HSPの4特性「DOES」

HSPの4特性「DOES」の理解で生きづらさが改善する理由【図解】

HSPの4つの特徴DOESとは?

HSPの4つの特性「DOES」を理解すれば、生きづらさが改善するかもしれません。

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

実は、全てのHSPには「共通する4つの特性」があると言われています。

それが、今回のテーマ「D.O.E.S」です。

抽象的でなかなか難しい「DOES」ですが、初めて知った人にも分かるように、

図解を多用しながら説明していくので、続きをどうぞ!

HSPの特徴・診断・対処法
【HSPとは】特徴・診断テスト・対処法を超繊細な当事者が徹底解説!「繊細革命」を運営するHSP当事者ブロガーのミケ男が、HSPとは何か?について、特徴・HSP診断テスト・対処法まで徹底的にまとめました。この1記事で、HSPの全体像が一気に分かります!...

生きづらさの根本「DOES」とは?

HSPの提唱者エレイン・アーロン博士は、

HSPには共通して4つの特性「DOES」が必ずあると言います。

その4つは下記の通りです。

HSPの4特性「DOES」

【D】深く処理する

Depth of processing

【O】過剰に刺激を受けやすい

being easily Overstimulated

【E】感情の反応が強く、特に共感力が高い

being both Emotionally reactive generally and havinng high Empathy in particular

【S】ささいな刺激を察知する

being aware of Subtle Stimuli

これらの頭文字をとって「DOES」と名づけられています。読みは「ダズ」です。

HSPならこの4つの特性を必ず持っており、

1つでも当てはまらない場合は、HSPでは無いと言われるほど、重要な位置づけとされています。

なぜDOESの理解が、生きづらさを改善するのか?

「DOES」を理解することが、生きづらさを改善する理由は、

全てのHSPに共通する4つの特性が、様々な悩みの根本要因になっているからです。

この特性を知ることで、HSPの自己理解が深まり、生きづらさを改善する対策や方向性へのヒントになるでしょう。

しかしながら、横文字「DOES」の時点で、既にテンションが下がっている人もいるかもしれません。

できるだけ直観的に分かるように、図解と具体例で説明していきます!

DOESの「D」①深く処理する

HSPの特性①深く処理する

DOESの1つ目の特性は「深く処理する」です。

HSPは人よりも情報の処理が深く、同じものを見ていても、そこから処理する情報量も多いと言われます。

例えば、外出前に「空が曇っている」という状況があります。

非HSPであれば「空が曇っているから、傘を持って行こう」と考え、鞄に折りたたみ傘をポンと入れて終わるかもしれません。

一方、HSPの僕なら情報の処理や、思考回路が少し違います。

「天気予報を確認しよう」

「なんか気圧が低くて頭痛がするなぁ」

「折り畳み傘、鞄に入れると結構重いんだよな」

「降りたたみ2種類持ってるけど、どっちにしようかな」

「やっぱ普通の傘にしようかな」

「最近、予報良く外れるなぁ」

「革靴はやめとこうかな」

と、HSPでない人と比べて、情報を深く処理する傾向があります。

hspのdoes_深く処理する特徴

これはHSPが意識せずやっていることなので、人に言われなければ自分の「処理が深い」ということさえ気づかないでしょう。

この特性によって、HSPは思考が深く、洞察力が鋭いと言われる理由にもなっていますが、

逆に「考えすぎ」「仕事が遅い」といった評価を受ける要因にもなっています。

僕の場合、処理か深く広がり過ぎるあまり、上記の例では

「肝心の傘を忘れる」ような所もあって、天然だと勘違いされることもあります。

DOESの「O」②過剰に刺激を受けやすい

HSPの特性②過剰に刺激を受けやすい

DOESの2つ目の特性は「過剰に刺激を受けやすい」です。

HSPは刺激を受けたときに、人と比べて、神経が高ぶりやすいと言われます。

例えば、HSPの僕は、飲み会が苦手です。

始めの30分くらいは周りと同じように楽しめるのですが、

ただでさえ騒がしい居酒屋で、音、匂い、アルコール、会話、気を遣う上司などの刺激を過剰に受け取ってしまいます。

僕は開始から30分もすると、疲れてテンションが下がってしまいます。

それと同時に、周りから「楽しんでないのかな?」という感情も鋭く感じて、さらに気疲れしてしまうのです。

hspのdoes_過剰に刺激を受ける特徴
個人差はありますが、HSPは「刺激を過剰に受け取ってしまう」傾向は、共通しているようです。

DOESの「E」③感情の反応が強く、特に共感力が高い

HSPの特性③感情反応が強く、特に共感力が高い

DOESの3つ目の特性は「感情の反応が強く、共感力が高い」です。

言い換えると、他人が抱えている感情に反応しやすく、それを自分に起きていることのように、感じるということです。

僕が昔勤めていた会社に、瞬間湯沸かし器のようにキレやすいKさんという女性がいました。

機嫌が良い時のKさんは、気さくに話しかけてくれるのですが、

何か嫌なことがあると、後輩に理不尽なことを要求したり、感情任せに八つ当たりするような一面がありました。

Kさんと一緒にいると、怒りの感情がどうしても気になって、感情の浮き沈みに巻き込まれるのを感じました。

HSPは、相手に起きたことを自分のことのように感じる神経「ミラーニューロン」の働きが、人に比べて活発だそうです。

ミラーニューロンの「ミラー」とは、鏡のミラーのことです。

まるで相手の感情を、鏡で写すように感じてしまう傾向がHSPにはあるようです。

僕がKさんと一緒にいて疲れる理由は、「怒りの感情への反応と、共感性」が影響していたんだと思います。

hspのdoes_感情反応と共感性に特徴
ミケ男
ミケ男
Kさんは感情を吐き出した後、ケロッとしているのですが、僕の方は数日くらい引きずっていました。

DOESの「S」②ささいな刺激を察知する

HSPの特性④HSPの特性ささいな刺激を察知する

DOESの4つ目、最後の特性は「ささいな刺激を察知する」です。

HSPは五感が敏感な人が多いと言われていますが、それはこの特性をよく表しているように思います。

例えば、HSPの僕は音に対してとても敏感なので、ささいな物音が気になります。

隣人の騒ぎ声や足音などが気になってしまうので、耳栓をつけないと夜になかなか寝付くことができません。

カフェにいても、誰かの咳払い、荷物を机にドサッと置く音、声が大きい人の話し声など、とにかく音が気になってしまいます。

周りの人からすると「細かいなぁ」と思われることがほとんどです。

hspのdoes_些細な刺激を察知する特徴

敏感さは体調にも左右されますが、HSPの僕にとっては、常に自分の周りで「夏祭り」が開催されているような感じかもしれません。

そして、いつもと違う部分、細部への些細な違和感にすぐ気づく傾向があります。

もちろん、五感の敏感さには個人差があり、他の感覚はそうでもないのに、特定の1つがすごく敏感という場合も結構あります。

「DOES」に当てはまるかどうかも自己判断になる

DOESについて説明してきましたが、いかがでしょうか?

HSPの提唱者アーロン博士によると、HSPはこれら4つの全てに当てはまらないと、HSPではないそうです。

しかし「当てはまる、当てはまらない」というもは個人の主観です。

「DOES」を知って、自分がHSPとは違うかもしれない、と不安に思う人もいるかもしれません。

個人的には「HSPを学んで救われるならば、HSPかどうかなんて気にしなくていい」と思っています。

特に、HSP当時者のブログや本を読んで、深く共感できたり、対処法やアドバイスがすごく自分に役に立っているなら、それで十分かなと思います。

ただし、HSP当事者の発信や本を読んでみたり、交流会に参加してみたりして、

なんとなく違和感があるなら、違う枠組みの方がより救われるかもしれません。

「DOES」で生きづらい時の対処法

最後に、「DOES」を知って、じゃあどうすれば良いのという部分まで、触れておこうと思います。

HSPなら誰もが持っている「DOES」の特性。

これが、良い結果を生むこともあれば、悪い結果に繋がること多々あるでしょう。

今、HSPの特性が悪く作用することが多くて、生きづらさに苦しんでいる人もいると思います。

そんな人のために、5つほど対処法を考えたので、参考にしてみてください。

生きづらさへの対処法①人と違う自分を受け入れる

まずは、人と違う自分を受け入れることが重要です。

例えば、HSPの僕の聴覚の敏感さは、生まれ持った気質なので、どう鍛えても鈍感になることはありません。

うるさい環境に身を置いて、慣れようと努力しても無駄です。

なぜなら、耳の敏感さは生まれつきの気質であり、ほぼ一生変わらない特性だからです。

まず必要なのは、音に敏感な「自分の気質」を認めることなんです。

そんな自分をまず認めることで、静かな場所でゆっくり過ごす時間をたくさん作ったり、

耳栓やイヤホンをうまく使って、音の刺激から身を守ることが対策になると気づくはずです。

HSPは5人に1人の少数派なので、周りに相談しても、

「気にしなければ良い」

「時間が経てば慣れる」

「みんな同じように苦しんでる」

と言われるかもしれません。

もちろん彼らに悪気は無いのかもしれませんが、そういったアドバイスよりも、自分が感じることを基準にして、生きることがHSPには結構大切だったりします。

まずは自分の特性を理解して、受け入れること!

そこから全てが始まると思います。

生きづらさへの対処法②デメリットはメリットの裏返し

デメリットは、メリットの裏返しです。

HSPの特性は、日常生活でデメリットになることも多々ありますが、

見方を変えれば「レアな特殊能力」として重宝されることもあるでしょう。

  • 深い洞察で物事の本質を見極めること
  • 人の痛みや苦しみが分かること
  • ささいなことから喜びや幸せを感じること
  • 尊敬する人から良い影響を受けられること
  • いち早く危険を察知し、どうすればその場所が心地よい環境になるのか分かること

HSPの特性を活かせる場所は身の回りでたくさんあります。

ある場所では「生きづらさ」になっていたことが、別の場所では「唯一無二の才能」になることがあります。

これからは、自分の特性を分かった上で、様々な選択・判断・決断することで、人生が少しずつ楽になっていくと思います。

それが、自分の軸を持って生きるということかもしれません。

生きづらさへの対処法③HSPを学んでいく

HSPの知識やノウハウは、特に本で詳しくまとめられています。

特に、HSPの当事者が書いた本を読んでみてください。絶対に当事者の本がおすすめです。

HSPの僕は本の文書やニュアンスにも敏感なのですが、HSPの当事者の本は、表現への気遣いが行き届いているので、安心して読むことができます。

生きづらさへの対処法④HSPのマイルールを作る

HSPは個人差の塊です。

本やブログから知識は得られても、自分に役立つかどうかは試してみないとわかりません。

あれこれ試してみて、効果があった対処法を集めて「マイルール」を作るのもおすすめです。

生きづらさへの対処法は、どんどんノウハウとして蓄積していきましょう。

生きづらさへの対処法⑤ミケ男を応援する

当ブログ繊細革命では、HSPに役立つ情報を発信しています。

ツイッターでは、他のHSPの方の有益な情報をシェアしたり、自分の日々のHSPあるあるもつぶやいています。

ミケ男の「繊細革命」をHSPの情報発信拠点の1つとして活用してもらえればと思います。

自分自身も、HSPから学んだことを実践していくことで、ブログとともに成長していきたいと考えています。

そんな僕に共感し、応援してくれる人がいると、とても心強いです。

良かったらツイッターフォローお願いします。

まとめ

今回はDOESの理解と、その上で、どういう方向性で生きづらさを改善していくかを紹介してきました。

5つの対処法で一番やってほしいのは「ミケ男を応援する」と言いたいところですが、

まず、救うべきは自分自身です。

「自分を受け入れる」ことを意識して、マイルールを作ったり、書籍で学んだりしながら、少しずつ自分の生きづらさをラクにしていきたいですね。

DOESの理解はそのための重要なヒントだと思ったので、今回紹介させていただきました。

これからも、根気よく繊細な自分自身と向き合っていきましょう。

それでは、この記事が皆さんの何かしらの良いきっかけになれば嬉しいです。

以上です。

ミケ男
ミケ男
記事が良いなと思ったら、シェアもよろしくお願いします

▼もし、HSPの本を一冊読みたいなら、繊細さんの本を推薦します。

▼「DOES」を分かりやすく学びたいなら、こちらの本がオススメです。

 

HSP_おすすめの本10冊まとめ
HSPの本のおすすめ10選【読みやすさ・分かりやすさ重視】この記事で紹介するHSPの本を書いた著者は、アーロン博士、武田友紀さん、長沼睦雄先生、みさきじゅりさん、上戸えりなさん...etc ...

 

HSPと他の概念との違い
【図解】HSPと内向型・エンパス・HSSの違いを分かりやすく解説5人に1人の割合で存在し、生まれつき敏感な気質を持つHSP(Highly Sensitive Person)。 HSPについて理解...

 

hspの適職向いてる仕事の探し方
【HSPの適職を考察】繊細な当事者が考えた向いてる仕事の探し方HSPの適職は?向いている仕事はあるのか?その問いにHSP当事者が考えたことを発信します。 HSP当事者の僕は、仕事でいつ...
繊細・敏感・生きづらい「HSP」とは??

HSPは5人に1人が持つ気質で、このような特徴があります。

  • 5感(光、音、臭い、カフェイン等)が敏感
  • 感受性が強く、傷つきやすい
  • 人間関係で消耗し、人込みや集団が苦手
  • 音楽や芸術に心を惹かれる
  • 病気ではないのにいつも生きづらい

生きづらさの理由はHSPかも…と思ったらコチラの記事で診断チェックができます。

HSPについて詳しくはコチラ>>「HSP」とは?超繊細な当事者が教える特徴・診断・対処法まとめ

手っ取り早くHSPのオススメ本が知りたい人は「繊細さんの本」を、自信を持って推薦します。

参考記事:【HSPが読むべき1冊】7冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。