コンプレックス

顔や外見にコンプレックスだらけの僕が考察した醜形障害と克服方法

身体醜形障害の特徴と原因_認知行動療法で治す

「自分の顔や身体が嫌い」

誰でも多少はある外見コンプレックスを極端に考え過ぎてしまう「身体醜形障害」を知っていますか?

  • 外出中に鏡やガラスに写る自分の姿を何度も確認してしまう
  • 写りの悪い写真や動画を見ると、一瞬で憂鬱な気分になり落ち込む
  • コンプレックスをからかわれることがすごく怖い

こんな風に過ごして生きづらさを感じる人は、身体醜形障害の傾向があるかもしれません。

ミケ男
ミケ男
どうも、ミケ男です

自分の外見が好きになれない気持ちを抱えてきた僕が、

身体醜形障害になった原因、自分の体験談、10分でできる簡単なワーク、それを活用した「自分の外見嫌い」を克服する方法を紹介します。

僕自身も見た目に悩んできたので、当事者にしか分からない気持ちに共感してもらえたら嬉しいです。

自分の顔が嫌いになる身体醜形障害とは?

身体醜形障害の特徴_認知行動療法で治す

自分の外見のコンプレックスを必要以上悩み続ける、外出が億劫になる、引きこもりになったり、人によっては整形手術の繰り返す、などが症状だそう。障害と言いますが、軽度の場合は思考のクセ、傾向なのかなと思います。

以下参考・引用すべて:Wikipedia:身体醜形障害

身体醜形障害の症状「嫌いな自分の姿に向き合えない」

wikipediaより身体醜形障害の特徴で、僕が良く感じる部分を抜粋しました。

外出した際は他人の視線(顔や容姿全体、こだわっている箇所)を意識しすぎて、

ショーウィンドーのガラスや車のガラス、バックミラーなどに自分の顔や容姿を映し様々な角度から自分のこだわっている箇所を確認し続けるという行動をとる。

自分が写るものを、いつも見てしまうんです。

その姿が自分の思っていた顔や容姿とのイメージと合致した場合は、気分が高揚し安心感を持ち、かけ離れていた場合は酷く落ち込み、目的だった事柄や場所に行けず冷や汗を掻いて引き返してくることもある。

また外出時は自分の顔・容姿のこだわっている箇所を他人と必死に比べようともする。

明るすぎる場所では鏡をあまり見ないようにしてきました。

なんだか、リアル過ぎて嫌なんです。

黒いスモークを貼ってある車の窓ガラスや、遠目に写るお店のガラスを見て安心していました。ほど良く加工されて、ぼやけて。

そんな行動って、やっぱり変ですかね???

また反射物に限らず、写真や映像(カメラやビデオ)に撮られることも嫌い、その自身が写った写真や映像から目を背けたり写りたがらない。

写真や映像に写った自身の顔・姿のイメージが自己のイメージと合致すれば上記の様な心理状態になり、違った場合は落胆し鬱になったり、写真の場合は破り捨てることも見受けられる。

自分の良い感じの角度や照明条件がなんとなくあるんですよね。

昔から「見た目」に悩んできた僕

身体醜形障害の理想イメージ昔から見た目をすごく気にしてきました。

  • おしゃれな服がないから、家族でショッピングモールに行くのを、留守番する
  • 楽しいイベントの場でも、写りの悪い写真を見ると内心は一瞬で憂鬱な気分になる
  • たとえ冗談でも、外見をからかわれることが本当に辛い
  • 街中で容姿の整っている知らない美男美女のカップルを見ると辛い
  • 外見のせいで人生が上手くいかないのでは、と思うことがある

見た目のことばかり考えてしまうことがあります。

おしゃれなセレクトショップは気軽に入れないという、些細な悩みがずっとあったりします。

そんなことを慢性的に悩み続けました。

見た目が嫌になる原因は?

色々な原因が考えられます。

コミュニケーションを上手く取れないことへの置き換え?

wikipediaによると、

人とのコミュニケーションを上手く取れないため対人恐怖や劣等感に陥り、

その感情を外見の劣等へ形を置き換える事で、無意識的にバランスを取っている側面もある

と言われています。確かに時々、こう思います。

 

人とうまくやれない=外見が劣っているから=外見が良ければ良いのに

 

外見が良ければ、もっと上手くやれたのに、もっと幸せだったのに…。

でも、本当の問題点は

人とうまくやれない

という部分だったのかもしれない。

幼い頃の体験親や周囲の価値観が影響するかも

僕の母親は「鼻が高さ」が顔の中で大事だ、と口癖のように言ってました。

テレビを見ていると、鼻が高くてかっこいいね、鼻が高くて美人だね、と。

テレビで鼻が低いアイドルや芸能人が出てくると

「鼻が低い」

「そんなに可愛くない」

「鼻が惜しい」

という具合でした。

そんな中、息子である僕の鼻は高くないんです。

普通か、ちょっと低いくらいだと思います。

だから、なんとなく親から受け入れられていないように感じてしまって、内心とても不安で悲しかったです。

じいさんにコンプレックスをいじられた

身体醜形障害の特徴と原因_鼻

小学校4年生くらいの頃の夏休み、父方のおじいさんの家に親戚が集まった時のこと。

じいさんが料理を振舞ってくれました。

そこで、僕が思っていたほどモリモリ食べないことに機嫌をそこねたらしく、

なんの脈絡もなく、

「ミケ男より妹の方が鼻が高いな」

と言い放ちました。

それを聞いて周りの親や親せき達がヘラヘラ笑っていたのを見て、

「やっぱり鼻が低いんだ」

かなりショックだったことを覚えています。学校の友達からも、童顔だと言われて、気にしたこともあります。

姿や形はずっと切り離せないから、受け入れてもらえないことが悲しかったです。

鼻以外にも感じてきたコンプレックス

悩んできた身体醜形は、他にもこんなものがありました。

横顔が平べったい、一重と奥二重、面長、顎の長さ、絶壁、顔が大きい、肩幅が狭い、猫背、肌のシミ、髭が濃い、腕や足の毛、お尻が大きい、足が短い、太ももが太い、O脚など…

自分自身に対する「醜い」と思う気持ちを、そろそろ克服したいなと思いました。

あまりにも、自分を醜いと考えすぎていないだろうか、と疑問に思ったんです。

自分より鼻が低い人も、周りにはいるのに、楽しそうに過ごしている。

自分がこだわっていたコンプレックスを持っている他人を見ても、それがコンプレックスに見えませんでした。

普通に堂々と生きているように見えました。

自分の時だけ、「醜いな」「嫌いだな」と考え過ぎている自分に気づいてきたんです。

自分の顔へのハードルが、恐ろしく高いように思えてきました。

「自分の顔が嫌い」を客観的に考えてみた

ここで、あらゆるメンタルの悩みに有効だと証明されている認知行動療法をベースに、自分のコンプレックスと向き合うことにしました。

感じている身体の特徴のコンプレックスを書き出してみる

顔が大きい。測ってみたら25.5㎝。男子の平均より5㎝も大きい、鼻が低い、童顔だと親戚、友達に言われた、目が片方一重

好きだなと思う部分も書き出してみる

昔付き合っていた恋人やバイト先の同僚、中学の時の同級生にえくぼが良いねと言われた。
慎重は176㎝ある。スタイルが良いと言われたことがある。髪質がさらさらしていると褒められた。笑顔。おしゃれな方だと思う。清潔感がある。

短所と長所をありのままに受け止めてみる

顔は日本人の平均より5.5㎝大きいのは事実。

でも、身長も男の平均170㎝より6㎝高い176㎝なのも事実だから、顔の大きさは気にするほどでもないのかもしれない。

僕はそもそも外見で商売するモデルでも芸能人でも無い。

誰でも将来おじいさんになってシミやシワが増えていくのだから、このままだと自分のことが大嫌いになるじゃないか。

見た目を重視しすぎる考え方は歪んでいる。

街に出てみると、本当に美男美女だけだろうか?街の中心部のおしゃれな店では多いかもしれないけど、実際は自分より整って見える人もいれば、そうでない人もいる。

試しに街を歩いて見ればわかる。いつも魅力的ばかりが目に入ってくるからそう感じていたのかもしれない。

お腹が出ていたり、髪が薄いおじさんも、腰の曲がったおばあさんも、マッチョなお兄さんもいる。みんな、自分のコンプレックスを僕のように、すごく敏感にとらえて過ごしていない。

繰り返しになりますが、無理やりポジティブに考えるわけではなく、マイナス思考に考えすぎるわけでもなく、現実を事実としてありのままに受け止めるのがポイントです。

事実を事実として受け止められた時に、今まで自分のことを、極端に「醜い」と考えていたと気づきました。

自分を嫌いになる考え方を変えよう

容姿について、極端に「マイナス」にとらえてはいませんか?

現実に、自分より外見が魅力的な人もいればそうでない人もいるものです。

その基準も、自分だけの基準であって、みんなが同じ好みかどうかなんて分からないものです。

そもそも、人の魅力は外見以外の要素もいっぱいありますよね。

外見だけに固執すると、大切なものを見失うかもしれません。

人気者の全てが、超イケメンや超美人でないですよね。

テレビのタレントさんですら、色んな見た目の人がいて、それぞれが堂々と生きていますよね。

僕の母親のように「鼻の高さが重要」というのも一つの価値観ですが、僕自身も心の中で「鼻の高さが重要」と思ってしまったんだと思います。

小さいころから縛り付けられていた呪縛みたいなものでした。

今、自分が幸せに生きていくためには、

そんな、薄っぺらい価値観は、手放すべきなんだと悟りました。

美女と野獣のようなカップルがいても、不思議ではないと分かります。

それぞれが、人を見る時の価値基準が違っているから、当然のことなんですよね。

まとめ

自分の見た目に対するコンプレックスはだれもが一つや二つ持っているものです。

ただ、それを必要以上にマイナスに捉えて、自分で自分を責めてしまうような生き方は、少しずつ変えていくべきだと思います。

薄っぺらくて、狭い価値観の中で生きていくことは、とても虚しいと思います。見た目が全てなら、年を重ねていくごとに自分のことが嫌いになりそうです。

昔、知り合いの女性が「今度整形して鼻を高くする」と聞いてびっくりしました。

個人的には、彼女の鼻は、他のパーツとのバランスや彼女の雰囲気と合っていて、好きでした。

それぞれの価値観なので仕方ないですが、正直「もったいない」と思いました。

そのままの方が好きだったのに、という人が世の中にはいるんです。

狭い価値観の呪縛に囚われて、自分の見た目に必要以上にコンプレックスを抱える必要はないです。

街を歩けば、色んな見た目の人がいます。

テレビでも、身近な人との会話でも、見た目に対する話題はたくさん上がってきますが、だいたい薄っぺらい話ばかりですよね。

無理に自分を良く思う必要もないですが、無理に醜く感じる必要もありません。

もう一度、自分の見た目を、好きな部分も嫌いな部分も含めて受け止めてみましょう。

そして、できるなら、全部含めて、自分を愛してあげてください。

今までハードルを上げすぎて責め続けた自分の見た目です。

きっと、愛するくらいはしてやらないと、許してもらえないですよ。

長くなりましたが、皆さんの「見た目」に対する悩みが、少しでも楽になれば嬉しいです。

\ シェア、コメント、メッセージ お待ちしています /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。