【ご迷惑をおかけしてます】サイトカスタマイズ中です。
不器用な人間

【HSPが読むべき1冊】5冊読み推薦する日本人HSP当事者の「繊細さんの本」

繊細さんの本hspにおすすめ

繊細過ぎる気質”HSP“の僕が、HSPの関連本を5冊読み、その中で最もオススメしたい1冊『繊細さんの本』について詳しく紹介します。

ちなみに読んできた本は下記になります。

[aside type=”boader”]

[/aside]

これらの中で『繊細さんの本』を僕が一番おすすすめする理由、気になる人は続きをどうぞ!

HSPの特徴をおさらい

繊細な女性

HSPの人には以下のような特徴があります。

[aside type=”boader”]

  • 自分のまわりに機嫌悪い人がいると、気になって仕事が手につかない
  • 相手の気持ちを考えすぎて断れない
  • 些細なことまで気づいてしまい、仕事に時間がかかる
  • 疲れやすく、ストレスが体調に出やすい

[/aside]

参考:繊細さんの本

周りの人よりも敏感に物事を察知して、感じとってしまう繊細な人。

アメリカの研究によると、5人に1人が繊細過ぎて生きづらさを抱えているHSPと言われます。

おすすめする本には20項目以上の診断テストも含まれているので、特徴について詳しくはそちらで確認してみてください。

HSP本でおすすめ『繊細さんの本』ってどんな本?

 

著者はHSP専門カウンセラー武田友紀(たけだ・ゆき)さんという女性です。

これまでに600名以上のHSPで悩む人をカウンセリングしてきた、国内では珍しいHSPの専門家です。

これまでの相談経験を具体的なエピソードとして紹介するため、とても読みやすい構成となったいます。

著者自身もHSPであり、生きづらさを感じながらも会社員として働いてきた経歴の持ち主です。

HSPの繊細な目線で、当事者にしか分からない気持ちに寄り添う文章が魅力であり、本の中では、HSPを親しみをこめて「繊細さん」という言葉が使われていて、本のタイトルにもなっています。

HSPの本を読んでいて僕が「んん…?」と感じてたこと

HSPの診断

色々なHSPの本を読んできて、感じたことを正直に書いてみました。

当事者の目線じゃない本に違和感

HSP当事者は、これまでの人生で幾度となく生きずらさを感じてきて苦しんできました。

自分を責めたり、自分を変えようとして生きてきた人もいるでしょう。

HSPではないお医者さんが書いた本では言い回しに傷つくことがありました。

例えば、「普通の人はこうだけど、HSPの患者は○○で△△の傾向があります。」という具合に。

これでは「HSPって治さないといけない悪い性質なんだろうか」と不安になってしまいました。

些細な違いかもしれませんが、僕自身がHSPだからこそ、文章からでも些細なことで傷つきます。

海外の翻訳本と、日本の自分の状況とのギャップ

HSPはもともと、アメリカのHSPの心理学者エレイン・アーロン博士の長年の研究により分かってきたことで、本場はアメリカです。

必然的に翻訳本は日本でも人気が高いです。特にアーロン博士本人の著書『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ』はその一つ。

アメリカでもベストセラーになった本だけあって、とても共感する内容です。

しかし、上下関係が厳しくプライベートまで仕事に追われるような日本で、どうやってHSPが自分らしく生きられるのか、海外とのギャップを感じました。

当事者目線で、日本で生きる自分に役立つ本を探していた

色んな本を読んでみて感じていたことはこんなことです。

  • 医学の専門用語はほどほどで良い。
  • 数ページにも及ぶエピソードはちょっとしんどい。
  • 読んでいて「そうそう!そういうことある!」と共感したい。
  • 日本で生活したり、働く中で役立つノウハウや対策が知りたい。

次に、繊細さんの本について、読んでみての感想を詳しく見ていきましょう。

繊細さんの本の特徴(メリット)

繊細さんの本の特徴やメリットを挙げてみました。こんな感じです。

「五感の敏感さ」への具体的な対策が分かる

HSPは普通の人よりも「五感」が鋭いという特徴がありますが、五感のそれぞれに対して、刺激を和らげるための具体的な対策が紹介されています。

[aside type=”boader”]

視覚:蛍光灯などが眩しいならロウソクを使う、寝室のモノを減らす、エアコンの電源ボタンの明かりを塞ぐ

聴覚:イヤホンや性能の良い耳栓をする、リラックス音楽を聴く

触覚:心地よい素材の服を着る、色の心理作用を考えて服を決める

味覚:コーヒーやジャンクフードを避ける、添加物を食べない

嗅覚:マスク、香りの良いクリームやワックス、アロマをたく

[/aside]

あくまでも一例ですが、刺激の敏感なHSPにはとても役に立つテクニックや対策をたくさん提案しています。

人間関係をラクにするテクニックがいっぱい

著者自身がHSPであるため気になるトピックが満載です。

  • 親との関係
  • 苦手な人との距離感
  • 直観を大事にすること
  • 人に頼るのが苦手な時のテクニック
  • 繊細でない恋人(彼氏、彼女)との相性
  • 繊細さん同士の付き合い方

人間関係でHSPが直面するであろう問題を網羅されています。

HSPの最大の悩み「仕事」での対処法と向いている仕事の見つけ方を提示してくれる

HSPの仕事選びについて、600名のカウンセリングから、いきいきと働いているHSPの共通点について詳しく書かれており、仕事選びの方向性を教えてくれます。

仕事をしていて直面する

  • 「自分だけ忙しい」
  • 「苦手な仕事がつらい」
  • 「マルチタスクが苦手」

などへの対処についても触れられています。

[voice icon=”https://sensai-mikeo.com/wp-content/uploads/2018/08/2d63c8e4e5ef869e721deff2ad952eb0.jpg” name=”考えすぎ男” type=”l icon_blue”]HSP当事者が知りたいことを全部網羅しているよ![/voice]

【アマゾンはこちらから】「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

心に残った言葉を紹介

キライは大切なセンサー。人を嫌えるようになろう

「繊細さんの本」p105

 

自分の「こうしたい」を大切にすると、人生が変わる

「繊細さんの本」p54

 

心の深さには個人差がある

「繊細さんの本」p134

 

「いいと思えること」を仕事にする

「繊細さんの本」p180

『繊細さんの本』が合わなさそうなのはこんな人

では、逆にこういう人には別の本が良いよ、という点も触れておきます。

■HSPを発見するまでの歴史、医学的な研究や調査の観点からHSPを理解したい人、

→「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 」がおすすめ。

■HSP当事者(本人)ではない人、お子さんがHSP(HSC=Highly Sensitive Child)の人

→こういう人には「ひといちばい敏感な子」がおすすめ。

■細かい文字や難しい言い回しが苦じゃない人、学問的に深くHSPを掘り下げて理解したい人

→「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 」や「鈍感な世界に生きる 敏感な人たち」がおすすめ。

■繊細さんの本は読んだけど、似ている本をもう一冊読んで理解を深めたい人

→「「敏感すぎる自分」を好きになれる本」が良い。

まとめ:良書の条件とは?

いかがだったでしょうか?

僕が考える「良書」には3つの条件があります。

  1. サラっと読めること
  2. 内容が濃いこと
  3. デザインにもこだわっていること

が揃っていることです。

デザインは触れていませんでしたが、この本のデザインはHSPが視覚から刺激を受けやすいのを配慮されています。

人間がリラックスできる「青緑」と白、黒のみで統一されていて、文字の大きさも少し大きめで読みやすいです。

イラストも豊富で、きっと最後までスラスラ読めることに驚くと思います。

つまり、この本は間違いなく良書です。

僕が買って良かった『繊細さんの本』、自信を持っておすすめします。

 

以上です

byミケ男

 

▼繊細さんにおすすめの記事

[kanren postid=”89,484,40″]

 

▼こんな記事もかいてます。

[kanren postid=”2450″]

 

▼繊細なブロガーミケ男について知りたい方はコチラ

【ミケ男が分かる14記事】

ABOUT ME
ミケ男
繊細革命を運営しているブロガーのミケ男です。僕は繊細で敏感、感受性が強いという気質を持っています。繊細だからこそ感じてしまう生きづらさ、哀しみや苦しみについて、リアルな気持ちを世の中に発信しています。他にも、商品レビューや食レポ、PR記事やネタ企画なども挑戦しています。

コメントを残す