商品レビュー

MURA(ムラ)のメンズ長財布の感想をレビュー【コスパ抜群】

MURAの財布

僕は最近、MURA(ムラ)というブランドの長財布を買って、コスパの良さに満足しています。

1万円以下で、安くて良い財布を探している人におすすめです。

使った感想をレビューします。

MURAの財布買ってみた

財布の表面(外側)の素材は牛革です。

サイトにはコートバン調とありますが、「調」つまりコートバンではないのでご注意ください。

ちなみにコートバンは、牛ではなく馬の臀部の革で作られた超高級品です。

横はこんな感じ。

内側の茶色い部分は、合成皮革になっています。(本革は表面部分のみです。今時、ハイブランドでも内側は合皮、というのは多い気がします。)

収納は下記の通り

  • カード専用ポケットが8箇所
  • お札が入るスペースは4箇所
  • 小銭スペースが真ん中に1箇所

シンプルで、無駄がない設計です。

MURAのロゴがさりげなく押されて、おしゃれです。

MURA(ムラ)の長財布うちがわ

MURAを選んだ理由とメリット

MURAを選んだ理由は、1万円以下でクオリティが高くて、黒い財布が欲しかったからです。

黒色の財布は、風水的に散財をなくしてお金を貯める意味があり、僕はその方向性で頑張るつもりです

近所の雑貨屋を巡ったけど、なかなか安くて良い財布がなかったです。

そんな時、ネットで見つけたのがMURAの財布でした。

本革で、予算内で、売れている、しかも口コミがそこそこ良かったので購入を決めました。

シンプルイズベストなデザイン

内側は茶色で、さりげない遊び心があるデザインです。

革はきれいなツヤがあって、高級感があります。

MURA(ムラ)の長財布

コスパ感がすごい

実店舗では、こういう財布にはなかなか出会えないので、ネットで探して良かったです。

僕は関西在住ですが、良いものを安く買うことができて、自分自身の関西人スピリットを再確認しました。

高いものを高い値段で買うことより、良いものを安くかった時の方が断然嬉しくて、

「安さを人に自慢したい」と感じました。

昔買った3万円のブランド財布より、満足度がずっと高いです。笑

関西人というより「貧乏人スピリット」かもですが。

MURAのデメリット

実際に使ってみて「人によっては気になるかも」というポイントを考えました。

地味と言われたら、地味かも

飽きがこないデザインなので、地味と言えば、地味かもしれません。

でも、毎日使うものなので、冬のアウターのように無難な財布が僕は好きです。

見栄を張る財布ではない

財布にお金をかける人もいます。ハイブランドの高い財布を持っていたら、まあカッコイイでしょう。(派手なロゴがバーンみたいな財布は、カッコイイとは思わないけど)

僕のように、財布で見栄を張るつもりはなくて、使いやすくて良い財布を取り急ぎほしい、という人にはおすすめです。

あと、内側は合皮になっているので、財布全体が革がいい人はご注意を。

まとめ

MURAの長財布は

安いけど、きちんとした財布

です。

黒の他に、いろんな形、色、サイズのラインナップがあります。

ご自身の好みや、状況に合わせて、最適なものを選んでください。

それでは、以上です

MURA公式オンラインショップ



Amazonプライム会員で元がとれるか調べる方法

Amazonプライム会員で一番重要なメリットが「送料無料特典」です。

年会費よりも多く、送料を払っているかで特か損かが決まります。

 

あなたがAmazonプライム会員になって節約できるかを調べるなら、コチラの記事をどうぞ▼

>>あなたがAmazonプライム会員になって”金額的”に得するかどうか調べる方法

おすすめ記事