にらまれて、目があって、イライラする時の心理と福山雅治から勝手に学んだ対処法

街中で他人と目が合うと、なんだかイライラしてしまうことがある僕。

時々なんですが、にらまれたりチラチラ二度見されたり、何度も見られているような気がして腹が立ってしまう

通勤中歩いている時、買い物をしている時、時々ですが、無性にイライラしてしまう自分に困っていました。

この、日常生活に支障をきたす目が合ってイライラしてしまう問題について考察し解決策を考えてみました。

にらんでくる相手について考える

あの人はどうしてにらんでくるのか?なぜあんなに怖い顔でこちらをじっと見つめてくるのか?

もしかしたら、僕の勘違いかも知れないけも、その理由をまずは想像してみました。色んな可能性が考えられます。

  • 仕事で嫌なことがあってイライラしてる人と目が合った。
  • 恋人に振られて絶望している人と目が合った。
  • 酔っ払っている人と目が合った。
  • 目つきだけが、ちょっとだけ怖い人と目が合った。
  • 知り合いに似ていると思って僕をみた人と目が合った。

目が合った時に、相手について思考を巡らせても、当たり前なんですが、理由は無限に考えつきました。そもそも、僕の考え過ぎだったり、自意識過剰過ぎだったりすることもたくさんあると思います。

本人に聞くわけにもいかないので確かめることもできない。つまり、誰かがにらんでくることについて、あれこれ考えてみてもなんの解決にもならないと気づきました。

そこで次は自分の心の中に目を向けてみました。

なぜ僕はイライラするのか考察する

  • 人に見下されて、馬鹿にされているような気がする。
  • 勝負に負けたくないという競争に似た気持ちになって悔しい気がする。
  • 自分の精神的に未熟な部分があるのかもしれない。
  • 自分がストレスを抱えれているのかもしれない。
  • 自分の運動不足や体調不良が原因でささいなことでイライラするのかもしれない。

色々なマイナスな思考が浮かんできました。時と場合によって、自分の心の動きにも波があります。ある時は気にしないで受け流せるのに、ときどきすごく腹が立ってしまうこともあります。

ここを深堀りすると心理学的な分析になる気がするので、少し視点を変えてみて、にらみ合いをしてしまった先に何が起こるのか、その展望を想像してみます。

にらみ合った先の最悪のシナリオ

にらみあってしまったら、どんなことが起こるのか考えてみました。

にらみ合いに勝った時

例えば、相手が先に目をそらしてどこかへ行った時。

勝負に勝ったという感覚はほとんど無く、くだらないことをしてしまったと言う罪悪感を感じる。後悔とまた同じ人に会ってしまったらどうしようという不安。感情をコントロールできないことに情けなく思う。

にらみ合いに負けた時

例えば、自分が目をそらして立ち去った時。

勝負に負けたような気分になり、惨めな気がする。あとから腹が立ってくることもあります。

ここでちょっと恐い想像もしてみます。もし自分も相手もにらみ合いを続け、ケンカみたいになってしまったどうなるか…

喧嘩に発展したとき

にらみ合いでは済まない事態が起こる。ケガをさせたり、させられたりすれば訴訟に発展することもある。

罪悪感や後悔とかいうレベルを超えて、社会的な信用や周りの人からの信頼など、大切なものをたくさん失うことになる。

自分で自分の幸せを捨てるような最悪の結果になってしまう。

自分が気にしないで知らないフリをしていたら2~3秒で終わっていたことなのに。

そんな恐ろしい結末には絶対してはいけない。

では、どうやって「人からにらまれてイライラする」ことを乗り切れば良いのか?

そこで僕が考えたのは、僕が憧れる人や、尊敬する人ならどう対処するだろう?ということでした。

尊敬するあの人ならどう対処するか考える

そこで、尊敬する人を思い浮かべて、あの人だったらこういう時にどうするだろうかとイメージしてみます。

僕があこがれる人、あの福山雅治さんならにらまれた時にどう振る舞うのか考えてみました。

福山雅治なら…どうする?

福山さんなら、例え誰かににらまらても、何事もなかったかのように、さわやかにスルーしてやり過ごすでしょう。

まさかにらみ返して喧嘩に発展して、などということは絶対にしないはずです。

世界がひっくり返っても、福山さんが

「あんちゃん…何、こっちみでんだこの野郎!」

てのはあり得ないです。はい。

にらまれた時の僕の理想の対処法

ここまでのことを踏まえて、僕が人からにらまれた時にどうありたいのかを文章にしてみました。

人と目が合った時や、にらまれた時、にらまれたと感じた時、何事もないように平気でいられる人間でありたい。

そもそも他人が何を考えていて、どんな状況で、どんなことを抱えているのかなんて分かるはずがない。

知らない相手のことを一方的にあれこれ考えることは無意味な妄想でしかないし、もしかすると自分が無意識にイライラしてたり、コンディションが整っていなかったり、気分が悪かったりして、些細なことが気になる状態かもしれない。

感情に任せて行動すると、最悪の場合は人生を台無しにすることになる。

感情を抑えるのが難しい時は、自分がどうありたいか、どういきたいか、どうしたいか、どういう未来を生きたいかを自問自答して一番最善の対応を選ぶ。

とりあえず、何も考えずにその場を離れるのも賢い選択だと思う。

憧れの福山雅治さんだったらどうするだろうとイメージして、スマートな振る舞いでその場をさわやかに切り抜けていきたい。

こんな感じで文章にすると、気持ちの整理ができました。

世の中の5人に1人はHSP

繊細過ぎる気質というのがあります。世の中の5人に1人は、繊細過ぎて生きづらさを感じやすいHSPという気質を持っています。僕もまさにその1人なんです。「敏感すぎる自分」を好きになれる本は、HSPについてうまくまとめている良書でした。

気質として持っているものだから仕方ない部分がある。僕は、そういう自分のことを理解して、人混みを歩く時は、人と目を合わせないで歩くようにして、神経を使い過ぎないように気をつけたりしています。

自分のコンディションを整える

イライラすることを事前に予防するために自分のコンディションを整えることについて考えてみます。

適度な運動

10分程度の簡単な散歩でも、リラックス効果が期待できるようなので、たまには帰りの一駅分を歩いてみると気分転換できます。あと、僕のおススメは水泳です。低コストで一人でも続けやすい運動なのでおすすめ。気になる方は、下の記事のエピソードもどうぞ。

水泳を1年半、週2回のペースで続けて健康的に8キロダイエットできた話

睡眠不足は絶対にダメ

僕の親父がいつも言うのが、睡眠不足がメンタルに関わる問題の根源だということです。脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術という本でも同、就寝前はできるだけパソコンやスマホを見ないようにと言われています。

間違ってもコーヒーを飲んで覚醒しないように、リラックスして過ごしましょう。普通のコーヒーにはカフェインが含まれており、人によって個人差がありますが、数時間目が覚め続けます。

僕は時々、カフェインレスのコーヒーを寝る前に呑んでリラックスします。

アロマを焚いてリラックス

アロマディフューザーとは、精油という主に植物から抽出した濃い油を水に溶かして、細かな水蒸気にして部屋を香りで満たす装置です。

ラベンダーの香りは寝る前のリラックスに効果があると言われています。自分にあった香り探しも楽しいです。

お酒やタバコはほどほどに

お酒はリラックスできる反面、飲み過ぎるとアルコールが無いとイライラする禁断症状が起きる場合があります。

自分の健康と安眠のためにも、お酒は夜の早いうちに適量で済ませ、夜遅くに口がさみしい時はお酒の代わりに炭酸水かカフェインレスコーヒーを飲むとリラックスできます。

音楽を聴いてリラックス

音楽はどんな時でも心の支えになってくれます。youtubeでお気に入りの曲を聴いたり、知らなかったアーティストを発見したりして、リフレッシュしてます。ワイヤレスヘッドホンをまだ使ったことが無い人は、一度試してみてほしいです。国内のメーカーはちょっと高いし、リスキーなので、5000円台で変えるワイヤレスヘッドホンを試しに買ってみる良いですよ。

5年計画で漠然とした不安を解消

将来に漠然とした不安がある僕。そこで、5年計画というのを作成中です。5年計画というのは、人生で自分がこれからどう5年後の自分の理想像をイメージして、今日一日、明日、一カ月、一年、2年、3年…の人生をより自分らしく迷わずに生きるためのもの。

5年先を見据えていれば、日々のちょっとしたことの判断で迷いが減り、ブレない考え方ができる。もし興味があればチャレンジしてみて下さい。

その他、不規則な生活になっていないかなど、自分が気になることや、生活で改善点と向き合う機会にしてみましょう。

まとめ

ここまで読んでいただいた人の中で、それでも腹が立ってイライラして感情が抑えられない時には、このブログにその気持ちをコメントで書いてみてください。書いてみて、気分転換に散歩したり、歩いたりしてください。

自分の気持ちと向き合えば、きっといつか自分がどうありたいかが見えてくるはずです。

もうこれからは、他人ににらまれたように感じても、腹が立ったりイライラするのは終わりにします。

以上です。
byミケ男

スポンサーリンク