考えすぎて悩みから抜け出せない人に捧げる「2つの言葉」

考えすぎて辛い時の対処

誰だってちょっと悩むことってあると思うけど、それが何日も何週間も、もしかして何ヶ月も続いていると、悩みのスパイラルにハマっているかも知れません。

そんな状態を抜け出すための、心が軽くなる2つの言葉があります。

どうも、繊細すぎるブロガーミケ男(@mikeoblog)です。

僕はとっても悩みやすい性格です。だから、仕事や日常生活で嫌なことが重なると、悩みのスパイラルから抜け出せないことがあります。

「このままじゃヤバい」

そんな時、ある2つの言葉を唱えることで、僕は少し前を向けました。今スパイラルにハマっているなら、克服や対処のために是非試してほしいので、紹介します。

考えるくん
考えすぎと言われても、考えちゃうんだよね

仕事で考えすぎて悩んでいた僕

仕事が立て込んで忙しい時期、一人でできそうにない仕事を「人に頼む」か「残業してやるか」で迷っている時期がありました。

人に仕事を頼みたいけど、断れたら嫌だったんです。頼んだら別の時にもっと嫌な仕事を頼まれそうだとか。でも、一人でやっても残業になってしまってキツイ。

一体どうすれば良いんだ、と。

仕事頼みたいけど頼めない

頭であれこれ想像するだけで、何も決断できない状況になりました。いつしか、「迷い」が「悩み」に変わっていて、悩み出したら、そのスパイラルからなかなか抜け出せませんでした。

  • 仕事を頼めない→断られたら嫌だ→残業も嫌だ→迷う→どうしたら良いのか分からない→決断できない→悩む→悩みから抜け出せない→辛い

そんな時に2つの言葉が、僕を助けてくれました。

1つ目の言葉「悩むこと禁止」

一つ目の言葉は

「悩むこと禁止!」

です。

考えすぎる悩むこと禁止

とにかくしばらくの間「悩むことは禁止」という呪文を唱えて、実行する。

それ以外は何でもやって良いけど、ただ1つ、悩むことだけは禁止しました。

考えすぎて悩むこと禁止すると、現実に引き戻された

悩みのスパイラルにハマった時に「悩んではいけない」というルールを発動しました。

すると、仕事を頼むのか自分でやるのかで悩んでいた時でも、悩んではいけないルールが発動します。

よくある考えすぎるスパイラルで「仕事を人に頼めないし、自分でやっても残業になるし、もう嫌だ〜!辛い!何もやりたくない!」という状態が禁止される。

すると、具体的にどうしようか、と考えることしかできなくなるんです。

結局、今の現実の自分の手の内にある、しょぼそうでイマイチな選択肢の中から、マシな手段を選んで、実行するしかなくなる。

でも、「具体的にどうしようか」状態の方が、悩んでいるよりも100倍楽だし、悩みからも抜け出しやすくなります。

考えるくん
悩むことをやめたら、半強制的に思考回路が回るんだね

「悩むこと禁止」と唱えて仕事の悩みを乗り越える

「もっと人に何でも頼めるようにならないといけないのに」というのは悩んでいることだから、禁止。

「頼みやすいあの人ばかりに頼んでしまって申し訳ないな、やめとこうかな」というのも悩みなので禁止。

「悩むこと禁止」である以上は、僕にできる選択肢は限られていました。

  • 「ちょっと早く出社して集中力高い時に自分でやってしまう」
  • 「頼みやすい人に、ダメ元で頼んでみる」

それしかない。こんな感じで、思考回路が前進したんです。結局、早く出社することで、ピンチを抜け出しました。

悩み過ぎて身動きが取れない時は「悩むこと禁止」ルールを発動してみると良いかもしれません。

強制的に決断して、良くても悪くても問題を前に動かすしかない状況にする。

「悩むこと禁止」のルールは思考停止してしまった状況で、もう一度、自分ができることを整理するために役立ちます。

悩むクセがついてた僕には「悩むことは禁止」と唱えることで、視界が開けることがありました。

注意:「悩むことは悪い」ではない

禁止と言ってますが、悩むことが悪いということでは無いので注意してください。

悩むことが良い時と悪い時があります。

悩みのスパイラルから抜け出せない状況は精神的に辛いし、最悪の場合は、うつ状態になってしまうこともあります。

だから、一旦悩むことを強制終了させるための「悩むこと禁止」なんです。

悩むことが悪い、悩んではいけない、とは全く違うということを念押ししておきます。

2つめの言葉「悩んでいても良い」

考えすぎて悩みスパイラルにハマってしまうと、簡単には抜け出せない時があります。

2つ目の言葉は

「悩んでも良い」

です。

考えすぎるあなたへ、悩んでも良い

仕事、家庭、恋愛、健康…いつも完璧な状態ではいられないものです。

だから、

「悩みがあっても良い」

「悩みがあってもまあ普通」

「悩みの一つや二つある」

と唱えてみてください。

悩みながらでも、楽しく生きても良い、ってことなんです。

悩んだらいけない、なんて法律はどこにもないんですからね。責められる理由なんてないんです。

正直、僕自身が今めちゃ悩んでる

考えすぎる牛

この記事を書いている僕ミケ男自身、この瞬間にもたくさん悩みがあります。ちょっとだけ書き出してみるつもりが、結構出てきました。

<僕の悩みのスパイラル>

  • 仕事をやめたので、フリーでやっていこうと思うけど不安に押しつぶされそうだ
  • 1人の時間が増えて、過去の嫌だったことが良くフラッシュバックする
  • 人と関わることが苦手なのに、フリーでやっていけるのか…
  • 俳優みたいに整った顔で生まれたかったな…
  • 仕事やめてちょっと太ってきたな…
  • 行きつけのバーに行きたいけど、この状態では行きづらいな…

上記のように、パッと思いつくだけでも、大小様々な悩みがあります。

ここで「悩んでも良い」と唱えてみます!

悩みがたくさんあって、すぐに解決できないこともあるけど、悩んでいても良いんだって思ってみる。

すると、悩んでいるけど、まあ楽しいこともあるし、体は元気だし、まあ生きていけるよな、とちょっと気持ちが楽になる気がします。

悩んでいても良い、と唱えるだけで、心のどこかで考えていた「悩むことは格好悪い」「悩みはすぐに解決しないといけない」という考えから解放されました。

考えるくん
悩むことは悪いこと、と無意識に考えていた気がするなぁ

まとめ

では、自分に言い聞かせるつもりでまとめます。

悩みのスパイラルにハマってしまった時には、

「悩むこと禁止」と「悩んでも良い」という2つの言葉が有効です。

  • 「悩むこと禁止」というルールを決めて、悩む以外の選択肢をひねり出す
  • 「悩みごとがあっても良い」と考えて、悩んではいけないというプレッシャーから抜け出す

以上が、僕が悩みから抜け出すために唱えてみたい2つの言葉です。きっと、少しは楽になると思うので、やってみてくださいんね。

考えすぎる自分を克服する言葉

もし、それでもダメなら、記事にコメントしてみてください。

書くことで頭が整理され、スッキリするかもしれないです。他の人と悩みを共有することで、他の誰かの役に立つし、心も軽くなるかもしれないですよ。

少なくとも、僕はコメントもらえると嬉しいです。

今回は、考え過ぎて悩みから抜け出せない時に役立つ2つの言葉でした。

考えるくん
コメント待ってま~す

以上です
byミケ男

スポンサーリンク