HSPの本おすすめ

HSP専門医の長沼睦雄著「明日からラクになれる本」の感想レビュー【書評】

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本_長沼

日本では珍しいHSPの臨床医 長沼睦雄先生による『敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』を買ったので、

敏感すぎるHSP当事者がレビューします。

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

5人に1人存在すると言われるHSP。

著者の長沼先生は、精神科医として長年HSPの研究を行い、

医療の現場で多くのHSPの診療に携わった経験をベースにしながら、この本を書き上げました。

今回は『敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』について、

その概要、読んだ感想、心に残ったエピソードとともに、この本の魅力を紹介していきます。

▼HSPのおすすめ本10冊をまとめた記事でも紹介しています!

HSP_おすすめの本10冊まとめ
HSPの本のおすすめ10選【読みやすさ・分かりやすさ重視】この記事で紹介するHSPの本を書いた著者は、アーロン博士、武田友紀さん、長沼睦雄先生、みさきじゅりさん、上戸えりなさん...etc ...

HSPの専門医 長沼睦雄ってどんな人?

著者の長沼睦雄(むつお)先生は、北海道の病院で院長をしている精神科医です。

精神医療の現場で長年、障害児・小児・成人の診療をされており、

独自にHSPについての研究を進めながら、患者の治療に活かしてきたようです。

現在は、北海道で院長として開業し、HSP診療を中心に、薬に頼らない脳と心と身体の統合的治療を目指して活動されています。

この本を知った経緯

僕は書店の心理学コーナーで、たまたまこの本を見つけました。

パラパラっとページをめくってみて、お医者さんが書いた本なのに、

イラストも豊富で読みやすそうだなというのが第一印象でした。

HSPが抱えやすい悩みと、対処法がたくさん紹介されていたので、情報の豊富さに惹かれて購入しました。

長沼先生のHSP本の概要を簡単に!

HSPに精通した医師の知識と経験が凝縮

この本には「HSPの生きづらさをラクにする」という大きなテーマあります。

そのために精神医学・心理学・脳科学・スピリチュアルまで、幅広い知識が総動員されているのが特徴です。

1章でHSPに共通する特徴や診断チェックなど基本的な内容を学ぶことができ、

2章以降はHSPが陥りやすい悩みを57個のテーマに分けて、網羅するように説明されています。

精神科医による納得感のあるアドバイス

1996年にアーロン博士が生み出した「HSP」という概念は、『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』にまとめられ、世界中に広まっていきましたが、

日本では心の専門家でさえ理解が不十分だと言われています。

そのため、HSP当事者は敏感すぎる自分にどう対処すれば良いのか分からず困り続けています。

この現状に問題意識を持つ著者は、むやみに薬に頼らず、

総合的なアプローチで生きづらさをラクにする方法を提案しています。

本を読むことで「長沼先生から、HSPの悩みに有効な解決策を教えてもらえる」、そんな感覚で読み進めるといいかもしれません。

この本を読むメリットは?

分野を越えた幅広い知識やノウハウが学べる

HSPの情報だけでなく、HSPに役立つ幅広い分野の知識がたくさん紹介されています。

<紹介されている幅広い分野の知識>

HSP・HSS・神経科学・ユング心理学・脳科学・スピリチュアル・愛着障害・AC・トラウマ・フラッシュバック・抑うつ・解離・発達障害(神経発達症)・睡眠障害・化学物質過敏症・電磁波・ヨガ・瞑想・マインドフルネス・タイムアウト法・アンガーマネジメント…etc

HSPの本を既に数冊読んだという人も、きっと新しい発見に出会えるはずです。

HSPの悩みが網羅されている

HSPの生きづらさは、家庭・仕事・恋愛・食生活・人間関係などあらゆる場面で表れます。

HSPの診療をベースにしているため、HSPが陥りやすい問題やトラブルを、ケース別に網羅されています。

自分の生きづらさを上手く言葉にできない人も、本のエピソードを通して悩みや問題に気づけるかもしれません。

過去の自分の人生を振り返ったり、今後の方向性を考える手助けにもなるでしょう。

イラスト付きで読みやすい

数ページごとにかわいいイラストを挿入されているので、頭の整理や、理解の助けに役立ちます。

お医者さんの本ですが、難しい言い回しは極力さけられており、文章の読みやすさも好印象でした。

最後まで安心して読める

著者の考えの根本には「HSPは気質だから変えずに、活かそう」という一貫した姿勢があります。

HSPの知識が十分でない本では「こうすれば克服できる」とか「繊細さは変えられる」という主張があったりして、戸惑うこともありますが、

この本は、最後まで安心して読み進めることができました。

人には皆、個性や得意・不得意があり、良し・悪しがあるわけではないということです。

HSPは克服しなくていい。あなたの気質に合わせましょう。

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P25

少し気になったところ

全てに共感できる訳ではない

僕は運動が好きだし、どちらかと言うと得意かも…

HSPは人によって個人差があるので、全ての内容が役に立つとは言えないし、全てに共感できる訳でもないと思います。

例えば、運動が好きな僕は、このテーマの言い回しが少し気になりました。

運動することが苦手で、思うように身体を動かすことができない(P178)

結論として「一人でマイペースで取り組める運動がおすすめ」というのは同意します。

僕はHSPなので、些細な文章の表現が気になってしまうのかもしれませんね。

ちょっとだけオカルトっぽい内容も

200ページ以上あるうちの2~3ページだけですが、

著者の実体験とともに少しだけグレーな要素を含んだ「カタカムナ理論」や「トーラス構造」について触れられています。

少し調べただけなのですが、どちらもまだ謎の多い話のようです。

カタカムナ文書

縄文時代以前に書かれた謎の古文書で、宇宙の成り立ちや時の流れの意味を解き明かしているらしい。

トーラス構造

物質世界でエネルギーを生み出す基本構造らしい。

この数ページは好き嫌いがあるかと思います。僕は嫌いじゃないですが…

知識が豊富すぎて、一度で理解が追いつかないかも

幅広くHSPの問題を網羅している上に、

紹介される概念も他分野に渡っているので、本の内容の全てを一度に理解するのは結構大変です。

人によっては、すぐには理解が追いつかないかもしれません。

僕は2回読んで、ようやく良い本だなという実感が持てました。

何度か読み返しながら、じっくり味わって読むのがおすすめです。

著者はHSPでは無さそう

はっきり言及はされていませんが、僕の直観では著者自身はHSPではなさそうです。

それでも、当事者以上のHSPの知識と臨床経験、精神科医としての説得力があるので、

知識がとても役に立つし、納得感がありました。

もし、HSP当事者が書いた本を探している人には『繊細さんの本』がおすすめです。

心に響いた言葉

では、この本を読んで心に残った言葉を、ほんの一部ですが紹介したいと思います。

<HSPがラクに生きるための3か条>

1.自分が何に敏感すぎるのかを知る

2.自分を認める心構えや覚悟を持つ

3.自分を守るために対応法を身につける

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P41

 

自分の境界線を厚くしただけでは自分を保つには不十分で、もうひとつ大切なことは自分の中にぶれない「心の軸」(自分軸)を持つことです。

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P101

 

自分を責めたり、悩んだり、諦めたり、相手を責めたり、承認を求めたりしているうちは、自分を幸せにはできません。

自分のパターンに気がついて、悲しみや恐れ、怒りの感情の奥にある心の叫びをだしてしまうとラクに生きられるのです。

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P40

 

「自分は自分、他人は他人」、「他人が何を言おうと自分のことは自分で決める」、「相手のもの(感情など)は相手に返す」、これが自分と相手に境界線を引くということです。

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P44

 

孤独に強く、とことん自分の本質や自分らしさに向き合い、「質」にこだわることができるHSPはまるでクリエイターになるために生まれてきたような存在です。

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P209

 

HSPにとっては、まずは自分を大切にすることが仕事であることを忘れないでください。

人を助けることも重要ですが、あなた自身も大切にされるべき存在なのです。

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』P164

まとめ『敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』

長沼睦雄先生の『敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』、

一言で表現するなら、

「読めばきっと新しい発見に出会える本」

という感じです。

こんな人には特におすすめです。

  • HSPに役立つ幅広い知識を学びたい人
  • HSPが抱える悩みについての対処法をたくさん知りたい人
  • 精神科医の視点で書かれたHSP本を読んでみたい人
  • HSPの理解を深めるための2冊目の本を探している人

HSPの生きづらさをラクにする知識やノウハウがたくさん詰まっているので、

新しい発見に出会いたい人には、とってもおすすめです。

 

 

▼HSPのおすすめ本を10冊まとめた記事はコチラ

HSP_おすすめの本10冊まとめ
HSPの本のおすすめ10選【読みやすさ・分かりやすさ重視】この記事で紹介するHSPの本を書いた著者は、アーロン博士、武田友紀さん、長沼睦雄先生、みさきじゅりさん、上戸えりなさん...etc ...
気になる関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。