商品レビュー

【EarFun Freeイヤホン】半年使って感じるコスパと快適性

earfunfreeワイヤレスイヤホン評判を口コミレビュー

「EarFun Free 」というワイヤレスイヤホンを半年ほど使っていて

Bluetooth接続の安定性、音質、デザイン性や素材感、バッテリー時間など快適に利用できています。

EarFun Freeワイヤレスイヤホン比較

アマゾンの評判では

  • Amazonレビュー数12741件(2021年時点)
  • 星4つ

と口コミ評価も高いです。

実際に売れてるワイヤレスイヤホンなので、とりあえず買ってみたところ大当たりでした。

使用者の視点で繊細にレビューしていきます。

EarFun Freeワイヤレスイヤホンの特徴の基本機能

5千円前後で買える完全ワイヤレスイヤホンでは、必要な機能を備えつつ、クオリティが高いのが特徴です。

バッテリーは合計30時間

イヤホン本体で6時間、ケースに24時間分のバッテリーがあります。

同価格帯で買ったイヤホンは別のイヤホンは3時間、充電器で6時間という仕様でした。ワイヤレスイヤホン全体でみてもバッテリーの持ちが良いと感じます。

安定した無線接続

自宅のパソコンとBluetoothで繋がるよう設定していますが、EarFun Freeをケースから出すと、その瞬間すぐに接続が完了して、途切れることもほぼ無いです。

Bluetooth5.0を採用しているため、安定性に優れているからだそうです。

あまり意識してこなかったのですが、思い返せば接続時に手間取ることがなくて快適です。

イヤホン本体の操作が充実

イヤホン本体のボタンで、複数の操作が可能です。

イヤホン本体で「再生/一時停止」「音量調節」「曲送り/曲戻し」「電話を受ける/切る」「着信拒否」「音声アシスト機能」「電源オンオフ」など操作できます。

パソコン用に使っているので、音量調節くらいしか使わないですが、これだけ操作できれば屋外や音楽用に使いたい時も便利です。

EarFun Freeを使って分かったメリット

使っていてストレスが少ない

接続の安定性、バッテリーの持ち、そこそこの音質で低音までしっかり聞こえるので、

使っていてストレスを感じることが少ないです。

接続が悪いワイヤレスの製品って、使う度に接続に手間取って、地味にストレスを感じるので、安定性は大事です。

しかも、防水IPX7とい性能なので、普段使いに安心です。

先日、トイレでイヤホンが外れてしまい、便器へ落ちそうになって焦りました。

よく考えると防水仕様なので、まったく焦らなくてよかったです。(大丈夫ではない)

いちいち高機能

この価格帯で、搭載できる高いレベルの機能を備えたイヤホンだと感じます。(個人的に)

3万円以上したBOSEのイヤホンで、バッテリー合計18時間、防水性能も低いです。

BOSEはノイズキャンセル重視で買ったので、単純には比べられないですが

どの項目も平均点以上をとってくる感じです。

細部のデザインや質感が良い

イヤホンケース、本体を含め、デザインがなかなか美しくて、手触りが良いです。

ケースの蓋はマグネットが埋め込まれていて、閉じるときに「カチッ」とすのが気持ち良いです。

EarFun Freeワイヤレスイヤホン

イヤホン本体もケースに収納する際も、同じくマグネットで「カチッ」となります。

無駄のないデザインで、ロゴもこんな感じで目立たないです。

大容量バッテリーを搭載しているのに、ケースがコンパクトな点もGOODです。

マックブックとも接続安定

BOSEのノイキャンと比べると、こんな感じです。

EarFun Freeワイヤレスイヤホン比較

蓋の締まり具合が、個人的にかなり好きです。

EarFun Freeワイヤレスイヤホンのデザインとフォルム

デザインがシンプルでかっこいい。

横正面には、バッテリー残量がライトで表示されます。

充電ケーブルはタイプCです。

ハンターハンターの上に置いてある図。

この時初めて気づいたのは

「蓋を開けた瞬間に、自動でBluetoothが接続される」

ということ。ケースからイヤホンを離した瞬間ではなく

蓋を開けた瞬間に端末と自動接続されるようです(すごい)

EarFun Freeワイヤレスイヤホンハンターハンター

丸みのあるやさしいデザインです。

机の上に無造作においた感じ。

EarFun Freeワイヤレスイヤホンのデザイン性

使って分かった注意点

イヤホンがやや大きい

EarFun Freeワイヤレスイヤホン比較

イヤホン本体に厚みがあり、やや大きめに見える点は、好みが分かれそうです。

カラーに関しては、自宅用なので、紛失しにくい「白」を選びました。

白は膨張色で大きく見えやすいため、屋外で使う人は「黒」もおすすめです。

フォルムが大きいですが、つけ心地は自然です。

開発段階で多くの人の耳にフィットするよう、調査を重ねているので、つけていて痛くなることはなかったです。

でも、やっぱりすこし大きさがあるので、つけている感(若干の重み)はあるかなと感じます。

まとめ

EarFun Freeワイヤレスイヤホンを実際に使って、高コスパのワイヤレスイヤホンだと感じます。

不満点が少ないので、普段特に意識せず半年ほど使っていました。

改めて記事にすると、優秀なワイヤレスイヤホンだと再確認できました。

本体で音量調整できるのは知らなかったので、今度、Youtuberを見る時に試したいと思います。

参考にしてもらえたら幸いです。

以上です

▼Ear Fun free 商品詳細はこちら

 

Amazonプライム会員で元がとれるか調べる方法

Amazonプライム会員で一番重要なメリットが「送料無料特典」です。

年会費よりも多く、送料を払っているかで特か損かが決まります。

 

あなたがAmazonプライム会員になって節約できるかを調べるなら、コチラの記事をどうぞ▼

>>あなたがAmazonプライム会員になって”金額的”に得するかどうか調べる方法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です