悩み体験談

【改善不要】なめられる人の性格・特徴・原因に当事者が思うこと

なめられる人なめられやすい人の改善と対処

なめられやすい人の「特徴」「性格」「原因」は何でしょうか?

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

僕はこれまでの人生で、学校、バイト先、職場で年上、年下に関係無くなめられてきました。

なめられるとムカつくし、腹が立つし、続くとストレスになる。ずっと、どう対処したら良いのか分かりませんでした。

この記事では、「なめられやすい人」の特徴や性格を考察し、体験談とともに「たった1つの対処法」を発信しています。

ミケ男
ミケ男
なめられてきた当事者目線なので、本当に悩んでる人には共感できると思いますよ

僕がなめられてきた歴史

なめられる人の特徴・原因と対処法_見下されてムカつく.jpg小学校、中学校、高校、大学、社会人になっても、油断すると人からなめられていました。いくつかリストアップしてみます。

なめられた出来事

  • 【小学生】社宅の年下のちびっ子軍団にサッカーボールをパクられた
  • 【中学生】1学年下の不良からいきなり「お前キモいねん」と言われた
  • 【高校生】同級生の女子に「つぶやきシロー」に似ていると3年間言われ続け、同窓会でも言われた(つぶやきシローが嫌というより、小ばかにされたのが嫌だった)
  • 【大学生】塾講バイトで小学生の生徒にめちゃくちゃナメられた。飲食バイトでミスが多かったため「仕事ができないミケ男」と言われ続けた。
  • 【社会人】勤めていた職場で、上司から毎日イジられ続けて仕事を辞めそうになるほど、悩んだ

同じ環境にいても、なめられずに済む人と、僕みたいになめられて、無礼な態度を取られる人がいます。

バイトで、同じミスをしているのに、自分だけキツく怒られたりして、モヤモヤしてました。

忘れられない体験、年下の大学生にヘドが出るほどなめられた

飲食バイトなめられる人24歳頃のフリーター時代、とんかつ屋でアルバイトを始めました。

職場に現役の大学3回生が働いていたのですが、その子にヘドがでるほどナメられました。

新しい環境で、分からないことばかりだったので、とにかく積極的に質問して、仕事を教えてもらおうと頑張りました。

一番会う機会が多いのがその大学生でした。教えるのが好きそうなタイプだったので、始めは色々と分からないことを聞きやすかったです。

でも、教えてもらっていると、

3回生
3回生
ええか…?
ミケ男
ミケ男
(ええか?)
3回生
3回生
ミケ男君、皿がないわ!
ミケ男
ミケ男
(いきなり、君?)
3回生
3回生
そんなん普通に考えたら分かるやん
ミケ男
ミケ男
(普通に考えたら…? やん?)
3回生
3回生
なんで?理由は?
ミケ男
ミケ男
( ……。)
3回生
3回生
やり直しやな!…
ミケ男
ミケ男
( …。)
3回生
3回生
せやな…
ミケ男
ミケ男
( …。)

 

完全に見下されていました

 

確かに教えてもらえるのはありがたいし、社会のルールと言いえばそれまでだけど、なんだかすごくモヤモヤしました。

僕が就職が決まってバイト先をやめる時になって、どこかで出会うのが怖くなったのか

「ごめんな~!生意気な態度で接して来て~!」

と言ってきましたが。

そういう態度も含めて、世の中にはとことん人を見下す人間がいるんだなと思って、悲しかったです。

ナメられやすい人の特徴

なめられる人の特徴原因性格について

こんなになめられやすいのはなぜなんだろう?気になって調べてみると、

なめられやすい人の特徴を紹介するサイトがいくつもありました。

全部上げるとキリがないので、なめられる人の特徴を5つほど抜粋します

  • 「自信がなさそう」おどおどしている、声が小さい、人の顔色をうかがう
  • 「あまり話さない」無言でいる、自分の意見が言えない
  • 「空気が読めない」普通にしていても浮いてしまう、大勢の前で緊張する
  • 「仕事ができない」ミスをする、要領が悪い
  • 「周りと同じことができない」皆がしないミスをする、みんなが笑うとこで笑わない

参考:なめられる人の原因と特徴・人になめられる性格の改善方法

「あれ???」と思いました。

これ全部、素の僕の特徴そのまんまでした。

逆に、この特徴とは真逆の人はどんな人か想像してみると、

自信があって、堂々としていて、おしゃべり好きで、空気が読めて、仕事ができて、周りと同じことができる….

確かに、なめられない感じの人でした!

人気者で友達も多そうだな、と思います。

このように、なめられやすい人の特徴と言われる傾向がネット記事に載ってます。

僕はその特徴を見事に備えている人間でした。

なめられないように必死で努力して疲れた

なめられるのが嫌だ僕はなめられやすいクセに、なめられることが大っ嫌いです。

なめられるとプライドが傷つくし、ムカつくし、腹が立ちます。だんだんストレスが溜まります。

自分の全てを否定されている気持ちになることもあります。

一度なめられることが習慣になると、エスカレートすることが本当に多いです。

暴言とか八つ当たりとか。気分しだいで、コンプレックスをイジってこられたりとか。

でも、学校に通ったり、会社に勤めてたりしていると、逃れることは難しい。

なめられないように努力しても、結局いつも、なめられる特徴がバレて、辛い立場になっていきました。

▼僕が職場でイジられ続けた体験談です

いじられるのが嫌だ
もう嫌!いじられるの限界!職場で先輩に試した8つの対処法しつこくいじってくる職場の上司に悩んでいた僕。 いじりを止めさせるため、上司に試した8つの対処法とその効果、そして、最終的にいじり...

自分を変えてでも、なめられたくなかった

僕は日々の生活でいつもこんなことを考えていました。

  • 恥をかきたくない
  • 格好良いと思われたい
  • 頭が良いと思われたい
  • 一目置かれたい
  • 認めてほしい

つまり、なめられたくなかったんです。

実際は「自信が無い」「あまり話さない」「空気が読めない」「仕事ができない」「周りと同じことができない」という自分の性格がある。

それでもなめられたくなくて、認めてもらいたくて、全人生をかけて、弱点を克服する方向の努力ばかりしてきました。

受験で苦手科目を猛勉強したり、興味のない資格を取ったり、服装やら見た目ばかりを極度に気にしてきました。

なめてくる嫌な人間は存在する

どんなに自分が成長しても、世の中には見下してくる人がいます。

本当に残念ですが、どこにでも、なめてくる人はいます。

なめられるかどうかは、結局相手の人格次第なんです。

人を見下して、無礼な態度を取れる人は、僕が嫌いな価値観で生きている人です。

だから、そんな人のことをいくら考えても時間の無駄になります。

仕返しとか、見返したいとか、相手と同じ土俵に経っても、自分が苦しむだけでした。

ここで、考えてみてほしいことがあります。

素の自分の良さを認めてくれた人もいる

なめられるかどうかは、完全に相手次第だから、最終的にはどうすることもできません。

しかし、

数は少ないけど、今までの人生で、僕の良い所を認めてくれた人がいたんです。

趣味で絵を描いてるんだ、カッコイイですね

仕事が丁寧で良いですね

手先が器用ですね

ブログで励まされました

記事で救われました

ありのままの自分を、このように言ってくれる、優しくて素敵な人達が確かにいました。

嫌な人のことばかりに目を向けて忘れがちですが、誰にでも、きっとそういう人がいると思うんです。

考えてみると、年下になめられていたあのバイト先でも、僕のことを認めてくれる人がいました。

同じ調理場にいた別の大学1回生の子

「人生経験豊富なミケ男さんすごいです、色々教えてください!」

店長

「それは君に任せるよ、期待してるから!」

その人たちと仕事をする時は、なぜだか分からないけど、仕事がとってもやりやすかったです。

人生の中で、数は少ないけど、褒めてくれる人、認めてくれる人がいました。

だからこそ、僕は思うことがあります。

「なめられやすい人の特徴」なんて、もう調べない

なめられる人の特徴・原因と

なめられやすい人の特徴なんて調べなくても良いです。

なめられる人の特徴を知って、それを克服するような努力を勧められてきた僕の結論です。

なめてくる人を見返すためにする努力は、無駄とは言わないけど、人生を遠回りさせます。

もし、なめられたくないと思って何か努力をして辛くなっているのなら、なめられる人のために努力するのは、もうやめてみませんか?

素の自分を認めてくれる人と生きよう

無理していない素の自分を、自然にリスペクトしてくれる素敵な人との関係、ありのままの自分らしさが活きる関係にもっとたくさんの時間とエネルギーをかけましょう。

バイトも仕事も人間関係も、何もかも続かない、なめられてましまうタイプのダメダメ人間の僕。

それでも、自分の好きなこと、好きな場所、好きな人を探し続けています。

好きなこと、得意なこと、やってみたかったことから探した場所へ行くと、似た波長の人が集まっていて心地良さを感じます。

僕がかろうじて2年半勤められた会社は、今までのどんな会社よりも、僕のことを褒めてくれる人が多かったんです。

僕がやってきた趣味や学んできたことが、そこでは認められました。

だから、今までどんなことも1年 続かなかったのに、2年半続きました。たかが2年半?と思われるでしょうけど、自己最長記録です。

ハロワでやりたいこと分からない
ハロワで男泣!やりたい仕事が分からない僕にベテラン相談員からのアドバイス「イイ歳してやりたいことが分からないなんてバカだと思うだろうな」そう考えながら、ハロワのSさんに悩みを打ち明けました。 実のところ...

そもそも、人をなめるという行為自体がおかしいと社会に問いたい

なめられる人の特徴・原因と対処法_社会のおかしいところ

なめられやすい特徴・性格だとか、そもそも、そういう価値観が歪んでいると思います。

インターネットでなめられやすい人の特徴を集めたサイトが上位表示されます。

しかし、ナメられないための克服方法を提示されても、本当に深く悩んで苦しんでいる人は何も救われません。

他人になめられたり、見下されたりすることを正当化する理由なんてない。

見下されても仕方ない人の特徴・性格・原因なんて一つも無いと言いたい。

日本の文化なのか、生物界の自然の摂理なのか、会社・組織のための価値基準なのか、集団心理が作用しているのか、なんであれ関係ない。

「変だな」「おかしいな」「間違っているな」と感じる基準に、自分が合わせる必要は無いんです。

僕は素のままの自分で生きて「あなたことが好き」「あなたといると楽しい」「あなたといると落ち着く」と言ってくれる人とたくさん出会いたいんです。

だから、誰にもナメられないカッコ良い人生をあきらめています。

見下すことが社会の仕組み、ルールと言うのであれば、社会に疑問を感じます。

変だと思う価値観に、従う必要な無いと思います。

まとめ:なめられやすい人のたった1つの対処法

なめられる人の特徴・原因と対処法_自分らしく生きるなめられ続けて生きてきた僕は、いつしか、なめられることを恐れていました。

他人になめられそうな自身の特徴を克服したいと思ってきましたが、

人をなめるという行為自体が否定されるべきことです。

変な基準に合わせるなんて、もっと変です。

人をなめて見下す嫌な人達、人をなめて見下す嫌な文化を、僕は否定し続けます。

ただし!

なめてくる人のために自分の時間と労力を費やせるほど、人生は長くありません。

ぜひ、この機会にありのままの自分のことを認めてくれた人、良いところを探して褒めてくれた人を思い出してください。

自分の周りに、数は少ないかもしれないけど、素敵な人がいることに気づいてください。

そして、自分の良さを認めてくれるその人達との関係を、もっと大切にしていきましょう。

素の自分の良さを認めてもらえる場所で、もっとたくさんの時間を過ごしましょう。

 

今、そういう場所がないなら、今から探しましょう。

 

相手を見下すような人格の人間から、ナメられることを気にしなくていい。

その代わり、自分の良さを認めてくれる人、一緒にいて落ち着く人に囲まれて、

自分らしく強く楽しく生きよう。

 

以上、長くなりましたが、

この記事がなめられやすくて苦しんでいる人の何かしらの良いきっかけになれば、嬉しく思います。

▼些細なことに傷つくあなたは、5人に1人の「HSP」かも?

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは?】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が解説「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

▼職場の上司にいじられ続けて苦しんだ体験談

いじられるのが嫌だ
もう嫌!いじられるの限界!職場で先輩に試した8つの対処法しつこくいじってくる職場の上司に悩んでいた僕。 いじりを止めさせるため、上司に試した8つの対処法とその効果、そして、最終的にいじり...
繊細・敏感・生きづらい「HSP」とは??

HSPは5人に1人が持つ気質で、このような特徴があります。

  • 5感(光、音、臭い、カフェイン等)が敏感
  • 感受性が強く、傷つきやすい
  • 人間関係で消耗し、人込みや集団が苦手
  • 音楽や芸術に心を惹かれる
  • 病気ではないのにいつも生きづらい

生きづらさの理由はHSPかも…と思ったらコチラの記事で診断チェックができます。

HSPについて詳しくはコチラ>>「HSP」とは?超繊細な当事者が教える特徴・診断・対処法まとめ

手っ取り早くHSPのオススメ本が知りたい人は「繊細さんの本」を、自信を持って推薦します。

参考記事:【HSPが読むべき1冊】7冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」

おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. アバター 匿名 より:

    読んでいてすごく納得したし、肩の荷がおりました。ありがとうございます。
    私は自分に自信がなく、なめられるというか雑に扱われることが多いです。困ると普段と態度を変えられて、頼りにされます。それを断るのも嫌だけど、もやもやします。
    そんな自分が嫌で気を強く持とうとすると、性に合わないのか疲れてしまいます。
    どうしたってこの苦しみからは逃れられないと思っていました。
    だから、舐められないように頑張る=舐めてくる人のために生きている、という視点を知れて無理して繕わなくてもいいんだなと気持ちが軽くなりました。
    素の自分を大切にしてくれる人のために生きたいです。悪いところもいいところも含めて、自分を受けいれることはこういうことかなと思いました。
    本当に知ることができてよかったです。ありがとうございます!

  2. アバター 匿名 より:

    ミケ男さま

    初めまして、こんばんは。
    読み進める毎に心の中で「エー?!(嬉)エー?!(嬉)」と叫ぶような素晴らしい見解とお言葉に、
    心から感謝いたします。

    大変長文になりますので、
    ご迷惑でしたら、上記の文のみのメッセージとしてお納めください!!

    さて「舐めてくる人のために、自分の何かを変えるよう頑張る」とは、
    「そのような人たちを基準に生きる」ということになったり、
    はたまた「その人たちのために、不自然で、もしかしたら不毛な努力をすること」という理解でよろしいでしょうか。
    それってどうなのかなと少しモヤモヤしておりましたが、解決いたしました。

    また、見下される件についてわかやすく文にしてくださった温かいお心の持ち主さまが存在すること、
    悔しいような悲しいような気持ちを払拭していただいたことに、
    改めて、感謝申し上げます。
    ブログを一読し、一瞬にして救われた感じです。

    実は昨日ある施設の入場チケット売り場の見た目を売りにしていそうな40代くらいの女性に質問をした際、
    何かうすら笑われているような、
    明らかに見下された態度で雑な対応をされました。
    その直後に長身で誰が見ても美人のような女性が通ると、そちらには「あっ(羨望の眼差し)」という表情で見て好感を持ったなというのがわかり、とてもモヤっとしました。

    見た目だけでそんなに差別されてしまうのだなと、とても残念な気持ちになりました。

    その他は楽しいことが多々あった一日でしたが、今日どうしてもその時のことがフラッシュバックしてしまい、解決の糸口を探したい一心でネット検索しましたら、やはり
    「舐められないために」という記事ばかりに遭遇した次第です。

    もちろん自分も人を見た目で判断したり、結局は人を勝手に判断しながら生きてしまうところはあると思うのですが、基本的にそういうことのない人間を目指して十代の頃からずっと頑張って生きてきたつもりです。

    私は仕事はテキパキやる方だと思うのですが、過去のイジメの経験もあり、人にできるだけ優しく温かく対応したいと思いながら生きております。

    そうすると、昨日のようなおそらく見た目でものすごく見下されたのではなくても
    優しい、もしかすると変顔なんかもして笑いを取ったりするキャラクターからか、
    初めは好かれて時には羨ましいという思いを抱かれてたりしているなと感じたような人にもだんだんと見下され、軽んじられる扱いになってゆくような経験をしたことがあります。

    怖い人の方が、優しそうな人より注意してある意味丁寧に対応されて、
    怖くない、優し目人の方が軽視されがちになるのは、もう終わりにしたいです。

    ミケ男様のおかげで元気になりました!
    心のパワーも回復です!

    より良い世界になるように
    私はいくらか発信してきましたが、
    これから本腰入れてもっと発信して愛あふれる社会目指してがんばろうと思いました

    ミケ男さん、素晴らしいブログを本当にありがとうございます✨
    ミケ男さんのこれからの毎日が、
    ますます輝いていきますよう、
    心からお祈り申し上げます

  3. アバター 匿名 より:

    素敵な記事。ありがとうございました。

  4. ミケ男 ミケ男 より:

    コメントありがとうございます^_^

    温かいコメント感謝いたします。

    そうですね、自分が正しいと思っていないことを信じる人生はしんどいと思いますから、

    気にしなくていいし、気にしなくていい場所にたくさんいるようにしましょう^_^

  5. アバター muk より:

    この記事を書いてくれたことに感謝します。私も同じことで悩み、ここに辿りつきました。
    相手が人として間違ってるんだから
    気にしなくていいんですよね。
    同じ悩みを持つ人がたくさんいることに
    驚きと安心を感じました。
    これからも人の支えになる記事を書いてください。

  6. ミケ男 ミケ男 より:

    あのんさん

    コメントありがとうございます。

    同じ年の人に見てもらえて嬉しいです。

    人間関係に答えはないのかもしれませんが、こうやってコメントをもらえる発信ができたのは、僕なりに満足しています。

    応援ありがとうございます。一緒にこれからの時代も生きぬいていきましょう^_^

  7. アバター あのん より:

    ミケ男さんと同い年です。私もナメられやすくこの記事を見つけました。
    結局は関わらないのが一番自分が豊かになれるんですよね。そして、むやみやたらに自分の事を話さないのも一つの対策かもしれません。
    自分の信じる人にだけ、本音を言うようにしています。
    嫌な奴は、小耳に挟んだ程度でターゲットの悩みを覚え攻撃のネタにすることもあります。
    これからも記事を楽しみにしています。

  8. ミケ男 ミケ男 より:

    いーむさん

    コメントありがとうございます。

    失礼な態度をとられると、どうしたって腹立たしい気持ちになりますよね。

    そういう人はそもそも脳の仕組みとか生き方の根本から違う気がするので、

    相手にするだけ時間が無駄になってしまうんですよね。

    ただ、やられっぱなしになることが多いので、仕返ししたいとか、いろいろ考えますが

    わざわざ相手のペースに巻き込まれてあげる価値もないなと思ったりもしたり、僕もいつも悩ましいです。

    イラっとした時は、余裕があるときなんかは「なぜイラっとするのかを自問自答して掘り下げる」ということをやっています。

    そうすると、イライラの根本原因は別のところにあったりすることも。

    でも、そんなことより美味しいものを食べて、ゆっくり過ごすことなんかも地味に大事ですよね。

    せっかくメッセージをくださった、いーむさんには、心や体の健康のために

    何かご褒美をするなどしてみて、頑張っている自分を労わってあげてほしいと思います。

    コメントありがとうございました。

  9. アバター いーむ より:

    ミケ男さん、今日まさに病院で医師に舐められた態度をとられたので、『どうやったら舐められないか』を調べてこのサイトにたどり着きました。コメント欄も同じような方がたくさんいるんだ…と少しほっとしました。
    ミケ男さんの言うとおり。「舐める方が間違ってる」んですよね。イライラとモヤモヤが一気に晴れました。私は自分が女性だからだと思っていたのですが、うちの夫も童顔だからと言ってしょっちゅう同じ目に合うそうです。でもほんの一握りの失礼な奴に心を乱されるのもしゃくですよね。自分をわかってくれる人を大事に生きていければいいか!と開き直れたような気がします。ありがとうございました!

  10. ミケ男 ミケ男 より:

    ぺぺさん

    初コメントありがとうございます。

    僕もナメられることに数十年悩んできたのですが、

    ナメてくる人を無くすことも、変えることもできないので、

    関わらないこと以外に、僕ができることはないなという結論に達しました。

    世の中は広いので、自分と同じような人が実はたくさんいることを、ネットを通して僕は知りました。

    日本社会は、個人の価値観の尊重などの精神的な部分で、未熟なのかなと思います。

    社会が変わるスピードに期待できないので、

    同じような考えを持つ人とネットなどで繋がっていきたいなと思っています。

    嫌いな人とは関わらない。

    人を見下すような人から、僕は学ぶものなど何も無いと思っています。

    メッセージ、ありがとうございました。

  11. アバター ペペ より:

    はじめまして、こんにちは。はじめて、拝読させていただきました。僕も同じことを思っていました。社会ってナメるなめられるから喧嘩するっていうのが、そもそも良識のある一般社会からいらないですよね、言い返さなくてはなめられてバカにされて負けたように周りからみられるのがいやなだけで取り合わなければ楽になりますよね。

  12. ミケ男 ミケ男 より:

    コメントありがとうございます。

    やはり、優しいそうな人ほど、目をつけやすい対象になってしまう要素があるのかもしれません。

    やっぱり深く関わらないことが大事だと言ってもらえて、僕も安心しました。

    色んな人に出会って、人間関係を大切にしようと生きてきて、やっぱり、合わない人がいると分かってきました。

    苦手な人に気に入られるように過ごすと、ほんの一瞬安心できますが、結局苦手なことは変わらないですし、最後には痛い目にあって終わりました。

    30代前後でそのことに気づくことが多いのでしょうかね。

    できるなら、僕はもっと早く、苦手な人と付き合わないで、好きな人とたくさん関われば良かったと後悔しています。

    この記事で、世の中に向けて、そんなメッセージを発信していけたら良いなと思います。

    コメントありがとうございました。

  13. アバター わかります より:

    こういうのって運命と言うか一生ついて回るモノだと思います。と言うのは自分は人生まだ30半ばですが、親も父母共に目を付けられる存在だったようで、よく目のカタキにされていた話を聞きます。そう聞くとこれも遺伝であり運命なんだなと思い受け入れると楽になりました。そして筆者さんの言う通り、世の中にはそういう人間もいると割り切るようになりました。そういう考えに至ったのは20代後半30手前辺りでしょうか。これからの人生、そのような場面に多々出会う事はあるでしょう。もちろん環境も変わらずにはいられないだろうし、とかくそのような人とは深くは付き合わない事ですね。

  14. ミケ男 ミケ男 より:

    干柿さん

    こちらこそ、温かいメッセージをありがとうございます。

    苦しんでる人の拠りどころになること、古い価値観や偏った考えに世代を超えてNOを発信することが、メディアの役割の1つだと思っています。

    声にならなかった想いが、ネットを通して時を超えて、受け継がれていけば、社会か少しでも変わっていけばいいなと思っています。

    これからも、応援よろしくお願いいたします。

  15. アバター 干柿 より:

    身近に関わる人間は疎か、通りすがりの人間にアレしてコレしてこれ何処にある?と店員でもないのに色々やらされたり 学生集団にケラケラ追いかけ回されたりとやられ放題です。
    なんでこんな目に合わなきゃいけないんだろうと
    検索していたところ、このブログに辿り着きました。

    改善方法を調べてみても これできてないアンタが悪い!!酷いことされて当然!みたいな余計に傷つく記事ばかりみてたので、なんかスっと力が抜けました。この記事を書いてくれてありがとうございます(´ω`)
    ほかの記事も読ませてもらいます。

  16. ミケ男 ミケ男 より:

    眠いコウモリさん

    分かります。リアルな場面では周りのため、その場の空気のため、揉め事にしないために、感情を抑えているのに、

    1人になった時に悔しい気持ちがあふれだすことが僕にもよくあります。

    相手と同じ土俵に立っても苦しいくて余計に辛い状況に追い込まれることもありますし。

    僕自身も忘れがちになってしまいますが、コメントをいただいて、

    自分を認めてくれる人のことがいることを再確認でき、勇気をもらえます。

    こちらこそ、温かいメッセージありがとうございました。

  17. アバター 眠いコウモリ より:

    ふとひとりになった時にどうしてあんな態度を取られないといけないんだ?と過去の事を思い出しては腹が立ち、そしてそんな態度を取られる自分自身に悲しくなりこのサイトを読みました。
    ミケ男さんの素の自分を認めてくれる人にフォーカスを当てる発想を忘れておりました。
    私も自分を変えたくて色々試してみたりしては、本当の自分とは何だろうと考えたりもしてたのでミケ男さんの文に癒されました。
    私自身ももっと寛容に過ごせるといいなと思いました。
    素敵な文をありがとうございます。

  18. ミケ男 ミケ男 より:

    ゆきさん

    コメントありがとうございます。

    社会人から専門学校で学ぶのは大変なことだと思います。

    特に、人間関係は、本当に大変ですね。

    覚悟を持って、専門学校に行く決断をされたのだと思います。

    学ぶこと意外は、オマケみたいなものかもしれません。

    僕も、しつこくコンプレックスをいじってくる職場の先輩に悩んできましたが、舐めてくる人と同じく、彼につける薬はありませんでした。詳しくは、「いじられる」の記事まで。
    無理はなさらないでほしいですが、もし勇気になったなら、本当に大切なことを見つめ直す機会にしてもらえたら嬉しいです。

    温かいコメントに、僕も勇気をもらいました。ありがとうございました。

  19. アバター ゆき より:

    ミケ男さんへ。わたしも年下からすっごくナメられて、パシリに使われたりとムカつくことをされてるのに怒るタイミングとかがわからないんです。空気も読めないから、からかわれてるのかマジで怒られてるのか判断できなくて無難に対応するとそれはそれでばかにされて、いやになったからマスクして喋らないようにしてるとキモいと言われ、はずしてもキモいと言われ、もうどうしたらいいのかわからないです。目立ちたくないから暗い色調の服が多くなって、とりあえずなるべく笑顔でいようとするとどんどん用事を押し付けられます。もちろんタメ口きかれます。うるせー、とか言われます。コンビニでパン買ってきて、とか毎日です。今は専門学校の生徒なんですが、わたしは社会人になってから入学したので周りは下手すると10歳くらい年下もいます。なのにヒエラルキーは底辺…。毎日「他人からナメられる人 特徴」で検索して悩んでました。でも、調べてみるとわたしにとって「いやなタイプの人間」に変わらなきゃダメみたいなことばっかり書いてあって…。もうだめじゃん、これじゃ詰みだわ…って思っていたところにミケ男さんのブログが目に留まりました。すっごく救われました。たょっと泣きました。学校、やめようかな…って思ってたけど続けてみようかな、って勇気が出ました。まぁ、またメゲることもあるんでしょうが、その時はまたミケ男さんのブログを読みに来ようと思ってます。本当にありがとうございます。

  20. ミケ男 ミケ男 より:

    匿名さん

    コメントありがとうございます。

    僕も匿名さんと同じ気持ちで、間違っている相手に従うような生き方をしたくないと悟りました。

    ナメている人は悪気はないかもしれませんが、それでとてつもなく苦しむ人がいるなら、

    間違っていると発信しつづけたいです。

    大多数がどうかでなく、苦しんで傷つく人がいるなら、そこを想像して思いやるのが当たり前であってほしい。

    微力かもしれませんが、僕のブログを通して、少しでも生きづらさを和らげてもらえたなら嬉しいです。

    また、ブログに遊びにきてくださいね。

  21. アバター 匿名 より:

    自分もこの記事と同じようにナメる人や軽視する方がおかしいのではないのかと思っていたので
    この記事を読んで改めて自分の考えていたことに自信がつきました。
    乱文で申し訳ありませんが後押しありがとうございます。

  22. ミケ男 ミケ男 より:

    ヤスさん

    コメントありがとうございます。

    後輩からのそういう態度は、周りからの目線を考えても、とっても嫌ですよね。

    心の中で思うのは勝手ですけど、態度に出されると、こんな人もいるんだなと悲しくなりますね。

    場所や人が変われば、自分はそのままでも、自分への評価が変わることもあります。

    言葉で言うほど簡単ではないと思いますが、

    少しずつでも、一歩一歩確実に、自分が輝ける場所にヤスさんの人生が向かっていくこと願っています。

    応援しています。

    また、ブログにも遊びにきてくださいね。

  23. アバター ヤス より:

    わたしもある後輩から舐められ、非常に悩み、ストレスを感じていましたが、このブログを読み心が軽くなりました。自分の仕事、好きなことに精一杯励んで人生を楽しく生きて生きたいですね! ありがとうございます。

  24. ミケ男 ミケ男 より:

    ひろさん

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    そうですよね、繊細な人の良いところを発信するために、僕もブログを運営しています。

    なるほど、最終的に噛みついてなめられなくなる、ということなんですね。

    僕はこの記事で、舐められることで苦しむ人の役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

    なので、是非知りたいのですが、ひろさんが、相手に反撃して噛みついて、なめられなくなるというのは

    どんなシチュエーションで、どんなことで反撃する感じなんですか?

    僕は反撃した後で、やり返されたり、嫌がらさせを逆に受けたりする気がして、

    なかなか最後にかみつくということができません。僕と同じように考えている人も多いと思いますが、

    ひろさんは、どんな風に対処しているのでしょうか??

    ぜひ、教えていただけたら嬉しいです。

    この記事にやってくる人たちにも、とても参考になり役に立つと思います。

  25. アバター ひろ より:

    こんにちは
    偶然こちらの記事にたどり着きました。
    私は一見なめられる人の特徴に当てはまるのですが、信念が強すぎて最終的にはなめられません。
    しかし、学生さんや 初対面の人からはなめられる傾向にあるような気もします。。

    私は、なめられる人に当てはまるようや特徴の人が好きです(^ ^)
    優しい方が多いと思っています。
    いいところを発信していきましょー!

    私は人に優劣をつける人や、なめている人が大嫌いなので 最終的には噛みつきます(笑)そんな現象否定できる世の中になっていきますように(^ ^)

  26. ミケ男 ミケ男 より:

    さよさん

    コメントいただき、ありがとうございます。

    かなりひどいことを言われる職場なのですね。びっくりしました。

    僕の個人的な経験では、なめてくる人とどれだけ関わっても最終的には自分が傷ついて終わりました。相手が変わらない限り、僕の人生には何もしてくれないし、何も助けてくれなかったです。逆に、僕のことを尊重してくれた人は、その存在だけで心が強くなったし、長い時間がたってもその人のことを考えると勇気が沸いてきたりします。僕も性格が良いってどういうことなんだろうと疑問に思うことが多々あります。自分が好きな人と関わって、好きな人をできるだけ周りに増やして、好きな場所でたくさん時間を過ごしたいなと僕は思っています。 記事が少しでもさよさんの力になれたのなら嬉しいです。コメントありがとうございました。

  27. アバター さよ より:

    この記事を見て救われる気持ちになりました。私は女というのもあり、大した事ない男からブスだのデブだの罵られてはセクハラを受ける舐められる人間です。同性にはもっと舐められます。あなたを見てるとイライラする、ドス黒い感情が湧き上がると面と向かって言われた事もあります。どうにか舐められまいと堂々とした態度や物言いをしても、やはり負のオーラといいますか、何かで小者感が出るのでしょうね、片っ端からぞんざいに扱われます。世間から性格がいい人と言われる人も私の前ではただの性悪です。そしていつもニコニコ、ヘラヘラしてるのが当然で、少しでも言い返したりムスっとしたりすると、そこまで言うかってほど説教されます。疲れ果てて、この記事を発見しました。確かに自分の尊厳を踏みにじる人達とは付き合わなければいいし、自分を大切にしてくれる人達との関係に目を向けるべきだと思いました。

  28. ミケ男 ミケ男 より:

    てつこさん

    コメントありがとうございます。

    そう言っていただけると、記事を書いた甲斐がありました。嬉しいです。

    蛭子さんは、僕にとっても気になる存在です。

    いじられキャラで通ってますけど、漫画やイラストの才能を発揮していたり、何だかんだで、生き残っているすごい人だなぁと思います。

    語録もあるんですか。

    舐められることを、超越してしまったような蛭子さんは要チェックですね。

  29. アバター てつこ より:

    良い記事ですね!私も舐められまいと頑張ってました。無駄な時間でしたw
    昔は暇だったんだな、おぼこかったなーと思います。
    舐めた態度を表に出す行為はいじめと同質で、その加害者は大小あれど必ず病んでるのでいずれ自滅しますね。
    蛭子能収氏の言葉「〜勝っているときこそ危ないというのはギャンブルの定説です」を知ったのも気にしなくなったキッカケのひとつです。氏は過去に成績トップの営業マンだったこともあり、舐められキャラ界のエースだと勝手に決めて尊敬してますw
    語録のまとめがあって面白いのでオススメです!

  30. ミケ男 ミケ男 より:

    おぱさん

    そう思います。

    僕は自分らしさとか楽しいという感覚すら忘れてしまうくらい、舐められたくない、恥をかきたくないという気持ちに支配されていました。

    現在は、悩みながら、迷いながらではありますが、少しずつ自分らしい道に進んでいる手ごたえがあります。

    自分らしさ表現しているこのブログで、温かいコメントをいただけるのはとても嬉しいです。

    コメントありがとうございます。

  31. アバター おぱ より:

    涙が出ました。そう、なめられないための努力って結局なめてくる人が正しいって自分が無意識に思ってるゆえなんですよね。
    自分の楽しいことをする。
    自分らしい生き方をする。これにつきますね。

  32. ミケ男 ミケ男 より:

    僕もその言葉に救われました。こちらこそありがとうございます。これからも、遊びに来てください!^_^

  33. アバター 匿名 より:

    この記事に救われました。本当にありがとうございます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。