悩みごと

深く考えすぎる性格は妄想家と同じ理由【当事者が語る】

考えすぎると、行動が減る。

行動が減ると自信を失う。

深く考えすぎる人は、人生が辛くなります。

学歴があっても、見た目が普通でも、「考えすぎる」ということで人生を棒にふる人がいます。

考えすぎること自体は悪くないです。

むしろ深い思考力は成功の土台と言ってもいいくらいで、成功者の本を読んでいると、実力がある人はもれなく思考が深いです。

しかし、方向性を間違えると、深い思考は人生を狂わせます。

僕は考えすぎる性格で困ってきたブロガーです。

この記事の結論は下記の通りです。

行動なき思考は「妄想」である

繊細革命

考えるだけで、行動しない人は、きっと僕みたいに大変なことになるよ、というお話です。

考えすぎない人の方が幸せな理由

突然ですが、深く考えすぎない人の方が幸せな気がしませんか?

思ったことを素直に口にして、ケンカしても次の日にはケロっとしてる人がいます。

決して真似はできないけど、考えすぎる僕より人生が楽しそうです。

観察して分かったことは、考えすぎない人の根底にあるのが

「現実思考」

現実がこうだから、自分はこうしよう。

常に、現実を元に行動するので、シンプルで、結果がすぐに出る。

失敗しても、失敗した現実を元に行動するので

現実的な成長に繋がっていくんです。

成長したら、楽しいですよね。

その逆は辛いです。

考えすぎて行動できない人の本質

僕のように考えすぎて上手くいかない人の本質は

「仮想現実思考」

です。

現実がこうだけど、自分の頭の中の仮想現実ではそうじゃない。

なぜ、現実がそうなってしまうんだろう?

もしかしたら、ああなって、こうなって、こうだから、、、、、

そうやって、いつまでたっても

「自分はこうしよう」

と行動に移れない。

1人で考えれば考えるほど、時間が過ぎていき、「現実」の鮮度が落ちて「過去」になります。

過去をグルグル考えている状態。頭の中で考え続けた思考はほぼ「妄想」になり、現実で的外れな行動をとったりします。

これが、考えすぎて上手くいかない人の本質的な問題だと考えます。

行動のない思考は「妄想」なんです。

思考が妄想になってしまった体験談

考えすぎて、失敗した経験は数えきれません。

いくつかリストアップします。

  • 両想いだと思って告白したら、全く好かれていなかった
  • 傷つけたと思ってを謝ったら、相手が覚えていなかった
  • 上司の機嫌が悪いと思ったら、ランチ前でお腹が空いているだけだった
  • 大学で部活を頑張ったら就職は大丈夫と思っていたら、150社落ちて既卒になった。
  • ブログが仕事なのに、親に読まれている不安を考えすぎて、1年で2~3記事しかかけず、時間とお金を無駄にした。

一番最近の失敗がこちらです。

ブログ運営を諦めて就職を検討したが「1つ1つのスキルや経験が浅い」と言われて、何社も落ちた。

誰よりも深くあれこれ考えて悩んできたと思って生きてきました。

いざ就活をしてみると、自分のしょぼさを突きつけられたのです。

32歳なのに未経験の仕事しか得られない。

契約社員の選考さえ落ちてしまった。

もし一社で10年以上経験を積んでいたなら、余裕でキャリアアップできる年齢。

大学卒業以来、同級生には会ってないし、連絡先も全部消しました。

みじめすぎて、ずっと会えなかったからです。

みんな、きっと年収400~500万円以上は稼いでいて、半数くらいは結婚して子どもいるでしょう。

 

これが「考えすぎる」男の現実です。

 

スキルと経験は「行動」でしか生み出せません。

僕みたいにならないように、思考の後は必ず行動してください。

もちろん、僕もこれから精一杯「行動」していきます。

考えすぎる人はアーティストになれるのか?

アーティストや芸術家なら、考えすぎてもいい?

学生時代、僕は画家になりたくて、美術部に入って絵ばっかり描いていました。

組織の中で自分が働けないと、人と関わらずに、才能で生きていきたいと、考えたからです。

深く考えている自分は、正しいと思っていました。

人よりアルバイトもできないし、コミュ力も低いし、そうとうレベルの低い学生でした。

自分でも笑ってしまうくらい、常識が無くて、黙っていることでごまかしていたのです。

僕は、考えすぎる自分を、正当化しました。

人より深く悩み、考え尽くしているからこそ、いい作品が作れるんだ

妄想の世界にハマっていました。

でも、実際に芸術で活躍している人と話してみると、

きちんと仕事で食べていけている人は、考えすぎないタイプが多かったです。

依頼を現実的に捉え、現実にどうするかをバンバン判断していました。

優れたアーティストは、現実にとことん向き合って、行動しています。

僕のようなひとりよがりな妄想家では、いい作品は作れなかったです。

作品を観る人も、今という現実を生きている人間です。

「現実があって、自分はどうするか?」

大切なことはこの一言に尽きると思いました。

考えすぎてきても、成功できる

考えすぎる人は、たった1つのポイントで、人生をいくらでもやり直せます。

「考えた後、必ず行動する」

ということです。

いつでも

「考える」か「行動する」かなら

行動を選んでください。

行動することであなたの目の前には

鮮度抜群の「現実」が現れます。

その現実に対して、自分はどうするのか?

「自分はどうするか?」という行動の部分で、とことん考えてください。

行動を何パターンか用意してもいいし、失敗した時にどうするまで考えていてもいい。

考える時間は短く、思考は深くすることも、意識してみてください。

考えたら、必ず行動してください。

考えても答えが出ないことは、行動しないと分からないことです。

行動しなければ、思考はただの妄想です。

あなたは思考力はもう磨かなくて大丈夫です。

考えすぎる人の思考力は、すでにプロフェッショナルだからです

行動さえ伴えば、考えすぎる人は最強だと思いませんか?

 

僕がこの記事を書いた理由も「行動」の1つなんです。

情報収集やリサーチをする前に、下書き無しで書き始めました。

書いていくと自然とアイデアが浮かんできて、案外書けました。

考えすぎていたら、まだ書けていなかったし、あなたにも読んでもらえませんでした。

まとめ

考えすぎる人は、行動が伴わないことで、妄想的になってしまうことがあります。

考えるのは、行動するためです。

思考→思考→思考→思考

ではなく

行動→思考→行動→思考

を意識しましょう。

余談ですが、僕は27歳の時に引きこもりから再就職を目指しました。

業界大手リクルート系列の転職エージェントで、その支店のトップの方に模擬面接をしてもらった時です。

圧迫模擬面接で手ごたえすら無かったのですが

僕なら採用する。君は思考が深いから。

と言われたことがありました。素の自分が思ったことを言っただけなのにです。

深く考えすぎるというのは、上手く使えば一流企業も認めるような

「思考が深い」という強みになると言えます。

短期離職と引きこもり経歴しかなくても、

思考の深さは武器になると知りました。

行動なき思考は「妄想」である。

考えすぎる人の思考力は、すでにプロフェッショナル。

深い思考に、行動が伴えば

あなたは最強になれる。

繊細革命

以上です

おすすめ記事