心理

 

私は親にすごくすごく感謝している、親のおかげで生きていられる、親に感謝したから今がある、幸せになった、それを知ってほしい

育ててくれた親への感謝を忘れないことは、とても大切なことです。中には、親にすごく愛情を注いでもらって、心の底から感謝している人もたくさんいると思います。それを否定する気はまったくありません。

でもそれは「その人の親」のことです。

 

「親」=「それぞれの親」

この世界に生んでもらったことには感謝しよう

神のように素晴らしい親、友達のように親しめる親、尊敬できる親、ばかりじゃない。

自分で文章を書いていても、また錯覚を起こします。

「親」と書くと、自動的に自分の親の顔が浮かびます。

「親」=「自分の親」の脳内処理は恐ろしく早いです。

「親に感謝しろ」という人へ

「親に感謝しなさい」という人は、もうちょっと言葉の不完全さ、怖さにぜひ気づいてほしいです。

「私は親にすごく感謝している。」

それで十分なのかなと僕は思います。

もし、全ての人に当てはまるような親に感謝することがあるなら、生んでくれたこと、この世で生きていけていることでしょう。

 

僕も親に感謝していることはあります。

「生んでくれたこと、おいしいごはんを食べさせてくれたこと、この世で生きていけること」

書いてみると他にもたくさんありますが、この辺にしておきます。

薄情者かもしれませんが、「親に感謝しろ」はあまり好きではありません。

 

色んな親がいるんです!

 

2018年8月のyahooニュース記事にて、サヘル・ローズさんのいじめに遭った過去についての記事を読みました。彼女のように親に救われた人のエピソードを聞くと、自分が書いた記事を「公開」から「下書き」に戻したくなりました。(というか、実際に一瞬未公開にしました)

しかし、僕がこの記事で伝えたいことは、サヘルさんの親のように本当に素晴らしい、愛情深い親もいるし、残念ながらそうでない親もいるということです。

親の愛情は子どもを救いますが、愛情が薄かったり伝わってなかったりすると、子どもを苦しめることもあります。

親の愛は子どもにとって生きる希望になるんだということ、それが伝われば嬉しいです。

「自分のために全てを捨てて生きた母がこんなに年老いている、そして自分はその母にまだ何も恩返しができていない。それなのに“死にたい”と考えて、なんて身勝手なんだ」と。そして「お母さんを幸せにするために生きたい」と生きる希望を取り戻します。その後も続くいじめをこの決意を支えに乗り切ったのです。

親がいない、家がない、それよりも辛いこと~学校に行きたくないあなたへサヘル・ローズさんのメッセージ~

以上です

byミケ男