レビュー

【MOBO】買って良かったスマホ用ワイヤレスキーボードをレビュー(Amazonが安い!)

MOBO(モボ)スマホタブレット用キーボードはおすすめ2

スマホ・タブレット用ワイヤレスキーボード「MOBO」を、購入者が口コミ!

この記事ではMOBOを購入した僕が

  • MOBOを選んだ理由
  • MOBOの特徴
  • 使ってみた感想
  • 買ってみて分かったデメリット
  • 安く購入する方法

についてレビューしていきます。

デメリットも含めた率直な内容になるので、購入検討中の人は是非参考にしてくださいね。

スマホ・タブレットで使えるワイヤレスキーボード「MOBO」とは?

MOBキーボードレビュー_折りたたみ式口コミ

MOBO(モボ)は、スマホやタブレットとBluetooth接続し、文字を打ち込むワイヤレス型キーボード。

対応OSはiOS9以降/Windows8.1以降/Android4.1以降の様々な機器で使用可能です。

サイズと重さ

MOBOスマホタブレット用キーボードは折りたたみ式

折りたたんだ時が166㎜×120㎜×15㎜で、

文庫本とほぼ同じくらいコンパクトです。

広げた時は、291㎜×120㎜×13㎜になります。

MOBOスマホタブレット用ブルートゥースでキーボード02

軽量アルミボディでできていて、重さは本体が286gでカバーが172g。

だいたい500mlのペットボトルよりも少し軽いくらいです。

付属のケースは本体を保護する他に、スマホやタブレットを立てかけるスタンドにもなりま

す。

MOBOKeyboard口コミレビュー
MOBOKeyboard-13スタンドにもなるカバーはとてもしっかりしていて、安定感も十分です

MOBOはこんな人におすすめ

MOBOレビューキーボード
  • ライター
  • ブロガー
  • 旅人
  • ノマドワーカー

スマホを使って長文を推敲する人におすすめ。

片手で入力するスマホだと、スピードは遅いし、長文を書くのはなかなかしんどい。

両手が使えるキーボードがあれば、カフェやオフィス、旅先で大活躍します。

スマホやタブレットでの長文入力がストレスに感じていて、重たいノートPCも嫌だという人には、「MOBO」をゴリ押ししたいです。

MOBO(モボ)キーボードを選んだ3つの理由

MOBO(モボ)キーボードの選んだ理由を、3つ挙げていきます。

選んだ理由①タイピングが打ちやすくて快適

MOBO(モボ)キーボードレビュー_ワイヤレスで快適

キーボード選びの最重要ポイントは「打ちやすさ」ではないでしょうか?

タイピングがストレスになるキーボードは、結局、使わなくなる気がします。

MOBOのキーボードはワイドな設計で、タイピングが本当に楽です。

MOBOキーボードレビュー_打ちやすくておすすめ

ボタンの幅の広さ…15㎜
他のボタンとの距離…3㎜

打ちやすいワイド設計なので、買った初日からガシガシ3000文字以上の文書が書けました。

広げると、僕がかつて所有していた13インチのMacbookproのキーボード並に大きく感じます。

そこらへんの軽量ノートPCよりも、ずっとタイピングしやすいかもしれません。

選んだ理由②MOBOキーボードはデザインがおしゃれ

MOBOKeyboard口コミレビュー

絶妙な丸みや、サラサラとした手触り、キーボードを開く時の滑らかな動きなど、些細な所に「こだわり」を感じます。

カフェで作業する時、デザインに改めて惚れ直すことがあります。

そう言えば、MOBOの梱包を見た瞬間から「オシャレだな」と思っていました。

MOBOキーボード外装にここまでこだわるんだから、中身ももちろんオシャレです。

MOBキーボードレビュー_折りたたみ式

選んだ理由③販売元が日本企業の安心感

Amazonで販売されている知らない海外メーカーのキーボードだと、日本のスマホやタブレットとの相性が心配でした。

MOBOの販売元は日本の会社「アーキサイト」

何があった時に問い合わせができるし、1年保証がしっかりついているので安心。

製品の公式ページもしっかりと作り込まれていたので、より安心しました。

MOBOキーボードのデメリットは?

MOBOは重いのか?

Amazonのレビューを見ていると、MOBOは重い…という意見がありました。

打ちやすさにこだわっているワイド設計のMOBOは、類似製品に比べて少し重いかもしれません。

ただ、どれだけ軽くして、ボタンを小さく設計しても、打ちにくかったら意味がないです。

超軽量のノートPCと比べても全然軽いので、個人的には重さは気になりませんでした。

ブルートゥースで反応が遅い時がある

スマホやアプリが悪いのですが、入力した文字の反応が微妙に遅くなることがあります。

対策として、アプリを終了したり、電源を入れ直することで、元に戻ります。

万が一の時は、有線接続で使えるのが心強いです。(※ただし、有線接続のコードは別売)

英語入力等での切り替えに慣れが必要

僕はiphoneユーザーなのですが、英語に変換したいな、と思っていつものキーボードのように「変換」ボタンを押しても、上手くいきませんでした。

切り替えボタンが、OSによって違うみたいです。

MOBOかな英語入力切替

これは、「MOBO」の欠点というよりも、どのOSでも使えるようにMOBOが対応してくれているとも言えます。

ここは、慣れが必要な部分ではあります。

他と比較するとちょっと高価

他者のBluetooth対応キーボードと比較すると、安くはないです。そこは、予算との兼ね合いかもしれません。

ちなみに店舗では8000円前後が相場のようでした。

追記)

スマホと接続時に「Evernote」で作業している時、「Ctrl+V」などのショートカット系が効きません。スマホをタップして指で切り取り、貼り付け、が必要みたいです。

その他に重さ、色、安く購入する方法など

MOBOレビューキーボード

その他、購入前に気になりそうなことを触れておきます。

色の選び方

MOBOのカラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色。

ホワイトはスタイリッシュでシンプル。女性にはホワイトが人気そうですね。

ブラックは、ずっしりとした印象で、ボタンとキーボードの境界がクッキリ見えます。

僕は汚れが目立ちにくそうなブラックを選びました。

どこで買うと安い?おすすめは?

最も手軽に買えるのはアマゾンです。

アマゾンなら価格も下がりやすく、製品の公式通販も「Amazon」です。

僕は店頭で一目惚れして購入しましたが、後で調べてみるとアマゾンの方が600円くらい安かったです。

MOBO 折りたたみ型 Bluetooth 日本語配列 キーボード【 ブラック 】専用ケース兼スタンド付 「 MOBO Keyboard 」 AM-KTF83J-GB

プライム会員なら、日付指定、お急ぎ便も無料です。タイムセールがあれば、いち早くお知らせが届くので、この機会に「アマゾンプライム」も検討してみてはいかがでしょうか?まずは30日間の無料体験がおすすめです。

バッテリーの充電の持ち時間について

マニュアルによると、連続使用時間は84時間。

一日8時間使ったとしても、だいたい10日間は充電しなくても良い計算です。

現在、購入から1ヵ月以上経ちましたが、まだ1回しか充電していません。

バッテリーが減るとランプの点滅で知らせてくれ、「Fn+B」のショートカットでも残量を確認できます。

バッテリーが持つかどうか不安でしたが、全く問題無かったです。

ちなみにMOBO以外で候補にしていた製品はこの2つ

僕は店頭で「MOBO」に出会うまでは、下記の2つで迷っていました。

 

タイピングの快適性、デザイン、有線接続もできて長く使えると考えて、「MOBO」を選びました。

まとめ

 

数あるワイヤレスキーボードから、MOBOにした理由は

MOBOを選んだ理由
  • キーボード選びで最も大切な「タイピング」が快適
  • 洗練されたデザインの見た目も好きだった
  • 総合的に考えた時の安心感

という感じです。

スマホでタイピングしにくいと考えて、軽量ノートPCを検討している人は、キーボードで問題解決するかもしれません。

安い商品はたくさんあるし、人によって評価は異なると思いますが、

僕は費用以上に、満足度の高さから「MOBO」を買って良かったです。

Amazonプライム会員で本当にお得かどうか調べる方法

Amazonプライム会員になると生活の質を向上させる様々なサービスが受けられますが、

節約する上で一番重要なのは「送料無料特典」であり、プライム会員の年会費よりも多く、送料を払っているかどうかがポイントです。

 

「Amazonプライム会員になって節約できるかどうか」を調べるなら、コチラの記事をどうぞ

>>あなたがAmazonプライム会員になって”金額的”に得するかどうか調べる方法

気になる関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。