寝れなくて辛い時、いつも違う寝間着が原因かも

寝つけない夜、容赦なく過ぎる時間、時計はもう朝3時過ぎ、しばらくして窓がうっすら明るくなり始めると、僕の気分は憂鬱で真っ暗に。朝5時過ぎにやっと眠りについたけど、7時起き、、

 

泣けてくる。

 

寝つけない中で僕は考えました。

 

「寝つけない原因は絶対に突き止めてやる」と。

 

もがくベッドでハッと気がつきました。

 

原因はインナーだと。

眠れなかった原因は、就寝時いつも着ているものと異なるインナーを着用していたこと。

 

この日は、いつもと違う素材のTシャツを寝間着にしました。すると、なぜか布団に入った瞬間に、妙に重く感じる。布団を軽いものに変えても、窮屈さは改善されず、5時過ぎにようやく気がつきました。

いつも着ているインナーは綿100%。直接身体に触れるインナーだからこそ、いつもと違うと体を興奮状態にさせていたみたいです。インナーを変えたら、即、眠りにつけました。

眠れなくて困っていたら、寝つけている時と違う点を探して見よう。

眠れないことには何かしらの原因があるはずです。辛さをバネに、ちょっとだけ考えてみると、いつもとは違う部分を探して見てください。

原因として僕がありがちなのは、コーヒーを寝る前に飲んでいた、遅くまで明るい部屋で過ごした、気温が高かったり、低かったりした、日中のストレスが多かった、お酒、タバコ、

 

つまり、寝つけないなら、いつもと違う部分を見つけて、いつも通りに戻してみる。

 

そうすると、案外あっけなくいつも通りに寝つけるかもしれませんよ。

 

もし寝つけなくても大丈夫!

そうです、寝つけなくたって大丈夫です。死にはしないし、実際仕事のパフォーマンスもそこまでガタ落ちはしないはずです。(僕の経験上です。)ただ朝はいつもよりイライラはしてしまうかもです。僕は、寝つけなくて迎えた朝はどん底です。会社を辞めたくなるくらい元気がありません。すごく憂鬱になります。

でも大丈夫。服を着替えて、いざ玄関のドアを開けて、太陽を全身に感じて歩いてみると、すぐにいつもの自分に戻れます。いつもと同じように出かける自分を、身体が覚えているからです。

 

だから、寝つけなくても安心してください。

そして、原因が見つかったら、次はそうならないように気をつけると約束して、もう忘れましょう。

 

以上、一昨日寝つけなかったミケ男でした。

 

ではまた会いましょう!

 

良い眠りを!

f:id:mikemikeblog:20151023125324p:plain

by ミケ男