繊細な人

無料ブログより最初からワードプレスしてればという後悔から、決断には感情よりも結果を優先すべきだと知る。

感情をとるか、結果をとるか、そのあいだで揺らいでいる自分について考えました。

はてなブログ、88記事で一日、1500〜2000アクセス。ブログ飯をするなら、ちょっと足りません。

飽き性の僕でもブログが続いたことには、きちんとした理由があります。

  • いいねやコメントなど、読んだ人からのリアクションが嬉しかった
  • 無料で始められた。
  • はてブはアフィリエイトもOKだった。

 

ブログを始めてから3年経った今。もし、結果だけを考えたなら、最初からワードプレスにしておけば良かったと思います。その方が、将来的にも、スキル的にも、僕の目指すところにたどり着けるからです。

でも、自信がなかった。だから、僕は無料のはてなブログを選んだのでした。

ここからは、僕の仕事の話。

結局、今のサラリーマンとして働く仕事は辞めたいと思っているし、個人でブログ書いたり、絵を描いたり、ギャラリーをやりたいと思っている。

でも、お金かかるし、リスクあるし、不安だし、はてな無料ブログの時のように、働きながら、準備万端にして、リスクの小さい方、不安の少ない方を選びたくなる。

でも、結果だけを追求して決断するなら、最初からワードプレスにしとけばよかった。結局、本気で人生かけてやるなら、そうなる。だったら、今の仕事もどう決断するんだよ、という話になる。

いきなりワードプレスやってたら、絶対に大変だったけど、結果としては、それが遠回りでしんどくても、5年、10年スパンで見ると、その方が良かった。

結果だけを追い求めれば良かった。そうすれば、その先、もっと先の感情、つまり「幸せ」に近づけたと思う。

今、苦しいのは、目先の感情に突き動かされて、思うように生きれていないからかもしれない。

  • どう思われるんだろう。
  • どう評価されるんだろう。
  • どんなことを言われるんだろう。
  • どんなひどい目にあわされるだろう。
  • プライドを傷つけられるかもしれない。
  • 孤独になるかもしれない。
  • 鬱になるかもしれない。
  • 自信がない。

しかし、結果を求めてやれば、最終的には自分が一番欲しかった感情さえも、手に入っていたかもしれない。

目先の感情を求めていたから、大切な結果がいつまでも手に入らない。そして、感情すら手に入らない。

ほしい感情が手に入らない、つまり、幸せの感情が手に入らない。

 

人生を俯瞰してみた時に、僕は大事な決断をいつも感情で決めてきました。

中学、高校で大学進学という進路を選んでいたのは、周りを見返して、親から認められたかったから。

受験で滑り止め1つしか受からなくて、浪人を親に反対された時に僕が諦めた理由は、親が泣きながら「はやく大人になれ」「こんなにしんどい思いはもう嫌なの」と言われてたから。親の感情を優先して、僕は人生かけて取り組んでいたことを諦めました。

親が悲しむことをするのはおかしいと本気で思ったのです。しかし、結果として、大学4回生あたりから就活鬱と引きこもりの問題を抱え、内定もらえないまま大学卒業し、バイト、職業訓練、適応障害で退職、などで苦しみました。それは、結果として、親にもっともっと苦しい思いをさせたことになったのでした。

僕がきちんと結果を出すことに集中していれば…こんな苦労はしなかったかもしれなせん。全てが、その決断のせいではないけど、決断というのは、やはり人生を左右していると痛感します。

 

29歳で、人生で初めて2年以上働けた会社を辞めようと思っていること。

苦しい時、辛い時、相手に求められた時、ほしい結果を優先できずに、感情任せに大切な決断をしてきました。今は、正直、自分のことがあまり好きじゃないし、他人も好きじゃないし、やりたいことも漠然としてして、いつも不安定なんです。

こんなはずじゃなかった。

人生がつまらないし、楽しくないし、自分を生きている気がしない。友達もいないし、相談できる人もいない。相談するのも怖い。

もっとお金が欲しいのに、怖くて踏み出せない。リスクとか世間体を気にして決断できない。

その積み重ねが、僕を苦しめてきた。その積み重ねが、お金も無くて、自信もなくて、楽しくない人生を送る、小さな自分を作った。それは事実であり、結果だった。

僕は今、仕事で決断を迫られています。今の職場をいつ辞めるのか、どう辞めるのか、辞めずに両立してブログを書くのか、、、

今回考えたことを元に、手にしたい結果に集中して、決断したいなと思います。

以上です。
by ミケ男

本に救われたミケ男の人生【読書で人生変わった】

ブロガーの僕ミケ男は本に救われてきたというお話。

幼少期からのトラウマで

小学校では転校先で仲間外れ

中学では友達と会話が続かず

上下関係や大人が嫌で友達すら怖くなりました

大人になって引きこもりになってしまったり

1人ぼっちの時期が多かったです

そんな僕なので

生きているのが嫌になった夜なんて

数えきれなかったけど

人生はこんなもんじゃない

いつかきっと夢は叶うし

いつかきっと仲間ができる

どんな夢も叶う

目標も達成できる

人生は自分で変えられる

いつか大切な人と出会える

希望だけは捨てずに

今も生きている理由は

素晴らしい本にたくさん出会えたからです。

人に悩みを相談してもスッキリしないどころか

距離を置かれたり、そんなことで悩むなと突き放されたりした

でも、ずっと本だけは僕の味方でいてくれた

だから、僕と同じような悩みを抱えている人には

素敵な本にたくさん出会ってほしいです。

今の時代、スマホでも簡単に本が読めます。

ブログの文章も図解も生き方も考え方も

全部本に教わりました。

僕には、1人1人の悩みや苦しみを解決できません。

でも、たくさんの先人が悩み苦しみもがいて生み出した本に

救いになり希望になるヒントがあるはずです。

僕と同じように、悩んできて今苦しい人がいるはずです。

自分と向き合って、自分らしく生きたい人もいると思います。

僕はこの繊細革命というブログに来てくれた全ての人に

読書をおすすめします。

素敵な本と出会って、素敵な人生にしましょう。

そんなきっかけになれらたら嬉しいです。

▼【無料体験30日間】僕も使ってる”聞く読書”オーディブルは多読におすすめ!

▼【無料体験30日間】電子書籍読み放題キンドルアンリミテッド。キンドル端末とセットならお風呂で本が読める!

▼アマゾンで人気のキンドル端末はこちら

▼本の大切なところだけを読める!本の要約サービス登場。


ミケ男とは
プロフィール繊細な人を笑顔にする未来の起業家 どうも、繊細革命を運営しているミケ男です。 ミケ男(MIKEO) 198...
気になる関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。