【傷心旅行】失恋して1ヶ月後の金沢1人旅で癒された

そういえば、一昨年の冬、金沢へ傷心旅行に行ってきました。

ざっくり、金沢の魅力が伝わればいいなと思います。

ちょうど失恋して1ヶ月くらいの時期でした。

冬の金沢 ひとり旅

仕事終わりに、弾丸で大阪駅へ。そこから夜行バスに乗りました。

大阪駅から夜行バスで金沢へ

ひとりで旅行に行くと、何だかフワフワします。夢っぽい感じです。

慣れない夜行バスで金沢へ向かいました。

関西では見れないような雪

途中のサービスエリアでトイレ休憩。

いやいや、こんな雪、初めて見たかもしれない。

途中で見たことない雪をみる

やっぱり、日本海側くると別世界でした。

この雪を見ただけで僕はテンション上がってました。

途中で見たことない雪をみる2

明け方に金沢駅に到着。

なんか、すごいモダン。

そして、街が綺麗だ。

すごく。

金沢駅に到着!

ウイスキーをちょっと飲んだけど、バスは寝れなかった。

なんか日本じゃないみたい。

ドイツのようです。

ドイツ行ったことないけど。

ここらへんは、本当にドイツ見たいです。

この柱は有名ですよね。デカいです。

モダンです。

とりあえず、腹ごしらえでモーニング。

旅行のモーニングってなんか幸せな気持ちになってしまう。(灰皿がある。この時はまだ喫煙者でした。)

有名な兼六園にやってきた

兼六園、金沢の超有名な観光名所です。

そんなに期待してなかったんですよね。

だって公園でしょ。

水面が凍ってます。

雪が銀色に輝いてます。

いや〜

透き通る水面に、快晴の空。

黄色い紐は雪で枝が折れないようにしているそうです。

白い雪が似合う景色です。

そこの川になんかいるのかな?

真冬だし、何もいないと思うけど。

外国のお客さん雪合戦するのやめなさい!

うわー

水鏡が輝いてる。

兼六園、美しすぎるやろ。

という感想でした。

次は21世紀美術館へ

21世紀美術館に行ってきた

なんか小学校の時の図工で使ったことある、カラーフィルムみたいな奴がどーんとありました。

カシャ

カシャ カシャ

重なると色が変わるのね!

真ん中の白い玉は、地球か太陽か?

でも太陽は上にあるか。わからん。

ピンクの世界へようこそ!

んー

おもろい!!

何だこの、椅子は?

これは、空です。

これが作品です。

光が入ってきてます。

プールありますやん。

魚人が歩いているのか、中に入りたい。

なるほど、

息ができる。

こちらは、植物とコラボしたアートの壁らしい

美術館、未体験の世界に引き込まれました。

市場へ行ってきた

食べたかった生の牡蠣。

食べました。

うん、

焼いた方が好き!

他にも、ノドクロの定食とか美味しいものたくさん食べました。

すいません、写真がどっかに行ってしまって。泣

遠くに見えるのは富山の山脈でしょうか?すごい綺麗過ぎる。

ドラマで見たことある景色。

2泊3日の旅行でした。

何が伝えたかったかと言うと、

 

旅行っていいもんだなと。

 

別に、心の傷が癒える訳じゃないけど、

新しい記憶を積み重ねて前に進んでいる気がして、

行って良かったなって思いました。

夏にこの記事をみたら、季節外れだとか思わずに、

涼んで欲しいです。笑

ありがとうございました。

以上です。

by ミケ男

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

スポンサーリンク