繊細な人

【無駄無駄無駄無駄無駄】僕が思う人生で無駄なこと5選

人生で無駄なこと無駄無駄無駄

僕は1989年生まれのブロガーです。

今までの人生で「無駄だな」と思うことがたくさんありました。

なぜ、30歳程度で無駄なことをだったと結論付けてしまうかというと、

生きているのが辛い

と感じる日々をたくさん過ごしてきて、

もういいかなと思えることが何度もあったからです。

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

それを、乗り越えて…もいないのですが、そんな僕にとって、

人生でこれだけは本当に無駄だったなと思うことを発信していきたいと思います。

人と比べるのは無駄!無駄!無駄!

人と比べるのは無駄です。

無駄無駄無駄無駄無駄

人間社会が目指すべきは競争でなく共存です。

競争はやる気を出すための手段の1つに過ぎません。

競争してそこそこ物事が上達して成長することはメリットがたくさんありますが、競争におぼれていると自分に対する絶対的な自己肯定感が育っていきません。

僕は人と比べて生きてきましたが、それを続けていると何をしていても漠然とした不安が襲ってきました。

人と比べるのは無駄でした。

我慢しすぎるのは無駄!無駄!

我慢のしすぎは無駄です。

無駄無駄無駄無駄無駄

自分が我慢すれば、ことが収まるという場面で、僕はいつも我慢を選んできました。

我慢すれば、周りから受け入れられるし、好かれると思ってきたからです。

しかし、今僕にはほとんど友達がいないし、周りからも好かれていないし、自分もあまり他人を好きになれなくなってきました。

我慢しすぎることは、自分の心を無視することに繋がります。

それに慣れ過ぎてしまうと、自分が何がしたいのか、やりたいのか、どう生きたいのかが分からなくなってしまいます。

自分のことが分からないことは、本当に苦しいです。

我慢のしすぎは、自分を苦しめるから無駄なんです。

苦手な物事に時間を使うのは無駄!無駄!無駄!

苦手な物事に時間を使うのは、相当な無駄です。

無駄無駄無駄無駄無駄

僕は小学校までは勉強が大っ嫌いで、真剣に何かを学ぼうと思ったのは中学校に入ってからでした。

小学校で友達とも家族にも心を開くことができなくなってしまった僕は、好きでもないけどとりあえず勉強だけはやっていこうと考えました。

学歴があればなんとかなると思って、難関大学を目指して苦手な数学にたくさんの時間をかけて取り組みました。

青春時代の多くの時間を数学の克服に費やしましたが、受験では数学が足を引っ張り続けて失敗。

どんなに頑張っても、合わないものは習得できないと身をもって体験しました。

根本的に数字を頭の中だけで考えるのが苦手で、好きではなかったんです。

塾や学校では「数学は大事」と口をすっぱくして言われて、鵜呑みにしてきました。

数学の勉強よりも大切だったのは、電卓を使いこなすスキルの方でした。

僕は口をすっぱくして言いたいです。

本当に苦手なことは、誰が何と言おうと、やめておけ!と。

それは無駄だからです。

人に怒鳴られるのは無駄!無駄!無駄!無駄!

人に怒鳴られるのは無駄です。我慢していると余計怒鳴られるだけです。

無駄無駄無駄無駄無駄

僕は怒鳴られやすいタイプのようで、大したことをしていなくても、学校や会社で色んな人に怒鳴られてきました。

僕は怒鳴ることは「暴力」と同じだと確信しているので、学校や会社で起きていることは、体罰やイジメが形を変えているだけだと考えています。

世の中の怒鳴っているシチュエーションの99.9%は怒鳴らなくても解決することばかりです。

怒鳴ることは暴力で、僕のようにトラウマを抱えて人生が楽しくなくなるので、無駄なんです。

自分の人生を生きないのは無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!

人生のおいて1番の無駄は自分の人生を生きないことだと、僕は考えています。

それは自分の人生の無駄です。

無駄無駄無駄無駄無駄

もちろん、他人から「自分の人生を生きているね」と思われるかどうかは重要ではありません。

自分の本音の部分、根っこから「自分の人生を生きている」と感じられるかどうかが問題です。

僕は長い間、上に挙げてきた無駄なことをしてきたので、自分の人生を生きてきませんでした。

その結果待っていたのは

  • 人と比べてビクビクする低い自己肯定感
  • 我慢し過ぎて自分が分からない辛さ
  • 好きな物事に時間を費やさなかった後悔
  • 怒鳴られるような体験からの対人恐怖やトラウマ

 

これらに押し潰されて

 

生きていることさえ辛い

 

と感じるようになったのが、現在までの僕です。

自分が生きていることの意味を感じられないなんて、誰が何と言おうと無駄なんですよね。

無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 無駄

最後に

記事の結論です。

 

人生に無駄なことなど何一つありません。

 

その証拠に僕が取り組んできた無駄の塊は、このブログの記事となって、世の中に届いています。

たとえ少数でも、僕と同じような悩みや不安を抱えて、人生に疑問を感じている人に記事に共感してもらえるなら、無駄にはなっていない。

人生でたくさんの無駄を重ね続けてきましたが、今はその無駄過ぎる体験に救われて、ブログという生きる希望を見い出せています。

無駄も無駄にしない!

そんな生き方を、これからしていきたいと思います。

以上です

人生で無駄なこと無駄無駄無駄でなはい
怒鳴られる恐怖トラウマを克服
【怒鳴ることは暴力!】僕がPTSDに繋がるトラウマを克服した体験談 どうも、繊細過ぎるブロガーミケ男(@mikeoblog)です。 僕は過去に怒鳴られることを何度も体験して傷つきトラウマを抱...
本に救われたミケ男の人生【読書で人生変わった】

ブロガーの僕ミケ男は本に救われてきたというお話。

幼少期からのトラウマで

小学校では転校先で仲間外れ

中学では友達と会話が続かず

上下関係や大人が嫌で友達すら怖くなりました

大人になって引きこもりになってしまったり

1人ぼっちの時期が多かったです

そんな僕なので

生きているのが嫌になった夜なんて

数えきれなかったけど

人生はこんなもんじゃない

いつかきっと夢は叶うし

いつかきっと仲間ができる

どんな夢も叶う

目標も達成できる

人生は自分で変えられる

いつか大切な人と出会える

希望だけは捨てずに

今も生きている理由は

素晴らしい本にたくさん出会えたからです。

人に悩みを相談してもスッキリしないどころか

距離を置かれたり、そんなことで悩むなと突き放されたりした

でも、ずっと本だけは僕の味方でいてくれた

だから、僕と同じような悩みを抱えている人には

素敵な本にたくさん出会ってほしいです。

今の時代、スマホでも簡単に本が読めます。

ブログの文章も図解も生き方も考え方も

全部本に教わりました。

僕には、1人1人の悩みや苦しみを解決できません。

でも、たくさんの先人が悩み苦しみもがいて生み出した本に

救いになり希望になるヒントがあるはずです。

僕と同じように、悩んできて今苦しい人がいるはずです。

自分と向き合って、自分らしく生きたい人もいると思います。

僕はこの繊細革命というブログに来てくれた全ての人に

読書をおすすめします。

素敵な本と出会って、素敵な人生にしましょう。

そんなきっかけになれらたら嬉しいです。

▼【無料体験30日間】僕も使ってる”聞く読書”オーディブルは多読におすすめ!

▼【無料体験30日間】電子書籍読み放題キンドルアンリミテッド。キンドル端末とセットならお風呂で本が読める!

▼アマゾンで人気のキンドル端末はこちら

▼本の大切なところだけを読める!本の要約サービス登場。


ミケ男とは
プロフィール繊細な人を笑顔にする未来の起業家 どうも、繊細革命を運営しているミケ男です。 ミケ男(MIKEO) 198...
気になる関連記事

POSTED COMMENT

  1. 兵庫県私設博物学研究所 より:

    うまいことまとめられていてすごいと思います.参考になりました.

  2. ミケ男 より:

    penさん

    いつもありがとうございます。

    無駄じゃないから、存在し続けている。哲学的で、なんかいいですね^_^

    ありがとうございます。いつも温かい言葉に励まされます。

    衝動的に書いた記事だったんですが、喜んでくれる人がいるなら、たまにはこういうネタもありなのかなと思えました。

    コメントしてもらえると、ブログも少しずつ成長していくので、ありがたいです。

    また、いつでも遊びに来てくださいね!

  3. pen より:

    こんにちは。いつも記事拝見してます。
    無駄だと思えることって世の中にたくさんあるけど、全部無駄じゃないから存在し続けているかもしれないと思いました。
    誰かにとっては無駄かもしれないけど、自分にとっては必要だったり。
    少なくとも、僕はミケ男さんの書く記事は好きです。
    最後に元ネタをちょこんと載せておくのには笑ってしまいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。